投稿

11月, 2006の投稿を表示しています

_trip 2度目の台湾 2日目

06年11月18日「台北ビエンナーレ」

今回の旅行で唯一の一日台北フリータイム。
特に行き先は決めていなかったが
行きのEVAで読んだ機内誌で「台北ビエンナーレ」を
やっているようなことを書いていたので友達に調べてもらうと
今、台北市立美術館で開催中の模様というわけで行ってきた。

何が素晴らしいって、入場料。たった30元。
日本円で100円ちょっと。安すぎる。
日本の美術館では100円ごときでは常設展も見られないのに。
それに去年行った「横浜トリエンナーレ」の入場料は
2,400円ぐらいした記憶が。
文化事業はこうでなくちゃいけない。

100円だからと言っても決してしょぼいわけではなく
世界中から気鋭の作家が集まってきている。
気になる作品もいくつかあって、
ひとつは台湾の作家、ひとつは日本の作家だった。
私はアートのことなどさっぱり分かっていないけど
こういうイベントは感覚で楽しめて気楽だし
いろんな趣味の人が集まってきているから楽しい。

ミュージアムショップで気になっていた現地ミニコミ『MOGU』も購入。


続いて行ったのはTOWER RECORD…のはずが
予め調べていた場所には影形もなく、
仕方なくROSE RECORDへ。
本当は「この国で一番カッコイイ音楽を紹介してくれ」という
かつての同僚Mさんが韓国でやったというやつを
私も台湾でやろうかと思っていたのにいきなり作戦失敗。
ROSE RECORDは比較的人気者を集めているようなラインアップだったから。
そこで蘇打緑(ソーダグリーン)の新アルバム『小宇宙』と
『カーズ(汽車總動員)』の中国語吹替版入りDVDを購入。

店を出ると軽く雨が降っていたけど傘も差さずに
誠品書店へ走り込む。
台湾で有名な24時間営業のでかい本屋。
座り読みOKという、あの。
台湾は現地で出版されている本や雑誌はもちろん、
日本で出版されているもの、あるいはその中国語版、
アメリカやヨーロッパで出版されているとおもわれるものと
とにかく豊富で、人口1人あたりの出版物の量が
世界一と言われるのも納得。
いろいろと雑誌を見て回ったが、日本語の雑誌は当然
日本で買った方が安いし、中国語の雑誌でもこれと言って
惹かれるものはなかったので、購入は見送り。
その代わり、1Fあたりにあったデザインフロアで
かっこいいお兄さんがいる店を発見、腕時計を1つ買った。
先方は中国語(と英語も?)、私は日本語のみの会話で
円満に購入まで至れ…

_trip 2度目の台湾 1日目

06年11月17日「台北市内で路頭に迷う」

出発前から仕事が思ったよりも押して帰るのが遅くなるわ、
準備できてなさ過ぎて空港バスに遅れかけるわ、
どうもバタバタしたからこりゃなんかあるでと思ったら。

現地時間23時すぎに桃園国際空港に到着。
今回は完全一人のフリー旅なので送迎はもちろんない。
なので、そこからは空港バスで台北市内へ移動。
びっくりするぐらい通じない私の中国語に凹みながら
ほんとはAIR BUSに乗って民権西路駅まで行かねばならないところ
諸事情で国光客運のバスでフォーチュナホテルまで。
フォーチュナホテル付近は前回の渡台で宿泊したホテルの近所なので
辿り着くとなんとなく記憶が甦ってきた。

バスを降りた時はすでに0時40分。
たしかMRTの最終は0時30分ぐらいのはず…と思ってたら
案の定、まぁ見事に駅のシャッターが閉まっていた。
ここから友達の家がある景美駅まで行かねばならぬ所を。
慌てても仕方がないので、とりあえず友達に助けを求めることに。
だけども公衆電話にコインを入れるところがない。
コンビニで聞いたらテレホンカードがないとだめなことが多い模様。
あわよくば店員さんがこの哀れな旅行者に携帯を貸してくれるかと思ったが
「このカードを買ってかければいいよ」的なことを言う。
その前に別のコンビニでMRTのICOCA的カード悠遊票を買っていたので
台湾滞在2時間にして、2枚の現地カードを入手することになった。

友達に電話を掛けて、友達にタクシーを呼んでもらって
(治安がそう悪くない台北でも夜中は危ないらしい)
無事友達の家へ。

友達がいるからこそ、電車がなくなっても悠長にしてられる。
友達の家に着いたときはすでに深夜1時半、
べらべらしゃべってたら寝たのは4時だった。

_diary ちょっと台湾行ってきます

今月の頭に突然決めて、もうその日はやってきた。
これから一旦家に帰って台湾に行ってきます。
帰国は22日。
なぜいっそのこと23日にしなかったのか、ようわからん。
まあその辺も、唐突に決めたから。

今回の旅は一人旅。なので行くところもちゃんと決めてない。
現地の友達の家に泊めてもらいながら
私が望んでいた「住んでるみたいな旅する」が実現。
まま、一週間弱だけどもね。
楽しみなのは、
私を泊めてくれる友達が実家に帰るというので
それにくっついていく、ということ。
つまりは台湾の一般家庭にお邪魔できるということ。
楽しみで仕方ない。そのなかに不安も少々。

何か用事がありましたらメールなどを。
もちろん携帯の方ではなく、パソコンに。

そしたら行ってきます。