投稿

6月, 2009の投稿を表示しています

_diary 単独飛行のはじまり

イメージ
フラワーズ解散報道から束の間、
張偉のソロ活動がいきなり公に。
MVを撮影したとのことで
髪のメッシュがピンクと明るい紫から落ち着いた青に変わっていた。
これが張偉の新しいイメージ、ってことかな。


(画像:中国经济网)

新曲のタイトルは「爱不烧」。
意味はわからんが
ニュース動画を見るに、張偉らしい楽しげな感じ。
なんだかんだで他のメンバーもがっちり絡んでるし
作業的には3人のときとあんまり変わってないのかも。

って適当なこと言うてますか。

フラワーズの最後のアルバムリリースは8月?
張偉の新曲リリースは7月底?

_diary 盧廣仲

イメージ
今日の娯楽新聞は土曜日にあった金曲奨と
マイケル絡みのニュースだけだった。
MJに影響を受けた人たちのコメント。
こうして見ると当たり前ながら台湾のアーティストにも
多大なる影響を与えているのだな、MJ。

さて金曲奨。
一昨年まで毎年見てたけど去年からスカパーで
東方衛視の配信がなくなってからはすっかり見れずに寂しい。
毎年日本のアーティストもゲストで1組ぐらい招かれてたけど
(倉木麻衣とか松本潤とかテゴマスとか)
今年は特に何のニュースにもなってないところをみると
誰も呼ばれてなかったのかな。

ジェイ・チョウやら五月天やら
金曲奨では常連の人たちがきっちり受賞して行く中
やっぱり注目すべきは新人だったりするわけで。
今年の受賞者は盧廣仲。
誰かと思って調べたら、彼やん!
台北101のふもとでおこなわれた年越しライブを観てた時
その独特の音楽と風貌に釘付けになった彼。
イケてない加瀬亮、とか勝手に形容してたのだけれど
そんな彼が実は5つもの部門にノミネートされていて
ちゃんと受賞もして。すごい人だったんだね。

i-Podでシャッフルしながら聴いてたら
なんかすっごい耳にしたような曲があって
それは旺福の曲だったのだけど
何かこれに近い、ものすごく印象的な衝撃的な音楽があったなあと
必死で思い出したら、そう、盧廣仲が歌ってた曲だった。
先の年またぎライブで歌っていたもので
曲名とかはもちろん分からない。

今度台湾に行った時買ってみようかな、『100種生活』。
受賞アルバムだから売り切れてるかもだけれど。

ちなみに盧廣仲はこんな彼です。
髪型はめちゃかわいいけど
眼鏡がどうしても苦手なんだ。
大きさはかわいいけどかたちが。

_diary マジで解散なのだね…

イメージ
思わずフリーズしてしまった花兒の解散報道。
まだ公式の記者会見とかなさげにしても
幾多のニュースサイトにも載っていたので
これは事実なんだろうと思っていたら
昨日の午後、正式に発表があった模様。
ああ、本当なんだ。
やっぱり、解散してしまうんだ。

最初にその報道を見たときも
もちろんショックだった。
その後、金曜の夜、土曜の夜と立て続けに
花兒の解散関係の夢を見た。
無意識レベルでも相当ショックだったようで
自分でも驚いた。

先だって出されていた大張偉のコメントで
娯楽をするのは30歳までが限界で
自分はもう今、26歳、
色々やるにはバンドと一緒では難しい。
だから旅立つんだ、的なことを(多分)言っていて
他のメンバーはどうすんだろうと思ってた。

昨日はバンドメンバー全員で会見が行われたようで
私のやばい中国語力で読解するに、
まずは張偉がソロ活動をスタートする模様。
(こないだの報道ではすでにソロアルバムの録音は
 終わっているとか書かれてたような…。)
王文博はすでに映画に投資していて
そんなような会社も興したらしい。
郭陽も投資をしてて芸能活動以外のところに
活動の幅を広げるとかどうとか。
張偉がコメントで言うてた「健美操組合」というのも
一体何なのか気になるけどそれについては特にコメントなし。

でも今すぐに解散するわけじゃなくて
全国巡回コンサート(てことは北京1日だけで
終わらないってことでいいね? いいのね??)をもって解散と。
ただ、バンドとしては解散するけど
制作の現場ではこれからも一緒にやるらしく
張偉のアルバムにも参加してるとか??
(こんな解釈で合ってるんだろうか…)

なるほどなあ。
もちろん、思いつきで決めたことではないんだろうし
何年も考えた結果のことだろうから
ファンはそれを受け入れて応援するしかない。
最初で最後のコンサート、
私は見ることができるんだろうか。
見れないとすっごく引きずりそうだし、
またまた夢にも出てきそう。

でもなんか、解散ってやっぱり、切ない。


(画像:新浪より)

_diary ショックでフリーズ

マ、マ、マジですか…
嘘だと言ってください…
花兒が解散するなんて冗談だと…

いつものように百度の花兒ページを覗くと
いつになく大量の記事が上がっていて
何事かと房ったら
「花儿乐队解散宣布」の文字。
思わず全身ががフリーズしてしまった。
なんで? こないだまで新メンバーのオーディションしてたやん。
先に新しいアルバムを発売して
次は10(厳密にはすでに11)周年コンサートやるっつってたやん。
なのに、なぜこのタイミングで解散なのか。

ちょうど老師がQQにいたので
一つの記事をざっくり訳してもらった。
老師が言うには、解散宣言したけど
まだ解散ではないと。
年底にコンサートをやって、それで解散だと。
解散後はソロ活動をするらしいと。

となると、それが最初で最後のコンサート。
私(てかすべての花蜜)が待ち望むコンサート。
それを逃したらもう彼らを揃って観る機会はない。

年末って…行けるんだろうか。

現状、これ以上の詳しいことは何もわからない。
私の語学力では…ああ、恨めしい。
これだけたくさん記事になってるところをみると
いくら未確認情報が多い中華記事とはいえ
これはほぼ間違いない情報なのだろう。

ああ、ショックだ。ショックすぎる…。

_diary 小首を傾げて可愛い三十路

「小首を傾げて可愛い三十路は
(ロザンの)菅ちゃんとジェリーぐらいやな」とは
ロザンファンであり、F4迷でもある友人Yの言葉。
まさしくその通りと私も思う今日この頃。
SONYのジェリー特設サイトにある動画、
かわいすぎてやばいのだ。

ご存知の方もいるかもですが
私、恐れ多くもジェリーには本当に興味が持てず
CDも唯一持ってないし(友達に借りた)
いや、F4の中で最も男前で
スターオーラも抜群なのは重々承知なんだけれども
特になんの触手も動かなかったのに、
今更ながら沸き上がるこんな感情。
まま、一番がヴァネスというのは変わらんが。

ジェリーの新しいアルバムを
普通に楽しみにしてる自分が不思議。
日本語の曲も楽しみだね。
でも台湾に行った時は台湾盤はまだ売り切れてそうだ。

_diary sogouで探せ

いやはや、中国ってなんて著作権が緩いんだ。
って今更なんですけれど。
音源とか無料でダウンロードしまくれるのね。
今まで特に必要性もなかったので
敢えてトライしたことなかったけど
中国人の友達が何の前触れもなくサイトを教えてくれて
アクセスしてみたら、まああることあること。
特に闇サイトって感じもない、というか
逆に結構有名サイトっぽい。
教えてくれたページに会ったのは日本の音源ばかりだったけど
調べたら大陸&台湾のもたくさんあって
アルバム買うほどでないけど曲単位でほしかったのを
いくつかダウンロードしてみた。

それからもいろいろ検索。
ジャケットだけで良さげなのを選んでダウンロード。
中国のCDは買ったところで大して高くないけど
お試しするにはこういうサイトはもってこいね。

そこでちょっと気になる刺猬乐队というバンドを発見。
ジャケットがオサレっぽく
YouTubeで動画を調べたら
男子2名(G.&B.)+女子1名(Dr.)からなる
オサレ3ピースバンドだった。
英語名はHedgehogだって、なるほど。


動画も音源も余裕で手に入る。
こないだ中国人の友達が
「どの映画が面白い?」って
最近&これから公開の作品リストを見せてきたから
「このリストはどこから?」と尋ねたら
「無料でダウンロードできる」ってさ。
その中にはまだ公開されてないはずの
『空気人形』(是枝裕和監督/ペ・ドゥナ主演)もあった。
なんつーか…これって大丈夫なの??
大丈夫ならいいけど。

_diary (こっそり)台湾行きます

ふと思い立って、台湾に行くことに決めた。
台湾旅行はもう1年半、2年近くぶりになる。
このあいだ、中国に2回行っていて
次も多分中国なんだろうなあと思っていた。
というのも、フラワーズのコンサートがあると
ずっとずっとずっとずっと言われていて
それが決まったらすぐさま行けるようにと考えていたから。
この半年、金銭的にものすごくやばいモードで
ひっそりと霞を食べながら生きてきたのだけれど
そろそろボーナスも出る頃だし(出るのか!?)
何かしらお楽しみを設定したいと。
だけどコンサートの日程は決まる気配もなく
少なくとも7月はなさそうだと判明した時点で
これはもう、台湾に行くしかないと。今しかないと。

また一人で行こうかと思ったけど
ロザン友でありF4迷でもあるYちゃんと
「一緒に行けたらいいね」と言っていたのを思い出し
思い切って誘ってみたら、二つ返事で行きたいと。
あっという間に一カ月後の出発が決定した。

一旦行くと決まったら
楽しみで楽しみで仕方ない。
今回は4泊5日。
最初と最後はないも同然だから実質3日間。
友達は初台湾、私は5回目なので
互いに無理しなくてもいいように一部単独行動もありにした。
単独行動ができない人もいるけど
彼女は新選組やらケン・チュウ(彼女のF1)やらを尋ねて
一人旅してきてるからきっと大丈夫。
海外旅行は無理がひずみになったりするからね。

今回の旅行はこっそり行くつもり。
あんまり公にせずに
仕事はしれっと2日休んで(あとは土日祝)。
次、いつコンサートで中国に行くことになってもいいように、
でもって、そのときは同僚Iちゃんと一緒に行くし
確実に目立つからそのときに
「こないだ台湾行ったばかりやん」とならぬように。
…って、なんか姑息ねえ。

久しぶりの台湾。
行きたいところはいっぱいある!!