投稿

9月, 2009の投稿を表示しています

_diary 花儿乐队コンサート決定!!!!!!!!!!!!

イメージ
花儿乐队の10周年コンサートが行われるなど
去年からずっと言われていたことだし
とっくに10周年が過ぎて解散までしてしまっていた今、
もはや都市伝説ちゃうかと思っていたら
いや〜、現実なのですね。
ファン掲示板で誰かが書き込んでいるのを発見して
チケットサイトにアップされているのも見ても
「どうせデマでしょ」ぐらいの気持ちでいたけど
(もうぬか喜びはしたくない!!)
大張偉本人も11月14日であることを明言したようだし
これはいよいよ間違いなく開催! ということで
さっそく動き出したわけです。



http://img.88piao.com/images/20090928/flowers/flowers.html

チケットは北京の友達に予約してもらいました。
中国のコンサートはエリアごとに
値段が細かく分かれていて
今回は工人体育館というところであるのだけど
アリーナが1,200元、
スタンドが800元〜80元まで。
日本円換算は×13してもらえれば分かるのですが
1,200元=約16,000円って高い!!!!!!
去年の秋にあったF4の日本コンサートの
12,000円でもたいがいやなと思ったけど
花儿乐队で16,000円ですか!
でも中国ではこれくらいの値段は当たり前みたい。
蘇打緑の北京コンサートもこれぐらいだった。
CD(フルアルバム)は500円で売ってるような国が、
月給30,000円とか言われてる国が、
コンサート16,000円ってほんとにすごいけど、
でもCDを出しても海賊版やら違法ダウンロードやらで
売り上げなんて知れてるし
ミュージシャンが稼げるのはコンサートだけだと聞いたことがある。
花儿乐队の場合はこれが10年以上にもなる活動の中で初めて。
でもってこれが最後。(もう解散してしまってるしね。)
これに行かずして何に行く!? ということで
チケットも迷わず1,200元のを選んだ。
(そのかわり、飛行機代を最大限ケチってるところ。)

コンサートの日程もありがたいことに
ちょうど繁忙期明け、
しかも担当号明けなので行きやすい。
少し長めの期間にして上海も行こうかと画策中。

_music 鄭元暢『暢一首歌』

チェンマイくんだりのホテルまで来ておきながら
この期に及んで中国語のチャンネルを探索。
CCTVでもなくなぜかMTVが唯一中国語だったので
チャンネル付けっぱなしにしてたら
流れてきた、ジョセフの新曲『暢一首歌』。

デビューに際しては個人的には
いけるんかなとネガティブ方向な思いだったけど
HITO-FMとかで触りだけ流れてるのを聴いたりしてて
また改めて聴いてみると、そんなに悪くないのだよね。
MVではがんばってダンスもしてるし。
上手いかどうかはさておいても
ハートを指で描くダンスは真似したくなるよね。
(言うてる傍から練習してみたり。)
ただ、今の7・3、いや、8・2? 9・1? 分けの
ヘアスタイルにだぼだぼの服って
すごく違和感があるのだけど大丈夫なんかな。
私がああいうファッションが
あまり好きじゃないというのもあるだろうけど。
あと、スニーカーがものすごく可愛いっぽいのだけど
サイズがでかすぎるように見えるのも気のせい?



MTVで流れてるのを見た時、アディダスのマークを
ぼかすような処理がかかってたように思うのだけど気のせい?
YouTubeで見る限りはくっきりはっきり見えてるけど。

_diary 昼は掃除、夜にはタイへ

イメージ
今晩からタイに出発するので
今日はHITO-FM聴きながら部屋を大掃除。
ミニほうき+掃除機でホコリを取り去り
ぞうきんで隅々まで拭いて気分がいい!
と言いたいところですが、なにせこの部屋モノが多い。
片付いた気がしない。
基本、散らかってるのが私の部屋。
でもこうやって掃除してるから汚くはないの。
ただただ散らかってるだけで。典型的整理下手です。

台湾のFMであるHITO-FMが
日本でも聴けるなんて知らなくて
ラジオを聴く習慣もないのにうれしがって流しっぱなし。
休みの日は、特に見たいテレビのない昼間とかは
音楽を流しながら掃除とか料理とか、が理想だけど
ラジカセが壊れてからはなかなかできない。
で、テレビを付けるとその前から離れられない。

さっき蘇打綠のアルバム曲が一曲流れて
それだけでもうれしい気分だ。
鄭元暢の曲も流れてそうな気がするけど
本人のメッセージ+バックにうっすら、なCM以外は
どの曲なのかよく分からない。
相変わらず、まったく中国語が聞き取れない私。

ということで今から最終のパッキングをして
タイに向けて出発します。




タイにがんがん媚びたシールも貼りました。

PC中毒なのでMACもともに連れ立ちます。
ネットはできるのか否か。

_diary オサレにカメラなぞ

イメージ
4回ほど写真教室に通っていながら
他の人は自分の作品を見せたりしているところ
私は今まで写真を撮って見せるということもなく
(毎回メンバーが違うので人見知りがち)
なんなら手元にまともなカメラもなく
(そもそもこの時点で論外)
ただただ理論的なことを教わってはいるものの
すでに絞り、露出の段階で置いてけぼり感のあるこのごろ。
(数字が出始めた時点でもうやばい)

やっぱり使わないことには身に付かない、
けど今すぐカメラを買うお金はない、
けどせっかくタイに行くし写真撮りたい、
けど今すぐカメラを買うお金はない。
ということで! レンタルカメラをしてきました。
いつも現像に出してるお店に
一眼レフのアナログカメラorトイカメラ(HOLGA)を
借りれるサービスがあってそれを利用したわけです。
種類は少ないけど、試しに使うには問題なし。
相談して、Nikon FGというのを借りました。

今回は教室で相談して、絞りを2.8に固定して
シャッタースピードは1/250に設定しつつ
状況によって変える、ということになっている。
たぶん、ぶれるときはぶれるし、
真っ暗なところは真っ暗になるんだろう。
ただ、その設定でどんな写りになるのかが分かる。
これ携えて行ってまいります。




フィルムも全4種類。
ブランドによって全然違うんやってさ。

_diary 1年半お世話になった教科書

イメージ
教科書2冊目終了。
このすべてが頭に入ってるかと訊かれたら…
NO! でございます。あーあーあー。
この次は結局このシリーズの3冊目に行くことに。
(中国でも教科書を手に入れるのは難しいらしい。)
ついに書面から日本語が消えます。ついてけるのか?


手製のブックカバーもボロボロ。

_diary まもなくスタート

ヴァネスが久々に出演するドラマ『下一站,幸福』の
予告編の動画が上がっている模様。

近頃本当にノーマークすぎて
どんなドラマなのかとかも全然知らない。
でも髪を切ってこざっぱりしたヴァネスがかっこいい。
いやー、いいよ、このぐらいがすごくいい。
ナチュラルテイストなヴァネスがすごく新鮮。
相手役の女の子もかわいいっぽいね!



大好きなドラマ『求婚事務所』が
ホームドラマチャンネルで10月下旬から放送決定!
別のチャンネルで初放送されたときに
ヴァネスの章だけは録画できてたけど
それ以外のも通しで見られるのがうれしい。
リー・カンイちゃんの姿も久々に見えるよー。ヤター!!

_event 『蜂蜜幸運草』ファンミーティング

イメージ
『ハチミツとクローバー〜蜂蜜幸運草』の
ファンミーティングに神戸に行ってきました。

タイトルが「ハチクロ五重奏(クインテット)」と
うたわれていたので、これはライブも期待できる! と
友達のサントラ歌詞本をコピーして予習。
会場に着くまでも「想你的習慣」をリピートして
完璧な準備で挑んだ。

小芝居を絡めて会場内の4つの扉から
伊藤千晃(小育)、レゴ・リー(竹本)、
チャン・チュンニン(亜弓)、
ジョセフ・チェン(真山)の順に登場。
ちなみに私がいた後方右ブロックの近くの扉からは
ジョセフが現れて、すぐ近くを歩いて行った。

今回は学園祭という体裁らしく(ハチクロ五重奏は!?)
4人が「ドラえもん」を描いたり
(チャン・チュンニンのシュールなドラえもんが好み)
4人がそれぞれお客さんを一人ずつ上げて
2チームに分かれてゲームをしたり
会場のお客さん全員であらかじめ渡された色紙を使って
紙飛行機を作ったり
一応「美大の学園祭」風のコンテンツが続く。
4人が一旦はけたあとは、それぞれが好きな名シーンを。
ジョセフは部屋で男子3人がちょけるシーン、
チャン・チュンニンは20話と23話の泣くシーン、
(最近見たばっかりすぎてまたもや私も泣いた)
レゴはチャリンコで山の頂を攻めるシーン、
伊藤千晃は5人で四つ葉のクローバを探すシーンを
それぞれ挙げていた。
そしてラストはライブで! と
ドラマ主題歌「幸運草的祝福」が流れたので
一気にテンションが上がった!! と思いきや
先ほどと同じく4人がバラバラの場所から登場して
特に歌うわけでもない(いや、はぐちゃんだけは歌ってくれてた)。
舞台上に4人が揃って改めて歌うのかと思ったらそれもない。
出演者のところに「ほか」て付いてたから
小宇が来て「想你的習慣」を歌ってくれるかと期待したけど
当然ながらそんなのもない。
なんつーか、これ見たかったのに〜!ってのが
すっごく一瞬にして終わってしまった…。

最後に挨拶をしてするっと握手会に。
私たちはほとんど後ろの方だったので順番は最後のほう。
前の様子を観察しながら
チュンニンに言うぞと意気込んでいた言葉を
中国語で何度も何度も繰り返す。
「以前在大阪的NHK我見過面你,今天我很開心」
だめだだめだ!! あのスピードでは絶対間に合わない!
「今天很开心,谢谢你!」
これなら間に合いそう!

ジョセフももちろん大好きなんだけど
それより何よりチャン・チュンニンに再び会えるのが
うれしくて仕方な…

_music 蘇打綠『狂熱』

この曲、やっぱ好きだなあ。
蘇打緑(sodagreen)の新曲「狂熱」ですけれど
こないだ(→8/22ちょっと老けましたか)も書いたように
ちらっとだけ聴いた感じがすごく良かったので
期待していたのだけれど、やっぱり好きでした。

ヴォーカル・青峰の声って
バラードとかしっとり聴かせる系の曲の方が
絶対生きるとは思うのだけど
こういう曲も悪くないと思う。

アルバムってもう発売されてるんやっけ?
他のラインアップの具合はどうなんかしら。


sodaの曲って全部が青峰の詞曲ってわけじゃないのね。

_movie 『九月に降る風』

イメージ
良かった…良かった…。
とても痛かったけど…良かった…。

思春期独特の危うさというか
ノッてるときはすべてが楽しくて
箸が転んだだけで面白いけど
少しでも亀裂が入ったときに
もろもろと崩れてしまうことがある。
日本のちかごろ流行りの青春系であれば
亀裂が入っても入っても仲間で結束!
みたいな感じだけれど
現実はそうとばかりは限らないものね。

だいぶん前にDVDで観ていたときは
気づかなかったあれやこれやがぽろぽろ見つかって
あ〜しまった〜!って何度思ったか。
そのどれもが主張しすぎていないから
深夜の疲れた私の目は完全にスルーしてしまっていた。
でもそのどれもが作品において欠かせない要素だったのだ。

主人公の7人の男の子すべてに
それぞれの思いがあって
僅かなカットにそれが込められていたりする。

DVDで観たときには全く意味が分からなかった
野球賭博事件との関わりも
なんとなく、自分の中で納得できるものがあったというか。

遠くであれば、身近であれ、
自分の“スター”が信じられなくなったとき、
あるいはいなくなったときの
苛立ちとか喪失感とかそういう…
結束の源になっていたものを失ったあとって
どうすればいいのか分からなくなるもので。

知らない間に、なんつーか、
泣いてしまっていた。
これってこんなにすてきな作品だったんだと
鑑賞2度目にして知った。
ザ・ハッピーエンド!でもないし
何なら、観ていて結構痛いんだけれど…良かった。

きっと日本ではヒットしないんだろうけどね。
これがヒットした台湾が逆にすごいと思える。
いい国だと思えるよ。


『九月に降る風』
(原題:九降風)
@シネマート心斎橋


※台湾正式予告版


前日、前売券を駆け込みで買いに行ったら
なんとなんと写真のパターンが9種類もありまして。
九降風だから9種類? すごい気合いの入れよう。
さすがに1枚しか買えないので写真撮らせてもらった。
(全パターンは画角に収められませんでした。)


新竹って台湾島の北端だと勝手に思ってたけど西側だね。

_diary 小学校の教科書はいずこに

イメージ
使っていた教科書が終わって
次は中国の小学校の教科書を使うことになったので
上海新天地に買いに行ったけど
それらしいものは置いてなかった。
中華系の学校は大阪にもあるはずだけれど
教科書はどこに行けば買えるんだろうか?
一冊、それに近いっぽいものがあったので
値段を見てみたら一冊2,500円ぐらい。高い!!
それは先生が持ってたやつよりも
サイズも大きいし、厚みも3倍ぐらいあったとはいえ
私が探してるやつも割と侮れない値段なのでは…。
在処を知ってる方いたらぜひ教えてほしいです。
誰か大陸に行く用事がある人がいれば
ベストなんだろうけれども。

教科書を買いに行ったのに
全然関係ない音楽雑誌を2冊買ってしまった。


完全に蘇打綠の表紙につられただけ。

_diary 帶我去遠方一起出發

『帶我去遠方』の台湾での公開が
日付明けまして本日となりました。
今日(昨日?)の仕事ももうすぐ終わり。
その前にお祝いメッセージ。

傅天余導演,恭喜恭喜!
我也想看你的《帶我去遠方》,
帶那個電影快來日本吧!

とか書いておきながら
どこで、何時に上映されるかは実は知らないのです。
台湾におられる方はぜひ行って教えてください。

詳しくはオフィシャルブログにて。


この予告編はなぜかものすごく局部的に編集してるけど
(ボーイズラブの映画ではないのだ…)
冒頭に出てくる教会はめちゃくちゃすてきですねん。

_diary ウィルバーだったのだね

何年のだったか忘れてしまったけれど
私が見始めた頃のNHK『中国語会話』
(多分、金子貴俊くんか谷ショーのとき)の
オープニング曲が結構好きだったけど
誰が歌ってるのか分からないままだった。
タイトルが「不得不愛」であることは分かってたけど
そのときは特に調べたりまではしなかった。
男女デュオなんだろうとは思ってたけど
今日ふいに分かったこと。
歌ってるのは潘瑋柏&弦子、
つまり男声はウィルバー・パン。
そうだったんだね。ウィルバーだったんだね。
MVには若いウィルバーが確かに映っておりました。

私はウィルバーをいつ知ったんだろう?
'07年末に中国旅行に行った時
夜の成都をぶらついてたらサッカー場に行き着いて
中からすさまじい爆音と歓声が響いていた。
外には応援グッズ的なひかるアイテムをうる屋台や
ダフ屋みたいなおっちゃん、あとは老若男女大勢。
しまいには花火も上がったりして
サッカーにしては賑やかやなあと友達と話していたのだけど
翌日のニュースでそれが
ウィルバー・パンのコンサートだったと知った。
そのときはウィルバーのことを知ってたから…。
名前だけ見て覚えてることも多いからなあ。
(中国/台湾人の名前を字面のみ
インプットする記憶力だけはなぜかすごい。)

その出来事以来、ウィルバーと言えば
中国でものすごく人気のある歌手というイメージ。
ラッピングバスでもよくお姿拝見しましたし。
今、『不良笑花』でちゃんと見て楽しんでいます。


茶髪も悪くないね。

_diary ぴー夏がいっぱい

イメージ
アジアドラマチックチャンネルでは今
ジェリー主演の『Starlit』をやってて
それももう終わるので、次は何が始まるのかと思ったら
同じ枠にあったのは韓流ドラマ!!
またこのパターンかと肩を落としていたら
なんとなんと10月から『熱情仲夏』の放送が決定!
ジョセフが出てたドラマ。
台湾ではたぶん'07年ぐらいの放送だったんじゃ。
(初めて仕事で台湾に行ったときに
 晶華酒店のでかいテレビで見たような記憶。)
地元の友達が「物語は悪くないけど
ヒロインがかわいくない」と言ってたやつ。
いよいよ日本でも放送ですか!
まだ髪が長いジョセフに久々に逢えますよ!

これも日本の漫画が原作なのだね。
『ぴー夏がいっぱい』という作品。


おもしろい作品ならいいなあ。

_music VANNESS「I don’t wanna lose you」

イメージ
出ました、出ました、
VANNESSの2nd「I don’t wanna lose you」。
1stよりもだいぶん、聴きやすくなった。
日本語の発音もぐんと上手になってる。
ヴァネスには自分の好きな音楽をやってほしいと
いう思いは未だにあるけれど
JPOPでやってみたいというのであれば
やっぱり応援せねばね。
でも私が好きなヴァネスの音楽は
今までやってたようなスタイルです。
とはいえ、1st「Only」もカップリングは結構良かったので
今回のもカップリングも楽しみにしているところ。
って、まだ買ってないんかい! て感じですか。


髪が短い、やっぱりこっちがいいな。


VANNESS「I don't wanna lose you」

_diary 英語のなまえ

香港や台湾のアーティストは
英語の名前を持ってる人は多いけど
内地のアーティストも若い人は結構
英語名を持ってる人が多いなあと思う。
張偉は“wowkie”というのが英語名っぽいけど
使われてるのは見たことないなあ。
何かで調べている時偶然この名前を知って
フルネームではWowkie Zhangと書かれていたのを見て
そのときは「へぇ」ぐらいにスルーしてたけど
よくよく考えたらこの人、名字はZhangじゃないやん。
本来ならWowkie Daでしょう?
大張偉というのがそもそも本名じゃないってことかな?
張大偉とかだけど敢えて逆にしてる的な?
でも英語名では本名の姓を使ってるとか?
そもそもWowkie Zhangというのが
姓名じゃなくて別の言葉だったとか?

答えは分からない…。



余談。もし自分が英語名を付けるなら何がいい?
考えたことなかったけれど。
台湾では英語の授業のときにつけるらしいけど
(主に先生に勝手に付けられるらしい)
それが仕事を始めるとわりと公式の名前になったりする。
そう考えるとうっかり変な名前を付けられないね。
そういえば中学時代のの地理の先生は
授業中、生徒を当てるのに
名前を書いたカードを入れてくじ引きのように引くのだけど
その名前とは好き勝手に考えていい“地理の時だけネーム”で
確か私の名前は…「なにわの浴衣むすめ」。
完全に『夢で逢えたら』の影響を受けてる。
(「なにわの浴衣兄弟」というキャラがあった。)
そんなノリでつけてそのときはいいけど
のちのち大人になって恥ずかしいことになるパターン。
それにしてもひどい名前だ…。

_mv  花儿大张伟《奋斗》

イメージ
9月3日、いよいよ花兒大張偉「奮闘(奋斗)」のMVが
全国解禁されましたよーのニュースを見て
早速動画を探したら、ありました!!
tudou以外にもあったので載っけておきます。


ソロ活動が始まる前にニュースに出ていた
健身操組合を率いるどうのこうのってやつ、
健身操というのはすなわち
このMVを見る限り、エアロビに間違いないなと。
両手を広げて腰から上を左右に動かすフリが完全にエアロビ。
今回のMVも楽しいね。
登場するスーパーマンやブルース・リーは
顔面が単なるおっさんなのでいいとして
全身覆面のスパイダーマンは権利的に大丈夫? と
またもやそんな心配を。
ユニバーサル系のレコード会社なのであればまだしも。
(スパイダーマンはユニバーサル系の映画だったよね?)
まま、いいけどね、パロディだし。楽しいし。

これは中華人民共和国建国60周年の“献礼歌曲”だとか。中華人民共和国建国60周年といえば。
8月31日が大张伟の26歳の誕生日で
そのお祝いとアルバムリリースのお祝いもかねて
6日に王府井のFABで大規模なサイン会をやる予定だった。
今日掲示板を見たら「緊急」なるスレッドがあったので
何かと思ったら、ここにきて中止になったらしい。
建国60周年の記念イベント(まあまあ大規模っぽい)が
近くであるらしく、サイン会会場付近が
交通規制がかかるとか封鎖されるとかどうとか?
それ的な?…たぶん。
で、サイン会が中止になったらしい。
そんなこと、なんで今になって発覚してんの?
個人レベルのイベントならまだしも
大規模なイベントなら前もって付近にお達しがあったんじゃ?
張偉のイベントにしても秘密のゲリラライブとかじゃないし
かなり前から告知されていて前々日になって中止だなんて。
地元の人が行くだけならまだいいけど、
この日のために遠くから来ようとしてた人もいるかも。
中国はめちゃくちゃ広いし、
もしかしたらすでに出発してる人もいるかも。
その辺のアバウトさが、外国って感じだなあ。


(腾讯音乐より)

“中国”ジャージがかわいすぎる。ジャージに目がない私だよ。

_diary ガラス水筒

イメージ
ガラスの水筒を買った。

中国に行くとタクシーのおっちゃんも
受付のお姉さんも誰も彼もみんな
マイ水筒を携えていて
マイ茶葉を入れて飲んでいる。
その水筒はワンプッシュで
ふたがぱかっと開いてみたいなのじゃなく
魔法瓶みたいなのでもなく
ガラスだったり、プラスチックだったりの
長細い透明の容器。
中にお茶が入ってるから水筒だけど
そうじゃなければただの長細いタッパー、て感じのも。

私が買ったのはガラスが二重構造になっている。
中に熱湯を注いでも熱くないという代物。
だけどそのぶん重いので
水筒とは言いつつ、持ち運ぶのは大変かも。

中に茶葉を入れて
お湯を足しながら足しながら飲む。
一応、以前台湾観光協会イベントの
F4ビンゴで当たった超渋いマグ茶器はあるけど
茶葉の様子(景色、ですか)を楽しみながら
飲むというのもまた一興。
本当は緑茶とかがいいんでしょうが
今はなんとなく烏龍茶の気分です。

今年買った緑茶も早く飲みきらないとなあ。
もうすぐ秋だものね。




ほんま、いい顔するねえ。

_diary タイに行く

予想だにしない出来事が起こりました。
って、そんな大した話でもないんでしょうが
私にとっては一大事。
仕事で5日ほどタイに行くことになりました。
私は台湾や中国が好きなのであって
特に旅が好きとかではないので
突然のタイ行きを伝えられて
本来ならきっと喜ぶべきところ複雑な心境。
今まで興味を持ったことがなかったから。
行ったら絶対楽しいのでしょうけれど。
今回は前回台湾に仕事で行ったときみたいに、
行き先を自分たちで決めるのではなく
ひたすら連れ回される旅なので
確実にしんどいけど、ある意味ラク。
だけど…9月21日の深夜に出発、
早朝4時過ぎにバンコクに到着して国内線に乗りかえ
7時にチェンマイに到着してそのまま市内観光って
死ぬんちゃいますか!! いつ寝れるんすか!!

そもそもタイってどの辺にあるんかしら。
東南アジアの位置関係がさっぱり分からん。

あ!! 台湾、香港、中国、
すべて中華圏のスタンプだけでコレクトされていた
私のパスポートについに他所のスタンプが押される…。

_diary 前世喫茶

イメージ
前世をみてもらいました。
前世をみてくれるマダムのいる喫茶店があって
店内にはどこにもそんな表示はないのだけれど
知ってる人は知っていて
お店に入ったときにお願いすると見てもらえる。
1代前ごとに1,000円。
結構高いので、いつか行きたいと思いつつ
先延ばしにしてたら今日ふいに行くことになった。

前世を知ってどうなるってことでもないけど
今生きていて「これなんでやろな」
「なんかしらんけど好き」「なんかしらんけど嫌い」
みたいな無意識レベルの趣味嗜好が
実は前世と関係していて
「だからなのね」と納得することが多いらしい。
だからそれ知ってどうなるってことでもないけど。

今回3代みてもらったところ、
1代前はイギリスの会計士(男)、
2代前は中国の寺子屋の先生(男)、
3代前はアメリカのインディアン(女)だった。

イギリスは私が思春期の頃、憧れていた国。
聴いていて一番いいなあと思えるから
今でもUK系のロックとかパンクとか好き。
敢えて誰とかはないけど。
会計士っていうのが意外だったけど
イギリス好きはここから来てたのかも。

中国は言わずもがな、今だだはまりしてる国。
寺子屋の先生…なるほどね。
中国語で物事教えていたわりに
まったく中国語が上達しないんですけども!
でも前世に絶対中国人か台湾人はあるだろうと思ってたので
うれしかった。そうあってほしかったから。

で…インディアンですけれど。
現状アメリカにも興味ないし
インディアンにも会ったことがない。
もしかしてチャンスがあって
インディアンの居住区に行ったりしたら
何かシンパシーを感じたりするかも知れないね。

「この時あなたは自由に自由に生きてました。
 今も自由でありたいという思いと
 会計士や先生の職業でも分かるような
 変なきまじめさとで揺れてる」

あーーーーーー、なーるーほーどーね。

_diary 海角七号新春公開

イメージ
去年台湾でウルトラヒットした映画『海角七號』の
日本での公開を待ちに待っているわけですけれど
今日もらったチラシによると新春とのこと。
日題は『海角七号 君想う、国境の南』。
まだまだもうちょっと先か。
でも無事公開が決まって良かった。

今年は去年みたいな
台湾フィルムコレクションとかないんかな。
韓国はあるみたいだのに。
台湾映画も近頃盛り上がってきてるのに。
韓国映画みたいな派手なのじゃないかもしれないけど。

『Orzボーイズ!(orz boyz!)』はNHKのBSで放送が決まったようで。
『九月に降る風(九降風)』は今週末から
シネマート心斎橋で公開されるから観に行かねば。
(DVDで一回見たけどあれはDVDで観るもんじゃない。)
こないだ記事にも書いたドキュメンタリーも
早く行かないと公開終わってしまいそうだし
いろいろチェックせねばならない映画がたくさんあるのは
うれしいけれど、大変だー。


『帯我去遠方』も日本公開決まりますように…!

_diary ジョセフが新譜!?

アイラブ ジョセフ・チェンが
ついにCDデビューをするんだってさ!
9月にデビューアルバムが発売されるとかでドキドキ。

『蜂蜜幸運草』ではジョセフら主役5人が
オープニング曲を歌っているのだけど
初めて聴いたとき、ジョセフ(&チャン・チュンニン)の
あまりの歌のひどさに度肝を抜かれた。(ごめん!)
それ以来、恥ずかしくて
がっちりドラマを見始めるようになった最近でも
オープニングだけは早送り。
サントラを聞き込んでいる友人Iは
ジョセフの歌い方をまねしておかしな中国語になってるし。

ちなみにジョセフが担当している歌い出しは
「騎着車〜」
ピンインで書くと「qi zhe che」という
すさまじく発音しづらい捲舌音+eの連続。
そりゃ、ネイティブとなれば余裕なのだろうけど
ただでさえ聴き取りづらいこの3音、
舌っ足らず(&音痴…ごめん!!)のジョセフが歌うと
何を歌っているのかさっぱり分からない。
友人Iはまねして「チチャチョー〜」と歌ってる。
ここ一週間で私と友人との間でそれがネタ化していてただけに
なんというタイミングでCDデビューの話なのだと。

最近はリン・チーリンとMVを撮ったらしい。
ドラマ仕立てのものかと思ったら
二人でダンス(しかもストリート系の)を踊ってると聞き
またも戦慄が!
ジョセフってスタイルめちゃくちゃいいけど
運動神経がいいイメージが全然ないねんなあ。

でもたっぷり時間をかけて準備したそうなので
いい結果が出ていることを祈ります。
私はジョセフのファンだけれど
CDはたぶん、いや、少なくとも当分は…いいや。
私は俳優活動で十分満足しております。

昨日の『蜂蜜〜』ではジョセフが日本語喋ってたね。
「すみません、おとな2枚ください」。
かわいい!
ジョセフの日本語、いつ聞いてもかわいい!