投稿

12月, 2011の投稿を表示しています

_trip 屯門、彼女の生活の一部分('11年2月香港旅)

イメージ
早茶を済ませたあとは友人sakura(香港人)の
日本人の友人(ややこしい)ともお別れして
sakuraの暮らすこの屯門を少しぶらぶらすることに。
屯門は香港の中でもベッドタウンにあたる街のようで
駅前には大きなショッピングセンターみたいなのがあり
あとはほとんどがマンションというか団地。

最初に連れて行ってくれたのは
ショッピングセンターのほど近くにある図書館。
貸し出しは本だけでなくCDもあって
ここからいつも気になる音源を借りているんだそうな。
「宝探しみたな感じ」とsakura談。
公立の図書館なので最新作が
こまめに入荷するようなことはない。
必ずしも好きなアーティストの
全アルバムが揃ってるわけじゃない。
すでにだれかに借りられていてそこにないこともある。
その中でも「宝物」が見つかったときが
何よりもうれしいんだそう。
「これも私の生活の一部分」。
そうやって一枚一枚丁寧にそして楽しそうに
棚に入ったCDをチェックしてる姿が愛おしくてならなんだ。
なんとかわいらしいんだろうかと。
やや、日本にもきっとそういう子はいるんだろうけど。

ちなみに私とsakuraはなんとなく音楽の趣味が近い。
花兒のみならず、蘇打綠とかtiggy bacとか。

次に連れて行ってくれたのは何やらすごい高層ビルで
エレベーターで到着したのはまさに教会、だった。
超敬虔なクリスチャンらしいチョイス。

私はクリスチャンじゃないし
教会活動みたいなのにも参加したことがないから
分からないけど、彼女は休みの日などには
いろんなイベントに積極的に参加しているみたい。
だからここに来れば彼女の友人もいっぱいいる。



_diary 冬至に食べるもの

イメージ
日本ではなんきん炊いて柚子湯に入る冬至。
中国ではワンタン(餛飩)を食べるそうです。
中華圏全部がそうなのかと思ったら
台湾では湯圓を食べるよと教えてくれました。
中にゴマやピーナッツなどの甘いペーストが入った白玉。
あれは旧暦1月15日の元宵節に食べるものと
思い込んでいたけれども必ずしもそうではないのね。
じゃあ台湾の元宵節では何を食べるのだろうか?



_trip 屯門で早茶('11年2月香港旅)

イメージ
2日目。

友人が暮らす新界(New Territory)の
屯門(tunmen)という街で早茶を食べる日。
香港のド定番、飲茶ですが、
現地では夜に食べたりしないんだって。
週末とかなら朝から家族でレストランに行って
みんなで飲茶を食べたりするらしく
それを「早茶(ゾウチャ、かな?)」と呼ぶそうな。

現地まではバスで行った方が断然安いとのことなので
Nathan Rd.沿いのバス停から60xのバスに乗車。
10〜15分に1本ペースで出ています。
(バスを撮影することに必死になってたら
目の前で扉が閉まって乗り過ごすミスを
おかしましたが問題なしなペース。
台湾も香港もバスのおっちゃんせっかちね。てへへ。)




_trip ホテルは旺角、雑居ビルのなかーその3('11年2月香港旅)

イメージ
一夜明けまして、朝から友人が暮らす街に遊びに行き
夕方頃に帰ってきたら自動的に部屋がチェンジされていました。



入り口に人がいる方の部屋の、一番奥の部屋。
金属とびらから合板木製とびらへ。

_trip ホテルは旺角、雑居ビルのなかーその2('11年2月香港旅)

イメージ
いよいよホテルにチェックイン。
こちらが私がお世話になる金海賓館。



趣は雑居ビルの一室というか
マンションの個人宅の入り口というか
そんな感じです。

_trip ホテルは旺角、雑居ビルのなかーその1('11年2月香港旅)

イメージ
一緒に行く友達のドタキャンにより
もともと予約していたホテルもキャンセルして
ここは思い切ってウワサの重慶マンションの安ホテルへ
泊まってやろうかしらと思っていたのですが
事情を知った友人が「さすがにそれは危ないからやめて」と
別のホテルを予約してくれました。
クレジットカードというものを持っていないので
予約ができなくてもはや現地に行ってから直接交渉って
思ってたから正直かなり助かりました。
しかも友人曰く、
大陸から友人が来たときにいつも紹介してるとのことで
確実に安くて最低限の治安レベルは達してると安心。


香港に到着してまっすぐホテルへ向かうことに。
最寄りの駅は「旺角(モンコック/Mongkog)」。
香港の下町になる、らしい。よう知らんけど。
地図通りに進んだら目の前に現れたのがこのビル。


ひーー!思い描いていた香港の安ホテル的佇まい。
すばらしい!これはかなり面白いことになりそう。
ワクワクが止まらない。