投稿

8月, 2010の投稿を表示しています

_trip ド早朝の陽明山ハイキング('10年08月台湾旅2日目)

イメージ
前日(もはや当日)寝たのが4時、起きたのが4時半。
たった30分だけでも寝ないと死ぬと判断したため。
そう、2日目の集合時間はなんと朝5時。
ええ、私が朝早い方がいいと友人に言うたからですよ。
まさかこんなことになるとは思ってなかったからですよ。
もう前日激しく後悔しましたよ。

そんなわけで5時にMRT麟光駅に集合、
結局友人もたっぷり遅れてきて5時半合流。
陽明山に向け早朝ハイキングに繰り出したわけです。
もともと陽明山で日の出が見たいと
私がほざいたための早朝集合だったわけですけれど
5時だったらもはや日が出てる、つーか、
駅で友人を待ってる間にどんどん日が昇ってきてて
あーあーと思いながらも眠すぎてどうでもよくなってた(笑)。
もはや行くことに意味があるのだ!

陽明山までは車で向かいます。
友人曰く、朝の7時(か8時)までは
わりと頂上付近まで車で迂回せずに行けるらしい。
ああ、ここで早朝出発の意義が見いだせた。良かった!

陽明山は台北郊外にあるのだけれど
そういう名前の山がにょきっとあるわけではなく
連なるいくつかの山の総称なのだとか。
全体的に国家公園になっていて
温泉があったり牧場があったりする。
知らなかったけれど、調べたら火山帯なのだね。

そのうち、たぶん冷水坑というエリアに到着。
駐車場に車を停め、山頂らしい場所を目指して散策路を歩く。
山自体はそんなに高いものではないのだけれど
それでも景色はバツグンで林や森もないから
ひたすら続く散策路がまるで万里の長城のよう。
私は例のごとくカメラ屋さんから一眼レフをレンタルして
持ってきていたのだけれど
カメラ大好きな友人が「ひとつ、小美が使って」と
でかくて重いバズーカ(デジカメ)を貸してくれた。
途中、牛が放牧されていて、聞けば牧場らしい。
牧場っていっても柵らしいものは見あたらず
お好きに放たれてる感じ?
糞もそこらじゅうに転がってて危険です。
「こんないいカメラでしょうもない写真撮られへんやん!」
とか(拙すぎる中国語で)言いつつも
途中から割り切ってくだらない写真を撮り続ける私。
(あ、この写真はiPhoneで撮ったやつです。)





一番てっぺんと思われる場所には謎の建造物があって
戦時中に兵隊が潜って銃を撃ったとかどうとか?
そう聞くとなんとなく怖くて
近づいて写真は撮れませんでした。



山の天気は変わりやすいというけれど
雨が降ったり、かと思えば急にかんかん照りになったり。
でも基本的に市街…

_diary 8月最後の1日

イメージ
台湾の旅日記をぶった切りますけれど
今日が8月31日なので仕方ない!

大张伟生日快乐!
大張偉生日快樂!
大張偉お誕生日おめでとう!

ということでね、大好きな花兒大張偉の
27回目の誕生日ですよ、今日は。
つーことは27歳。もう27歳なのだね。
って若い頃のことは全然知らないけれど
普通に考えたら27歳って結構大人な年齢だね。


去る8月25日に大張偉のお誕生日パーティが
北京のKTVで開かれたようです。
なんでそんな平日に!って感じだけれど
もし早く知ってたら台湾に行ったついでに北京にも寄れた!?
ってさすがに無理か…。

こういうイベントってファンが主催してるのか
それとも事務所とかレコード会社が主催なのか
いまいちよく分からないのですけれど、
KTV(いわゆるカラオケボックス)でやるっていうから
どんな内輪な誕生日会やねんって思ったら
意外とセットとかも作り込まれてて
ちゃんとしてるのだね。
つーか、KTVにこんなでかい空間があるのだね。
日本のと全然感覚が違うんやろうなあ。

当日は顔そっくりのママも駆けつけたようで
幸せなプレ誕生日パーティになったことでしょう。
おめでとう!おめでとう!おめでとう!




私は彼が司会してる番組は見られないし
(言葉も分からないし)
例えばミュージカルに出ても見に行けない。
だから海の向こうの、違う国のファンとしては
歌を歌ってほしい。
大張偉の新しい音楽を聴きたいよ。
そんでもって元気をもらいたいよ。

_trip ド深夜のおかゆ('10年08月台湾旅1日目)

イメージ
飛行機ですったもんだあって
宿泊先である樂樂台北に到着したのが午前1時過ぎ。
お当番スタッフの操ちゃんが待っていてくれました。
チェックインの手続きをして
友達が部屋をあちこち案内してもらって
一通りの荷ほどきをしたところで

……やっぱお腹空いた…。

台湾ならこれからでも食べられる場所はあるはず。
操ちゃんに尋ねたところ、
復興南路にお粥屋さんがあるとのこと。
お粥ならこの時間に食べても負担はかかるまいと
タクシーで言われた場所に向かうことに。

復興南路にはいくつかお粥屋さんが並んでいて
操ちゃんにもお店を教えてもらっていたけれど
タクシーのおっちゃんが
「夜しか開いてないから材料も新鮮」
とオススメしてくれた[小李子]なるお店に行くことに。



丑三つ時にもかかわらず店内はお客さんでいっぱい。
自分で好きな料理を選ぶバイキング=自助餐スタイルで
おかずはいいからとにかくお粥、お粥、お粥を食わせろと、
ひたすら「粥(ジョウ)!」を連呼していたのだけど
結果的に言うと、お粥屋さんなので
お粥は言わなくてもすでにテーブルにセッティングされていて
おかずだけ好きなのを選ぶというスタイルなのでした。

空腹MAXの友人が食べたいおかずを中心にチョイス。
台湾のお粥は無味なので塩ももらって
午前2時半、やっとごはんにありつけました。

あーーうまいーーー!
やっぱり空心菜がうまいーーー!
(ってお粥ちゃうんかい!)


旅の目的=飯な友人Pの食べたいリスト2つクリア

_trip ジェットスターアジア騒動記 その2('10年08月台湾旅1日目)

イメージ
指定されていた20時30分より少し前に
搭乗口に到着。
私たちと同じくたっぷり時間を潰してきたのであろう
乗客の人たちがすでに集まっていました。
さあ、ちゃんと飛ぶのか?
20時30分、搭乗口になんとなく列ができはじめました。
よよよ、ちゃんと時間通りいけるんやと思って
私たちも並ぼうとしたらすでに列はなくなっていました。
その場にいたGHさんに「まだなんですか?」を尋ねると
案の定遅れているらしい。というか、
そもそも台北からの飛行機がまだ到着していないとか。
もう15分や20分の遅れじゃ済まないな、これは。
ただ、そんな状況を今集まっている乗客に報告する様子がない。
私はたまたま聞いたからそんな状況であることを知れたけど
他のお客さんにも伝えるべきではないのですか? そう言っても
「はあ、そうなんですけどねえ」とのらりくらり。
その場にいたおばさまが
「そんな適当なものなんですか? そんな適当なものなの!?」
と呆れたように問いかけると別の男子GHが
「はは、まあ…そうですねぇ…」って
肯定するんかい!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
ある意味潔いけど、その場にいた私&おばさまは呆然。
とりあえず今飛行機が着陸したとの連絡が入り
私たちは当然どうするすべもなく、
ただただ搭乗できるのを待ちました。

21時少し前、10列目〜30列目の乗客に並ぶようにお知らせが。
私たちは7列目ぐらい。気付かなかったけれど
もしかして前列はすでに呼ばれていたのかしら、と
なんとなく列に並んでみたら
「お客様は7列目なのでまだ後でお呼びします」と
いらだち気味のGHさん。
「いや、私たちは順番を聞き逃したのかなと思っただけで…」と言うと
若干食い気味に
「時間の遅れをなるべく取り戻すために
奥から順番にお並びいただいてます」とキレ始めるし。
もう何も言い返す気力もなく、黙って列を外れて待機する私たち。
納得いかない、全く納得いかない、でも仕方ない。
10数分後、もやもやした気持ちを抱えつつも
無事搭乗までに至ったのでした。
両側3列ずつ、通路が激せまの小さな機体。
シートは革張りで座り心地は悪くない。
あとは落ちずに台北に到着してくれることを祈るだけ。
3時間の空の旅は始まったのでした。

次の事件はミールサービスの時間に起こりました。

ジェットスターアジアはミールサービス、ドリンクサービスなどが
すべてないことは分かっていました。
予約時に「今なら当日機内…

_trip ジェットスターアジア騒動記 その1('10年08月台湾旅1日目)

イメージ
旅日記を書いていきたいのに
なにせこれを書かなきゃ始まらない、
でも書き始めたらきっとめちゃくちゃ長くなるから
覚悟がないと取りかかれない、みたいなことでしたが
今こそ勢いで書き尽くしてやろうと思います。
そう、この度の台湾旅行で利用したジェットスターアジアのこと。
驚異の“台北ー日本片道運賃6000円〜”で話題になった
7月に就航したばかりの格安航空会社です。

17時関空発だったので、同行の友人たちとは15時に集合。
指定されたDカウンターに行こうとしたら
入口になにやら手書きの看板を発見。
よく見たら何とも恐ろしいことが書かれてるではございませんか。



アンビリーバブルな4時間遅れ。
到着予定は22時45分…。
わずかな今日の予定はどうなるの?
友人の誕生日パーティは!?
師大夜市は!?
夜カフェは!?
マッサージは!?
たった2日半しかない旅の“半”が抹殺された瞬間でした。

ただ関空くんだりまで来てまた大阪市内まで戻るわけにも行かず
とりあえずチェックインだけして荷物を預けることに。
カウンターに行くとグランドホステスさん(以下GH)が
しれっと手続きを始めようとするのでイラッとして
「その前に何か言うことあるんじゃないですか?」と私。
3秒ほど「は?」という顔をしつつも私が求めてることに気付いたのか
飛行機の遅延についての謝罪。
申し訳ないと思うならまずそれを言うべきでしょうが!!
看板に気付かない人がいたらどうすんの!?
みたいなことを極力丁寧かつ冷静に伝えつつ、説明を聞くに、
「シンガポールで飛行機がダメになりまして
別の飛行機を持ってきて、さっき飛び立ったばかりなんです」とのこと。

飛行機がダメになるっていう、小学生みたいな&
いたずらに乗客を不安にするその表現に失笑。

ちなみにジェットスターアジア航空はシンガポール—大阪(&東京)を
就航していて台北は経由地になります。
おそらく正常ならば、お昼前にシンガポールを出発して台北を経由し大阪へ、
で折り返すかたちでその晩のうちにシンガポールに戻る飛行スケジュール。

少なくとも4時間前から遅れることが分かっていながら
メールのひとつもしてくれたらいいのに。
そういうことはできなかったのかと聞くと、
旅行会社で手配されている場合はその会社から連絡が入ることもあるけど
ジェットスターアジアでの直接予約の場合はそのサービスはない、と。
(でもね、後に、ジェットスターアジアでの直接予約したけど
メール…

_diary 我回來了

イメージ
台湾いいとこ一度はおいで
一度ならず二度三度四度……

友達に「今回で何度目?」と聞かれて
すでに思い出せなくなってるほど
何度も行ってるのだなあと改めて思いました。
何度もっつったところで10回未満です、実は。
単なる記憶力が悪いだけなのです。老化です。

そんなわけで近頃では最も短い週末台湾旅は
濃密な3泊4日(実質2日)、睡眠時間10時間。
3日目の夜は暑さと眠さと疲労と頭痛によりマジで
気を失いそうになりましたがそれも何とか乗り越え
良い思い出も悪い思い出もどっさりと引っ提げて
わたくし、戻って参りました。

書きたいことは山ほどありますけれど
ひとまず帰国のご報告まで。
ってもう3日も経ってるけどね!!!!!


この木、なんの木?

_diary 会社経由、台湾行き

イメージ
おはようございます。
月曜日には帰ってこなければいけないと思うと
もはや出発前から物足りない気分でいっぱいで
いまいちテンションが上がりきりません。

ある友達に
頼まれたものを渡したいけどどうやって渡す?と聞いたら
誕生日パーティやってるからおいでよ!って答えになってない。
時間がないから申し訳ないけど行けなさそうって答えたら
でも土日は花蓮に遊びに出かけてて会えないから
やっぱりパーティにおいでよ!ってワシの都合無視か!

はたして彼女に荷物は渡せるのか、
兵役に行ってる友達とは連絡取れるのか、
若干の不安を残しつつ
ついでに仕事も残ってまっせっつーことで
会社で作業を片付けてから旅立ちます。


スイカが私を待っている。

_diary とりあえずアバウトに

イメージ
金曜日からの旅のかばんのパッキングを始めました。
分かってますねん、いつも前日にやり始めて
ほとんど徹夜状態でパッキングして
慌てて空港に向かうという過ちを毎度おかしていると。
なのでとりあえず、必要そうなものだけ
スーツケースを開いて入れてみたりしております。
ちゃんとパッキングすりゃあええがなっては話ですが
服がね、洗濯中だからね、それがないとできませんねん。
てか、どんぐらい暑いんやろう?
ジーパンは暑そうだからスカートにしたいけど
2日目にパラグライダーをやることを考えると
やっぱりパンツにした方がいいんか、みたいな。
あ、どうでもええって。すみません。

短い旅だから荷造りもなんとなく精が出ないのだけれど
友人へのお土産だけは忘れないようにしないと。

あと台湾旅に欠かせないもの。
ウェットティッシュ。
夜市とかでごはん食べるときに手を拭くものがないから。
わりと手づかみで食べる的なのが多いのに
普通のティッシュしか置いてないから。


台湾はスーツケースで行けるからまだ楽ちん。

_diary 當兵

イメージ
當兵、日本語ではすなわち兵役のことです。

異国の友人と話をしていると
文化や考え方や制度の違いにしばしば遭遇して
その度に驚き感心し時々イラッとします。
色んな意味で教わることが多いのですけれど
その中で私がまだちゃんと理解できてないものに
兵役というものがありまして、
もちろんよく韓流スターとかが
兵役に行くとかどうとか、楽な部署に配属されてどうとか、
ついに帰ってきたとかどうとか、よく聞きはすれど
やっぱり現在の日本にはない制度ゆえに
聞いてもあまりよく分からなかったりするのです。
(まあこれは私の中国語力不足が大いに影響。)

台湾にも兵役があって昔は2年とか3年とか、
今は1年半ぐらいと聞いたことがあります。
私の友人も高校卒業とともに兵役についたとか。
その壮絶さはまた別の友人(の友人)が
「海軍の訓練がつらすぎたから
もう二度と船には乗りたくない」と
高雄の愛河クルーズを辞退していたのを見て
そんなトラウマになるぐらいなのかと想像したり。
人によって配属が違って
その行き先によって内容も変わるみたいだけれど。

さておき。
週末台湾で遊んでもらう予定になっている友人から
昨日メールが届きました。
「兵役は5日間だった。20日夜には終わるから
メールチェック忘れないで。それまでは
一切連絡できない!!!!!!!!!!!!!」
みたいな短い内容がめっちゃでっかい文字で書かれてて
すっごい慌てて書いてくれたのだろうなと。

退役したあとも年に1度とか? 2年に一度とか?
超短期で兵役があるというのはちらっと聞いていました。
そんでもって今年も行かないといけないのも。
ただ、1日だけって話だったけど、
1日だけで何すんの? 何ができるの? て思ってたら
やっぱり5日あったようで。
(もしや本人も分かってなかった???)
それにしたってたった5日間。一体何をするのだろう。
いろいろネットで調べたけどよく分からないまま。

誰と戦争しているわけでもないのに
訓練で亡くなる人もいると聞く兵役。
愛国心のある人、そうでもない人、
スタンスは人それぞれだからよく分からんけど
へにょへにょの平和ぼけした私からしたら
「なんで練習で死ななあかんねん。辛すぎる」。
そんな台湾の徴兵制度も廃止になるそうです。
それ以降は募集制になるとか。

まずは友人が元気で帰ってくることを祈ろう。


衛兵さんは兵役に行った人の中でも超エリートなのだって。

_diary 鵲橋で会おう

イメージ
花儿乐队の音楽の中でも大好きでよく聴く曲に
「鹊桥汇(鵲橋匯)」というのがあります。
MVを見るだに、ラブソングだということは分かれど
多分にもれず、歌詞の意味は分かっていなく
でもメロディとMVが好き。かわいい。かわいい。

鵲橋匯って何かと思って調べたら…
鵲橋(しゃくはし、かささぎばし)とは、
中国の伝説で旧暦の7月7日の七夕の日に
天の川上にできる橋の名前である。
この橋は織姫と彦星が出会うためにできることから、
鵲橋とは男女が良縁で結ばれる事を意味する。
(出典:Wikipediaさん)
じゃあ、匯は? ていうのはとりあえず置いといて
わわわ、やっぱりステキっぽい曲やんかいさ! ですよ。

そんな旧暦7月7日は8月16日でございました。
台湾では情人節といわれていて
恋人の日とされております。
縁結びでおなじみの神様、月下老人も
この日にお参りするとより効果を発揮するとか。

ということで大好きな花儿乐队「鹊桥汇」のMVをば。

ちなみに枚方にかささぎ橋があるらしいよ!

_diary タイトルがかわいい『四菓冰』

イメージ
盧廣仲の新作『四菓冰』が本日リリース!
4曲入りなのでミニアルバムって感じかな。
まさにナイスタイミング! てなもので
週末に台湾に行ったときに買えるやん、やったね!
今回はいつも以上に貧乏旅行だから
CDは買わないでおこうと思ってたのに…ま、いっか。
彼のアルバムは2枚だけ持っていて
私はどちらかというと最新(『四菓冰』の前)の
『七天』より『100種生活』の方が好き。
次はどんな感じに仕上がっておりますのやら。

よく晩ご飯をたかりに行く友人夫婦は音楽好き
(いや、旦那さんはミュージシャンだのに、
音楽好きとか言うたらあまりにも失礼だね)で
盧廣仲とか好きかもなあとずっと思っていて
MACを持参していた時にちらっと流したら
やっぱり気に入ってくれたので
このアルバムもゲットしたら持って行こう。
ほんでもって、花火やろう。夏の終わりの花火。

_diary 準備のはじまり

イメージ
前に更新してから1カ月が経ってしまいました。
久しぶりに仕事に忙殺されていたというか
8月に入ってからは睡眠時間3時間みたいな日が
延々と続いていて、やっとそこから開放された次第。
印刷会社様のお盆休暇に振り回された結果、
私たちにもお盆休みが降ってわきましてん。
いわゆる“お盆”に実家に帰ってるって何年ぶりだか!

実は来週も週末に少しだけお休みをする予定です。
いやね、夏休みだしね、ちょびっとだけ旅に出ようかと。
行き先はもちろんあそこですYO!
いつもみたく1週間ぐらいとはいかないのだけれど
ほんのちょっとでいいから、やっぱり行きたくなったのです。

仕事で台湾に行ってやろうと思って出した企画書も
見事にボツりまして(企書自体がボツったというより
マダムな姉妹誌にそのセレブイメージで持っていかれた説も)
そうなったらやっぱり、自分で行っておかないとって
なってしまったんだな、これは仕方ない。

実は、この夏台湾に初めて旅行に行く友達がいて
彼女たちのためにささやかな
旅のしおりみたいなのを作っております。
無印のノートにガイドブックの地図を切り貼りして
そこに友達の要望を取り込んだオススメ場所を落とし
簡単な解説文みたいなのも添えてみて
1日で巡れる(でも全部巡らなくてもいい)旅本を
せっせと作成しておるのです。ちゃちいけどね。
元来、こういう作業、全く嫌いではないので
仕事がクソ忙しい!! とか言いながらも
一方でこれは地味に地味にやってたりします。
そして同時に自分の台湾熱も徐々に徐々に
上昇していくわけですわな、当然の流れとして。

仕事がひと段落した今、こちらももうひと頑張り。
役に立ててもらえたらありがたき幸せ。