投稿

7月, 2009の投稿を表示しています

_diary で、発売日はいつ?

イメージ
中国amazon(卓越)で
花儿大张伟单飞首张个人专辑『霹雳狂花』
(花兒大張偉ソロファーストアルバム)
の予約販売がスタート!!
予約ってことはまだ発売されてないわけで
正式な発売日は一体いつなのだろう?

さておきCDはたっぷり12曲収録。
そのなかには私もお気に入りの「虫虫飛」も入ってる。
DVDは「愛火焼」MVと何かが入ってる模様。
日本なら初回限定盤として3,500円は取られるであろう
このCD+DVDの2枚組がなんと35元!
本日のレートで計算すると500円弱!!
amazon価格なので34%引きになっているとはいえ
正規版でこの値段、安いにもほどがある!
日本だったらシングルも買えないよ。

きっとサイン会とかやるんだろうね。
行きたい! 行きたい! けど
それよりもコンサートの方が大事!

花兒楽隊の方でも最後にアルバムを
出すや出さんやと書いてたような気がするけど
今回のアルバムに「虫虫飛」が入ってるところを見るに
この1枚にすべて集約、という解釈でいいんかな。
でも花兒楽隊としても最後に1枚出してほしかったな…。



えーーー、
21世紀に発売されるアルバムジャケットではないよね。
まま、懐古的なノリなのだろうけど。

_diary 「好久没见了!」

仕事が忙しくてかれこれ2カ月ぶりになってしまった中国語。
久しぶりに先生の家を訪ねたら
先生は玄関を開けるやいなや
「好久没见了〜(久しぶり〜)!」

ああ、そっか。
私は今まで「好久不见了」と思ってたけど
了がつくから不じゃなくて没になるんだなと初めて知った。
めちゃくちゃ基礎的なことだのに、今更…。
今まで何度「好久不见了」と言ってきたことか。
しかも誰にも訂正されたことがない…。

みたいな発見がありながらの久しぶりの教室。
単語はかなり忘れてしまっていたけど
リーディングに関しては
あいだに台湾旅行を挟んでいるからか、意外と読めた。
ただし、「太慢了(ゆっくりすぎる)」と言われたけど。

台湾とか中国とかの旅行明けの教室は
モチベーションが上がっていていい感じ。
来年は試しに中国語検定を受けてみようかな。
でも今の学力では3級合格は厳しいと言われてる。
だからといって4級は受けるだけ無駄らしい。

今使っている分厚いテキスト
(外国語系大学の中国語の教科書、2冊目)がもうすぐ終わり。
終わった後、次どうしようかと先生は毎回聞くけど
もう大分前に、次は中国の小学校の教科書をやると
先生とふたりで決めたはず。
(私には小学校の教科書の方が難しく感じたから。)

毎回訊くってことは、小学校の教科書やるの、嫌なんかな?

_diary ヴァネスFC

えっと、ヴァネスファンでしたよ、私。
もちろん今でもですよ。

何やら、一度は消え去ったヴァネスのファンクラブが
装い新たに立ち上がるようで
ヴァネスの誕生日8月7日に発足だってさ。
年会費も3,000円とお求めやすいお値段で
(初回だけ入会金はかかるけど)
久しぶりに華流アーティストのFCに入ろうかと。

F4はじめ、色んなFCに入ったけど
いつも余りの金欠に更新を断念して早数年。
でもヴァネスのFCだけは最後の最後まで入ってた。
やっぱりね、今回もヴァネスだけは入っておかないとってね。

新曲もまた出るけれど
できればいつものヴァネススタイルに戻っていただきたい。
いや、J-POPでもいいけど
ダサイ系はもうごめんです。

_mv ふざけててイイ! 花儿大张伟《爱火烧》

イメージ
待ちに待った、
花兒大張偉の新曲『愛火焼』のMVが見られたよ!!
花儿吧のトピックに上がってたのを見つけた時
その動画が土豆のものでありませんようにと
祈りながらクリックしたら
日本からも見られる百度のものでした。
ああ、ありがとう。

花儿 大张伟《爱火烧》

※Youtubeも追加


日本人の私が見ても「一昔前ね」と感じられる
アフロにフレアパンツのサイケ男子やら
リーゼントに短ランボンタンの不良男子やら
そこはかとなくハートブレイクなチェッカーズ風音楽やら。
大张伟らしい、すさまじくアガるMV。
郭阳ら元メンバーもちらちら映っていてそれも嬉しい。
王文博がドラム叩いてるの久しぶりに見られたし。

すでに20回ぐらい連続リピート中。うーん飽きない。

_diary 皆既日食にて〆

台湾旅行&出張から帰国。
蒸し暑さで体力を奪われて
帰ってすぐに布団にごろん…した後は記憶なし。
気づいたら夜になってた。
でもってスーツケースを開けて
中に入ってたものを全部出して
洗濯するものは洗濯機にかけて
ちょっと布団にごろん…した後またも記憶なし。
気づいたら朝になってた。

そんなわけで部屋が見るも無惨な散らかりよう。

台湾の記録はまた改めてまとめるとして。

旅の〆は皆既日食、これに尽きる。
帰国便は22日の午前便。
もしかしたら見えるかもと期待していた。
ごはんを食べ終え、ミルクティーを飲みながら
ほっこり窓の方を見たら…暗い!
ほんさっきまで明るかったのに一瞬にして暗くなってる。
窓際の席の台湾人とおぼしき夫婦が外をのぞき込んで
わいわい言っているのを見て
思わず「会看嗎?(見えますか?)」と声を掛けたら
旦那さんが窓の方に促してくれた。
お言葉に甘えて同行のライターさんと窓をのぞき込む。

見えた!
部分じゃない、完璧な皆既日食!
きれいに輪っかが重なった日食!
なんてキレイな。

見えた、見えた、と騒いでいたら
寝ていたカメラマンさんも起きた。
他の人たちも気づいてその窓に集まってくる。
(ごめんなさい、ご夫婦。)
薄暗い機内が騒然とした。

時間にしてわずか1、2分。
すぐに明るくなって日食終了。

日食はそれまでの運気を変えるほど
強力な力があると、ある占いに書かれていた。
私の運気がいい方に向いてくれるかは分からないけど
偶然乗った飛行機でこんなにきれいな日食が見えたって
それだけでとても幸運な気がする。

台湾とさらなる良い縁がありますように。

_diary こんな夜中に

「やっぱり台湾が好き!!!!」


台北市の真ん中で私なりの愛を叫んでみた。
なんじゃこら。

前回台湾に行ってから
間に中国本土初上陸もあったりして
久しぶりの台湾は薄味に感じるかもと思ったけれど
中国と台湾は私のなかで完全に別ものだった。
中国は中国、台湾は台湾。
同じ中華圏でも私の中での捉え方は全く違う。
両方とも大好きなんだけれど、
台湾はすべてがすてきに思える。
まま、単なる旅行者だから
上っ面しか見えてないと言われりゃそれまで。

明日(というか今日)朝が早すぎる余りなのか
疲れてるはずなのに全然眠れなくて
衝動的にブログに書いてみたり
眠れずにホテルでネットサーフィンしてみたり。
大張偉の動画とか色々。
日本でアクセスブロックがかかっているサイトも
台湾なら見れるかもと思ったけど
土豆に関しては音だけ聴こえる状態。
あとなんだか先日のsohuの直播(生放送的な?)で
張偉がとても大変なことになったようで…。

何を喋ってるかとかは全く分からないけど
明らかに挙動不審というか何かがおかしいのは見てとれる。
何があってこうなったのかとか
真相とかは語学力不足で分からない。

『愛火焼』も100回ぐらい聴いてる。

_diary やっと聴けた!

張偉のソロ新曲「爱火烧」のMVは
ちょっと前から解禁になっていたにも関わらず
載っかってるのがどれもこれも
日本からアクセスブロックがかかってるサイトばかりで
地団駄を踏んでいたのだけれど
昨日何かの番組に出たのかプレスお披露目があったのか
スタジオで披露したようで
解散のときさえ一切流れなかった(最後ぐらい流してよ!)
鳳凰衛視の娯楽大風暴でそのニュースが流れてびっくりした。
それならまた動画も増えてるかもとあれこれ検索したら
見つかった、フルコーラス歌ってるやつ!!

えっと…チェッカーズっぽいね。
サビの部分に若干の既聴感あるけど、ま、いっか。

昨日、寝不足の頭である記事をぼんやりさっくり読むと…
今後は“花儿大张伟+雷舞团”という名前で活動すると。
雷舞团というのはバックダンサーで歌わずに踊るだけ。
名前は一人は霹雳小羽(多分、左)でもう一人が雷舞小胖。
張偉も花儿大张伟という名前で活動。
音楽は80後(80年以降に生まれの若者のこと)の彼にとって
一世代前に当たる時代に流行した音楽をやると。

記事だけ読んだときはなんじゃそら!と思ったけれど
動画を見て納得、全然翻訳に自信ないけど
解釈はそう遠くはなさそうな…。
確かに私が幼少の頃に流行ったような
懐かしい感じのする音楽。
花儿大张伟というのはどういうニュアンスになるんだろう?
マイケル富岡的な?
いやいや、トータス松本的な?
でもフルネーム入ってしまってるしなあ。

活動ぶりはなんか氣志團っぽい感じ。
花儿乐队は氣志團で
花儿大张伟はDJ OZMA的な。
確か彼もバックダンサー連れてたような、2人ほど。

って…こんなことを必死に調べまくってる31歳女子よ…
動画見ながら、ワシ何をやっとんねんと思いつつ。
http://v.blog.sohu.com/u/vw/2903844

だめだ、耳に残る。ダンスももはや踊れそうだ。
やっぱり何だかんだ言っても张伟の音楽が好きなのだね。
と言いながら小胖にばかり眼がいくのはなぜだ…
踊れる太っちょに弱い。


おっと!
“哈6”こと『ハリーポッター6』の上映会に
早速3人揃って出席してるよ!
ハリポタの扮装して出席してるよ!
ハリポタ観たことないから何の扮装かは全く分からんが!

_diary 金勤

『僕の恋、彼の秘密』をやってたので何度目かの鑑賞。
この映画、結構好きで、
自発的にDVDを買ってまではないけど
テレビで放送されるとか
ツタヤで偶然発見するとか機会があるたびに観てる。
台湾ってこういう同性愛ものの映画を
同性愛への偏見なしに見せるやり方が上手いなあ。
日本でも最近この類いの映画が幾つか公開されたけど
まったく観る気がしなかった。
(基本、腐女子なわけではないからだけど。)

さて、この作品でユーの役をしている男子が
以前から気になっていた、ということを
これを観る度に思い出している。
今までは何となく突き止められずにいたけれど
今回は以前よりも語学力がついたということもあり
(といっても高々知れてる)
探してみたらありましたよ、
ユー役、金勤くんのプロフィール。

お、同じ年だったね。
台湾芸術大学で演技を学びつつ教員免許を取得して
今は新竹で中学教師とな。
でもでも、今もその傍ら役者も続けているらしいって
教師と役者が両立できるのか!?

最新作は『愛就宅一起』…って
飛輪海の大東が主演してたドラマだ。
まだ日本では放送になってないけど。
早速YouTubeで観てみたら、いました、いました。
相変わらずの丸顔、童顔。
この作品は日本での放送を楽しみに待ってるところだけれど
これでもっともっと楽しみになった。


まったく関係ないけど
『愛就宅一起』の第一集をさわりだけ観て思ったこと。
胡宇崴(ジョージ・フー)くんって
友人のN村さんに似てるなあ。
このドラマのオープニングとか観てると特に。
ショウ・ルオに似てるとずっと思ってたけど
二人を足して2で割ったらいい塩梅…って誰が分かるねん。

_diary 近頃のヘビロ

南拳媽媽『香草把噗』。
なんだかジェイ・チョウなテイスト。
ジェイ・チョウ本人の音楽にはあんまりハマらないのに
南拳媽媽の音楽にはよくハマる。
MVを観て初めて知ったのだけど全員男子ってことは
初期メンバーだった頃のものかな。
南拳媽媽のベストアムバムに収録されている。

MVより先に音楽の方だけ先に聴いていて
歌詞の意味とかは当然ながら全く分かってないのに
音楽の雰囲気とかそういうのだけで
頭の中で勝手に物語ができるというか
情景を想像して楽しむ音楽という感じ。



南拳媽媽もライブに行ってみたいなあ。
いつどこでどうやって観られるんだか。