投稿

1月, 2010の投稿を表示しています

_diary この曲、好き

花兒が解散する少し前ぐらいに
何かの歌イベントか音楽番組か何かで
なぜか大張偉が一人で出てきて
「愛」という中国では有名っぽい曲だけ歌って
MCもなくそそくさと去っていくというのを
見たことがあったのだけれど
今回見つけた動画に、その「愛」を歌ってるやつを
発見したので載っけておきます。
画像荒いし、見づらいんだけれど、
3人との距離がすごく近い上、
めちゃくちゃ楽しそうに歌って演奏していて
それを見ているだけでも幸せな気持ちになれる。
しかもこの「愛」って曲が結構良くて、好き。
張偉の声によく合ってると思うな。

_mv VANNESS「REASON」

ヴァネス=VANNESSの3rdシングル「REASON」の
試聴版が(実は結構前に)アップされておりまして
初めて聴いたわけなのですけれど、
いいですよ、いいですよ。だいぶんいいですよ。
全部聴いてないけど、1stより2nd、2ndより3rdが断然良い!

と昨日書きまして、まさにその「REASON」が
本日発売だったと今さら気づきました。
ファン失格ね。発売日も知らんかったとは。
ということで、フルバージョンのMVも
ヴァネスブログに上がっていたので
もともとはめ込んでた試聴版とチェンジしました。
やっぱり今回のはいい感じ。いい感じです!



(以下、昨日の日記のままです)

1st、2ndはやっぱりどうしても好きになれなくて。
2ndはアップテンポなのでたまに聴くのだけれど
1stに関しては本当に申し訳ないながら
イントロ流れてきただけで飛ばしてしまう。

それにしてもMVに車使うの好きねえ。
ダンスはかっこよくてよろしいです。
変に(とか言うと怒られそうだけれど)露出もないしね。

3rdが出たら、アルバムも発売される。
そしたらコンサートも開催されるはずと信じてたけど
アルバム発売のミニコンサートがあるだけみたい。
詳しく調べてないけど、またきっと例のごとく
通常盤と初回限定盤の2つを買った人だけが
応募できる、みたいな感じなんだろうと思うと
それだけでテンションが下がってしまう。
レコード会社の策略に踊らされることなく
有料でもいいから、みんな平等に
コンサートとしてちゃんと楽しめる方がいい。

_diary 『霹靂狂花』MV撮影ウラ

土豆にてこんな動画を発見!
YouTubeにはなかったのだけど
最近遅ればせながら気づきました。
ないのなら、自分で上げればいいのだと。



大張偉ソロ活動第一弾アルバム『霹雳狂花』のうち
4曲のMVが制作されております。
うち公開されているのは「爱火烧」「奋斗」「嗯哩呦」。
大張偉がキスシーンに挑んだことで話題の(!?)
「让我坠入爱的漩涡」だけはまだ未公開。
でもこの映像にはそのウラ側もほんのちょびっとだけ入ってた!!
わっしょい! わっしょい!

台湾から著名な監督を招いておきながら
がっちり現場の主導権を握って
あれこれ指示する張偉をご覧あれ。

_mv 「夢想飛行」

これ、「鳥巣歓楽氷雪季」主題歌だそうです。
タイトルは「梦想飞行」。
バンクーバーオリンピックの応援歌かと思ったけど違うのね。
中国お得意の、老若男女、スター大集合の一曲。
(私はほとんど知らない歌手ばっかりだったけれど。)



でもってでもって
これに我らが大張偉も参加しておるのです!
ほとんどが歌い上げる系の歌手ばかりのなか、
ひとり、アイドル声(笑)。
ほんのちょっとしか写らないのだけれど。
2分42秒頃、お見逃しなく〜!!

_movie 『ソフィーの復讐』

イメージ

_diary 新人奨

11日に北京で行われた「音乐风云榜新人盛典」。
花兒大張偉が“新人”として出演するというのは
なんとなく知っていたけど、
何らかの賞を受賞したっぽく
私がスカパーで見てる鳳凰衛視の『娯楽大風暴』で
珍しく! 本当に珍しく張偉の会見の模様が流されていて
ほかにジョセフとかも出演してたのに
張偉のしか流れてなかったから
最優秀新人賞的なものを受賞したのかと思ってたら
香港の友達曰く、新人賞にもいろんな部門があって
張偉が獲ったのは「重新出發新人獎」らしい。
まあね、純粋な新人じゃないもんね。

受賞したときのシーンはこちらの動画で。
雷舞団に御神輿してもらいながら壇上へ。
蝶がいっぱいついた水玉ジャケットが可愛いね!



「愛火焼」も披露。
ちなみにどういう流れかは分からないけど
太った男の子が「愛火焼」を歌うという企画もあったようで
客席でそれを見つめる張偉のまなざしの暖かいことよ。
(その動画もYouTubeに上がってるので探してみてください。)




もういっちょ!
こちらはジョセフ。「暢一首歌」を歌ってました。



好きな人たちが同じ舞台にいるのを見るのは
うれしいし、たのしいね!
俩们恭喜恭喜~~~!

_diary めちゃくちゃ達者!

先日、『ホットショット』のイベントがあったようで
ついにショウ・ルオの公式来日ですよ。ええ、ええ。
東京MX TVの番組にも出演したらしく
上がっている動画を見てみたら
これまた、喋りが達者!
単に日本語が話せるだけじゃなくて
ちゃんと心得てるというかね。



4月24日には渋谷AXでコンサートをやるらしい。
行きたい! でも…行けなさそうだなあ。
当然ながら大阪には来ないってことで。あーあー。

_movie 『海角七号―君想う、国境の南』

イメージ
『海角七号―君想う、国境の南(海角七號)』
@梅田ガーデンシネマ



面白かったところもあり、
納得できないところもあり、
でもそれはどんな映画でもそうだから別にいい。

面白かったのは、登場人物たちのキャラクター。
特にポーじいさんとマラサンがすさまじくいい。大好き。
マラサンは私が思い描く「台湾人」そのもの。
そうそう、こういう感じ。こういう人いるよなあと
とてもほほえましく見ていた。
ポーじいさんも然りで、こんな人いそう、いそうって。

逆に、友子が常にカリカリ、イライラしてるのが分からず。
異国に一人暮らす外国人として、
また、ざっくり言うなら事細かい日本人と楽天主義な台湾人という
気質の違う二つの国の人が交わるにあたって、
苛立つことがあるのも仕方ないと思うけど、
そもそも初っぱなからその態度は何、と思ってしまう。
まま、日本人にも色んな人がいるから、と言ってしまえば
それで終わる話なのだけれど。

あと最後の方、アガーがやたらとかっこよく見えたのは気のせい?
いや、かっこよくて正しいと思うんだけれど
好きになりかけるぐらいかっこよかった(笑)。
ああいう無骨なタイプは面倒くさいので苦手だけれど
キャラクターがぴったり合っていたというか。

謎だったのは、友子がアガーの部屋にあった、
届けられなかった手紙を読んで
「大事なものだから届けてあげて」といった場面。
それから必死こいてみんなで協力しながら
今はもうない古い住所が書かれた宛先へと届けに行くのだけれど
それがラブレターで、内容がいかなりものだったかというのを
どのタイミングでしったんだろう?
勢いでたった一夜だけともにした相手が
「大事だから届けてあげて」というだけで
あんなにみんな必死になれるもの?
でも、手紙の内容を詳しく解説するシーンはなかった。
アガーが手紙を開けてしまったのをポーじいさんに責められるときに
ポーじいさんもその手紙を見て、内容を教えてもらった、とかかな。
(ポーじいさんは日本統治を経験してるので日本語が話せる。)

本当はもっともっとお涙ちょうだいな、
泣く系の映画かと思ってたけど、意外とからっとしていて
それが良かったような気がする。
基本的に笑いながら観られる、とても楽しい作りになってるから。
あのチラシだけを観たら、どんなノスタルジー映画だろうかと
構えてしまうかもしれない。
実際、その世界観を期待しすぎてがっかりする人もいたかもしれないけど
あのビジュアルによって「こ…

_diary 『下一站,幸福』放送決定

現在台湾で放送中のヴァネス主演ドラマ『下一站,幸福』が
早くも日本での放送が決定した模様。
しかも来月から。早いなあ。

台湾では回を追うごとに視聴率が上がっているようで
ヴァネスの演技力も評価を得ているみたい。
どんな内容なのかとかは実は一切知らなかったのだけど
『下一站,幸福』を日本で放送してくれる
DATVのホームページを見ると
“「身分違いの恋」、「親の反対」、「病気」、
「記憶喪失」などドラマティックなストーリー展開”とあり
若干テンションが下がってしまった。
日本語タイトルも「秋のコンチェルト」。
なんか、ベタベタの韓流ドラマみたいだな。
絶対、ある程度意識してると思う。

でもヴァネスの久しぶりの新しいドラマだし
短髪の具合もすごくいい感じだし
見たいのは見たい。やっぱり見たい。
でも最大のネックは

DATVの月間視聴料、高すぎ!!

てことです。
2,500円ってなかなかの高額視聴料ですよ。
中国チャンネルの鳳凰衛視も結構高くて
でもそれは勉強のための投資だ
(ウソ、ただ流しておきたいだけ)
と思って腹括ったけど
さらに2,500円の追加は本当に痛いなあ。
衛星劇場も高いから契約しなかったのに。
どうせどこか別の局でもやるんじゃないかと思うと
安易に手を出せない自分がおります。

ただもう一つ、『敗犬女王』も放送されるんよな。
これ、めちゃくちゃ見たかったやつだよ、
イーサン・ルアンが出てるっつって。

もう少し悩みます。

_diary NHKに蘇打緑

当然のごとく3連休など関係ない
仕事モードなわけなのですけれど
深夜3時頃に帰宅したらIちゃんからメールが。

「2チャンにソーダグリーン」

何と!? と思ってすぐさまテレビを付けたら
まさしくNHKで蘇打綠(ソーダグリーン)の
「狂熱」のMVが流れてきた。
なんでかなと思ってHDDの番組表を見たら
『J MELO』のお出かけライブが台北であったようで
それに関しての出演だったみたい。
『J MELO』のホームページを見たら
「スペシャルコメント ソーダグリーン」とあったので
MVの前には彼らのコメントが放送されたと思われる。
どんな感じで流れたんだろうか。見たかったなあ。



ライブはWALLで行われた模様。
台北で一度どこかライブハウスに行ってみたいと
思ってはいながらもまだ叶ってない。
次こそは〜と思うけど。

ちなみに、注目の台湾アーティストとして
いくつか紹介されたのは
Jay Chou(周杰倫)、Croud Lu(盧廣仲)、A-MIT(阿妹)、
Cindy Wang(王心凌)、Fahrenheit(飛輪海)
(あと一組いたような気がするけど思い出せない)。
アーメイって海外表記は「A-MIT」になるのだね。
初めて知りました。

台湾がテレビに映ると
台湾に行きたくなるから良くないよ。

_diary 江蘇衛視跨年演唱会

大張偉が出演した『江蘇衛視跨年演唱会』、
内地だけでなく台湾のビッグアーティストも
多数出演してくれたこともあり
今年はYouTubeですぐに発見できました。

蘇打緑は私の大好きな「小宇宙」「小情歌」を。



蘇打緑は別のアーティストとコラボみたいなのもあったけど
ここで歌った持ち歌はこの2曲だけ。
大好きな曲だけど、もう何年も前の曲だから
ひとつぐらい新しい曲も歌わせてあげてほしかった。

(追記)
花兒大張偉はライトのついたジャケットに
光る素材の眼鏡をかけて登場。
歌ったのは「奮闘」と「愛火焼」。

_trip 3度目の中国 4日目

イメージ
11月19日(周二)

昨日は暗闇の中、持参のライト(前回に夜行列車に
乗ったときに購入、めちゃ便利!)を使って
日記ハガキを書き終えてからすぐに寝てしまっていた。

なんとなく車内放送が騒がしくて
電車も動いてる気配がないなあと思って目が覚めたら
窓の外は真っ白な雪景色。



放送をなんとなく聞き取るに、
雪で電車が止まってしまって到着が遅れそうな感じ。
1時間ぐらいとか言ってるんかな。
せっかく目が覚めたので朝の身支度を済ませる。
Iちゃん&サクラちゃんはまだ寝てるかもしれないので
正規の到着時間1時間ぐらい前を目処に移動するとして
しばらく自分のベッドで待機。
向かいの上鋪にいたお兄さんが、パンと
ヨーグルトドリンクとリンゴをくれた。優しい。
それから筆談でお話。
彼は上海の人で、船員の仕事をしていて
日本にも行ったことあるよとのこと。
来年は万博もあるし、良かったらおいでと。
でもって、困ったときは連絡しておいでと
電話番号とQQ番号を教えてくれた。
QQって本当にすべての中国人(特に若い子)の
共通の連絡手段じゃないかと思うほど
QQ番号をみんな持っているのだね。

10時前、そろそろ起きてる頃かと
みんながいる車両に移動したら
明らかに寝起きっぽい二人。
しかもぐったりと疲れていた。
聞くと、下鋪にいた赤ちゃんが
夜通し「奶奶(おばあちゃん)!奶奶!」と泣き続け、
熟睡できなかったらしい。そんなことが…。

前夜、あんなことがあったために
Sちゃんとは一気に結束感が高まっていた。
コンサートの動画を見たり、雑誌を見たりしながら
フラワーズのことをいろいろと話して過ごす。
私がiPodに入れている動画を見て彼女はびっくり。
私がダウンロードして入れていた動画は
彼女が土豆(日本からはアクセスできない)から
YouTube(中国からはアクセスできない)に
アップロードしたものだったのだ。
香港は土豆もYouTubeも両方アクセスできるから
土豆を見られない人のために、って。
実は彼女のメルアドを教えてもらったときに
そのアカウントネームからそれは分かっていて
「あなたのおかげで私は彼らの動画を見れているんだよ」と
心からお礼を言った。
当時、YouTubeにはフラワーズ関係の動画はとても少なくて
その中でも「これ、いい!」と思う動画を上げてくれていたのが
香港のmusicplayerhkさんだったのだけれど
まさしくそれが彼女。
こんな偶然ってあるんだなあとびっくりす…

_diary 新年快乐

あけましておめでとうございます。
本年も何卒よろしくお願いいたします。

実家のコタツという名の魔物に取り憑かれ
ほぼコタツに引きこもりっきりのお正月です。
紅白を見ながらも、気になるのは広州のことばかり。
せめてネットが使えたら直播にトライすることも
できたものを…。
そんなことばかりをブツブツ言うてたら
母親に「来年(2010年)はもう中国行くな」とまで
言われてしまいました。
どうやら中国は危険な場所というイメージがあるらしく
それを言うと大阪もそんなに危なくない場所じゃないよ
と言い返してみたりして、
余計に心配をかける結果となりました。
いくつになっても娘は娘、てなもので。

で、今。
イーモバイル圏外の実家からちょっとだけ“町”の
郵便局にはがきを買いに連れて来てもらったついでに
スーパーの駐車場に車を停めてもらい
ネットサーフィンする親不孝がここにおります。
花兒baを覗いたら早速、神が降臨してくださってました。
ありがとう! ということで
いま、隣に父親を待たせた状態で
動画をダウンロードしておる最中です。
これが完了すればネットができなくても
とりあえず動画は見られます。
正月早々なにやってんだ、ですが
平穏に過ごすためには必要な行動、なのだ!!!