投稿

1月, 2012の投稿を表示しています

_trip 十分幸福('11年4月台湾旅)

イメージ
台鐵の福隆(フーロン)駅に戻りまして
また別の場所へ移動するであります!



_diary 待ち遠しすぎる『犀利人妻』続編

イメージ
BS日テレで木曜23時から放送中の
『結婚って幸せですか(原題:犀利人妻)』も
次回ついに最終回。いよいよきた!きてしまった!
なんとなくの結末はすでに知っておりますゆえ
「どうなる瑞凡!?」(俄然こっち寄りのわしです)
的ドキドキはないのですけれども、
ドラマにはすっかりはまり込んでしまったところで
転がり込んで来た続編『犀利人妻最終回:幸福男.不難』
制作記者会見ニュースには「やったね!」な想い。
ほんとに撮影始まってたんやね!


ソニアは俄然、前髪パッツンがかわいいね!
(聯合新聞網さんより)

_trip 東北角 レインボーブリッジを渡る('11年4月台湾旅)

イメージ
続いて向かったのは福隆ビーチにある
レインボーブリッジ。
この橋が台湾観光協会さん的に激推しだったので
どんなものかと思ったら…



レインボー感、あんまないね…。
や、レインボーとは七色ってことじゃなくて
虹のような弧を描いた造形のことを言うてるのか。
側面はこんな感じで古ぼけた雰囲気ですけれども…



この角度から見るととてもきれいなのです。
太鼓橋のように、先端が見えないから
何とはなしに、空に向かってる感覚?
ちなみにオンシーズンには夜になると
ライトアップされてちゃんと七色になるらしい。

ちなみにこの福隆ビーチ、
他のビーチではあまり見かけない特徴がございます。



向かって右がキールン河、砂浜の左側が太平洋、
ここは河口に広がる海水浴場なのでした。
ちょうどこの砂浜が中洲のようになっておるのです。
ゆえに泳ぐ人は淡水域、海水域、どちらも楽しめると。
私なら俄然、淡水域に行きますけれどもね。





私たちが行ったときはちょうど、間もなく開催される
国際サンドアートフェスティバルの準備まっただ中。
着々と砂による建造物が出来上がっておりました。


台湾って南国の割に、ビーチリゾートたるイメージ
ほぼ皆無だったから、こういうところに行くと
ああ、そう言えばそういう楽しみ方もあるよねと
思い出させてくれるね。
沖縄より南にあるけど、いわゆる沖縄のような
どこまでも続くエメラルドブルーの海、ではありません。
我がふるさと、和歌山の海と印象的には変わらない感じ。

この日は天気があまり良くなくて
なんなら途中で小雨がぱらついたり撮影も大変。
ただ海は特に荒れることなくどこまでも静かで
海水浴客で賑わう夏を静かに待っているようでした。


つづく!

(台湾旅一つ前の記事はこちら

_exhibition 『オモチカエリ写真展』台湾編

日曜、京都に出かける用事があったので
山本シエン『オモチカエリ写真展 台湾編』
@ノンブルアンペール京都店
を覗いてきました。

台湾各地でオモチカエリしてきた1シーンの写真と
台湾でオモチカエリしてきた雑貨、そして音楽。

写真はね、正直なところね、
「ああ、やっぱりこんな感じかあ」。
作家さんは男性らしかったので
今まで山ほど観てきた台湾の写真とは
また違う角度のものが見られるかなと思ったけど
どれもどこかで観たことのある感じがして
ステキ!と思うものは見つけられなんだ。
プロの写真家さんの特別な視点みたいなものが。
雑貨も、台湾茶、花布やそれをモチーフにしたもの、
阿の石けんやエッセンシャルオイル、
お札のメモ帳…やっぱり日本人がぴんとくるのって
これしかないのかもしれないなあ。
この先になかなか進まない…。

そうそう!
台湾のアーティストのCDも販売されておりましたよ。
台湾音楽好きにはおなじみの盧廣仲、嚴爵、旺褔、Waa、
あとは這位太太、棉花糖、宇宙人、女孩與機器人など。
(Nylasは知らなかったので今度CD買ってみよう。)

店内でもBGMとして流れているし
気になる人は聴いてみてみてみて!

こちらが最後の巡回会場のようです。2月5日まで!

ところで、先に挙げたアーティストのいろんな曲を
林さんがセレクトしたオリジナルコンピCDも
販売されていたのだけれど
これ、単なる素人の疑問としてなのですけれど
もちろん全部許可を得てるってことなのだよね?
結構たくさんのアーティストの曲が入ってたから
全部得たなら大変だったろうなあと思って。
もしくはこういうのは許可いらんとか?
(否定とかではなくて純粋に感じた疑問なのでした。)

_mv  大张伟「大摇大摆迎春来」

イメージ
1月4日に発表された大張偉の春節曲
「大摇大摆迎春来」のMVが公開されました。
よいしょ!よいしょ!よいしょー!

北京・三里屯などで踊っているところの
目撃情報が出ていましたけれども
この分だったのだね!





凤凰网さんより)

中国のお正月っぽさ全開のめでたソング、
1月23日の春節に向けて歌って踊ろう!



恭喜恭喜幸福的门儿开♪

_trip 東北角 旧草嶺トンネルサイクリング('11年4月台湾旅)

イメージ
3日目。

台北から車に乗って東北角を目指しました。
心配していた天気もとりあえず大丈夫そう。
まず行ったのは福隆(フーロン/Fulong)。



_trip 中山、好きねん('11年4月台湾旅)

イメージ
日月潭から車酔いしながら高鐵台中駅へ向かい
新幹線に乗って一路台北へ、
その足でやってきたのは中山エリア。
MRT中山駅〜雙連駅あたり。

まず日子咖啡に立ち寄りました。
2月にオープンしたばかり。



_trip 日月潭、水の旅空の旅先住民の旅('11年4月台湾旅)

イメージ
日月潭の楽しみ方はいろいろ。
自転車を借りて湖畔をサイクリングするも良し、
遊覧船に乗って向こう岸に渡るも良し、
それからゴンドラに乗って山の向こうへ行くも良し。

サイクリングは別の場所でする予定があるので
船&ロープウェイを体験することにしました。



_trip 日月潭はつとめて('11年4月台湾旅)

イメージ
2日目。

4時起き、4時半集合の予定が
日の出の時間がもう少し遅いということで
5時から撮影開始。
(でもその連絡が4時半に来たから多めに寝られず。)

とりあえず最上階のロビーから
オープンエアスペースの方に出てみました。



_trip 湖畔メシ('11年4月台湾旅)

イメージ
晩ごはんは湖畔にあるレストラン、明湖老餐廳で。
基本的には日月潭で獲れた淡水魚やエビが中心。
もしくはジビエ。野趣あふれる地元ごはんです。

七菜一湯コース2,500NT$。
(一番上から時計回りに)
奇力魚(チーリーヴィ)…日月潭名物の淡水魚のフライ
鹿肉煲…鹿肉土鍋
白斬土雞…ゆで(?)地鶏
招牌豬腳…豚足の煮付け。「招牌」は看板メニューの意味、多分
炒青菜…青菜(何かな?)と椎茸の炒め物。椎茸も名物らしい
總統魚…別名曲腰魚(ツィーヤゥーヴィ)、骨が多くて大変
潭蝦…サワエビの揚げ物、身はほとんどなくて食感を楽しむ
ただしヒゲが結構長くて口に刺さるのが痛い
(テーブル中央)
刺五加湯…エゾウコギと地鶏のスープ、栄養満点らしい

水果…フルーツ
白飯…ごはん

あと、メニュー表には海參鮑菇(ナマコとアワビダケ)が
あると書いてあったけど、写真がなくて記憶にもない。

つづく!

(台湾旅一つ前の記事はこちら

_trip ザ・ラルー、それはあこがれのホテル('11年4月台湾旅)

イメージ
日月潭に到着した頃には日も暮れてかけていて
そのままホテルに向かいました。
宿泊先はThe Lalu 涵碧樓
私はこのホテルのことは全然知らなかったのですが、
以前とあるビンゴ大会でこのホテルの宿泊券が
賞品として登場した時、場内にいた女子の湧き方が
尋常じゃなかった=めちゃ女子受けするステキさに違いない、
ということで名前だけは完全にインプットしておりました。
そりゃ、テンションも上がるというものです。
ビバ仕事、いつもの一人旅では絶対泊まれないでしょう。



_diary 『一万年愛してる(愛你一萬年)』日本公開

イメージ
ヴィック主演の台湾映画『一万年愛してる』
オーディトリウム渋谷で上映開始されました。
東京ででもたった1週間弱…。
大阪には今のところ来なさそうです。
私は幸運にも(?)去年のインド旅で乗った
シンガポール航空機内の映像プログラムで
中国語版だけど作品を観ることができているので、
なんとなく、ま、しゃーないかなとは…思います。でもヴィックの主演作だし、
日本の主要都市ぐらいは回ってくれるかなと思っていました。
できるなら日本語字幕版でもう一回観たかったな。
(ただ、観れないなら観れないでまあいいか、
という思いがあるのもまた事実。)



ちなみに当時、殴り書き的に書いた感想はコチラ
ネタバレを含みますのでご注意を。

_trip 向かうは日月潭('11年4月台湾旅)

イメージ
2年ぶりに仕事で台湾に行けることになりました。
なんとありがたいことでしょうか、本当に。

今回のテーマはリラックス。
行き先は台北、東北角、そして日月潭の三カ所。
日月潭は去年5月に行って以来2度目、
(まさかこんな短スパンでまた機会があるとは!)
東北角は初めて。や、去年8月にパラグライダーを
やったのはもしかして東北角だったのかもしれないけれど。



_trip 海安喫茶室('11年2月香港旅)

イメージ
最終日。


旅の初日に行ったのにすでに営業時間が過ぎていた
喫茶室に再びリベンジすることにしました。
香港好きには超おなじみですよねここもきっと。
上環にある海安喫茶室です。
MTR上環駅から歩くも良し、
でも少しだけ距離があるのでトラムに乗るも良し。
降りる駅名を忘れてしまいしたが、ちょうど店の前を
レールが走っているので外を見ながら通り過ぎた時点で
次の駅から歩いて戻ったとしても距離は知れています。



肝心の店前に搬入のトラックが止まっていて
看板しか見えておりませんけれども
この風情だけでもわくわくしてきます。

_music 大張偉『大摇大摆迎春来』

イメージ
あけまして1月4日でございます。
我らが老大こと大張偉が本日、
あけおめシングルとでも言いましょうか、
賀歳EP『大摇大摆迎春来』を発表しましたよ。
恭喜恭喜幸福的门儿开! 恭喜恭喜发大财!



_trip ミッキーとバースデーパーティーを('11年2月香港旅)

イメージ
たぶんディズニーファンの方はご存知なのでしょう。
香港ディズニーランドホテルで繰り広げられている
素晴らしいディナー&パーティのことを。
迪士尼朋友自助睌餐(Disney Charactors Dinner Buffet)。
香港ディズニーランドホテルの中にある
エンチャンテッドガーデンというレストランで
ディズニーのキャラクターと一緒に晩ごはんを
食べられる、というもの。
しかも誕生日ケーキをあらかじめ予約しておけば
キャラクターが一緒にお祝いしてくれるっぽい!?
この日は2月20日、私の誕生日は2月24日。
そして現地の友人Sakuraの誕生日も3月9日。
せっかく香港にいるし、お祝いしてもらうことにしたのです。
日本に帰った後、
「ミッキーにお祝いしてもらった」と言いたいがために。



_trip アートさんぽ、的なこと('11年2月香港旅)

イメージ
3日目。
午後から地元の友人、Sakuraとアートさんぽ。

待ち合わせは沙田駅。

余談書いてもいいですか。
(常に余談だらけで今さら何をという感じだけれども。)
1日目、2日目と常に遅刻だったSakuraに冗談っぽく
「明日は遅刻しないでね」と言ったのを
かなり気にしてくれていたみたいで
今日もまた5分遅れてしまうということを私に伝えるのに
出先からわざわざ友達に電話して、その友達が
私の携帯にメールをしてくれて…申し訳なさ過ぎ。
しかもそんな日に限って私が15分も遅刻して
Sakuraに猛烈に心配をかけてしまい…。
本当に幼気で真面目な子を翻弄してしまいました。
おばはん、反省しています。



_trip ランタンナイト('11年2月香港旅)

イメージ
Facebookで花蜜(花兒樂隊ファン)つながりとして
知り合いになった香港人の女の子、Vivianと初対面。
彼氏の明(ming)さんも一緒に。
場所は港城港威商場(Harbor City)にある
廣東茶居(Canton Deli、港城港威商場3F3303號)という広東料理店。



_trip べたなたべあるき('11年2月香港旅)

イメージ
ホテルのある旺角(Mongkok)から
友人と晩ごはんを一緒に食べる約束をしている
港城港威市場(Harbor City)まで散歩など。

男人街を抜けているとわりと強めの雨が降ってきて
雨宿りがてら入ったのは亀ゼリーの店。
香港各地に支店のある有名店、になるんかな。



_diary 江蘇衛視2012跨年演唱会

イメージ
新年快樂!
明けましておめでとうございます。
本年も何卒よろしくお願いします。

2012年一発目の記事は…やっぱり大張偉。