投稿

3月, 2012の投稿を表示しています

_trip 青葉餃子館で餃子よりもマダムに夢中('11年6月台湾旅)

イメージ
初めて台湾に来たときに泊まったのが
晴光市場近くのホテルでした。
(と書けばピンと来る人いっぱいおるのだろうな。)
到着したのが23時過ぎでマクドも閉店、
でも腹減ったという私と友人を癒やしてくれたのが
(もうほとんどの店が閉まりかけの)晴光市場でした。
そんなこともあり、晴光市場は私のなかで
少し特別な印象、初めて触れた台湾文化、的な。

という全く関係ない前振りを踏まえまして。
晴光市場の近くにある有名な餃子食堂。
餃子が好きなのでね、前から行ってみたいと
思っていたお店が常青餃子館でした。



お邪魔したのはランチのラストオーダーギリギリの時間。
飲食店の取材というと日本ならアイドルタイムが普通。
でも台湾の場合、特にカフェやレストランじゃない場合は
普通に大混雑の営業中に伺うこともままありまして。
(時間の融通が効かない外国人ゆえ特別かもしれない。)
この日もお店はお客さんで一杯だったのですけれど
入口付近の丸いテーブル席をキープすることができました。

もうわしら、すでに食って食って食って食って結構腹いっぱいの状態。
で、撮影用の料理は、もちろん完食が基本。
もう名物の焼き餃子(鍋貼)だけにしとこかな…
などと一時は弱気な気持ちになっておりましたが…



やっぱり頼んでしまいました、一式。
どこか、こういう「みんなが食べたそうな料理」を
ずらっと見せるところ、必要だものね(って誰に?)。

店の奥にあるかまどの火に鉄鍋(フライパン?)を乗せ、
一面に並べて焼いた名物の鍋貼は20個NT$280。
ここの鍋貼は皮が厚め。
一般的に、水餃子の方が皮が厚いイメージだけれども
こちらのは食感を生かすために
焼き餃子の方を特に厚めにしてるらしい。
すごい火力で焼いてそうやからこれぐらいの方が
外パリ中モッチリの皮が実現できるのかもしれません。
ゆえにものすごい食べ応え。日本ではあまりお目にかからない厚皮焼き餃子。


水餃子(豬)は10個NT$90。
(鍋貼は20個単位ですが水餃は10個から注文できます。)
もっちり系の皮のベーシックな水餃子。

酸辣湯(小)NT$70(酸と辣のバランスがわし好み)、
炒青菜(夏は空心菜、冬はホウレンソウ)NT$100。
ややー、いかにも日本人が大好きなチョイスです。
完全にお前の好きなものやんけという感じですけれど、
でも老闆娘におすすめメ…

_diary 大阪アジアン映画祭ポスター展

イメージ
偶然、梅田イーマ館内を通り過ぎようとしたら
見たことのある顔を発見。
およよ、エディ・ポンやんか。



何か新作映画でも公開されるのかなと思ったら
まもなく開催の『大阪アジアン映画祭』の
関連イベントのポスター展なのでした。
『セデック・バレ』のポスターも見つけた。



そっか、そういうイベントもあるのだなと
公式パンフレットをチェックしましたらば
大阪市役所玄関ホールでも開催中とのこと。



おしゃれさの欠片もないパネル展示ですけれど
イーマよりもたくさんのポスターがありましたよ。
『LOVE』以外にも『星空』、『熊熊愛上你』も。

ちなみに会場では予告編の上映もされております。
映画祭行く前の予習にちょうどいいね。
もしくはまだ観に行くやつを決めかねている人向け。
私が通り掛かったときはちょうど
『セデック・バレ』のが流れてきて、
もう台湾で何度も見たはずだのに(予告編だけね)
また見てぞわっと鳥肌立つ、と。
イーマ会場にもモニターを置いてあったので
たぶん流れてるんだと思います。
私が行ったときはストップしておりましたが。



それにしても大阪市役所って初めて入ったな。
区役所は行く機会あっても市役所には用事がない。
レトロモダン“風”の建物。あくまで“風”であって
実際は全然古くない、というやつ。

_trip ART YARD 小藝埕('11年6月台湾旅)

イメージ
迪化街で気になっていた場所がありまして
それはワトソンズの古そうで、でも実は古くない
建物の中にある小藝埕という空間。

1Fは型押し作家ユニット、In Bloomの
アトリエショップと、HAKKA BLUEなどの
陶器や生活の道具をセレクトしたショップ。

2Fはカフェとなっております。



店の名前は爐鍋咖啡(Luguo Cafe)。
オーナーさんはヒゲ坊主の一見強面、
でも笑顔がかわいくて親切な男子。
ここでは日本ではもはやどこでも置いてしまってる
(世界の全コーヒーの3%ぐらいしかないって
言うてんのになんでこんなにあちこちにあるの? な)
スペシャルティコーヒーが飲めます。

ここの場合、飲み方がちょっと変わっていて
いわゆる「工夫茶形式」でサーブしてくれるのです。
コーヒーの入ったポットと一緒に出されるのは
縦長の小さなコップ(=聞香杯)と
持ち手付きのデミコップ(=茶杯)。
まず縦長のコップにコーヒーをそそいで香りを楽しみ、
それからデミコップに移し替えて味を楽しむ。
もう本当にちょびっとずつ。
日本の喫茶店みたいにおっさんがコーヒー頼んで
がぶっと飲んでさっさと出ていく、
みたいなことはできません。

わしはコーヒー飲めませんので
コーヒー類はいつもほかのスタッフさんに
押しつけてすべて飲んでいただくのですけれども
カメラマンTさん曰く「おいしい」と。
ちなみに、友人のカフェ店主も
ここのコーヒーはおいしいと言うてはりました。
(他はあんまりだけど、という意味合いを含みつつの)

ニコニコしながらオーナー曰く
最近はこの工夫式サービスが
他店でもパクられ始めてるとのこと。
いやいや、笑いごとちゃうから。

ちなみに淡水にもお店がありまして、
一号店はそっちだったりします。



もうコーヒー飲めないのが歯がゆい。毎度毎度。
あ、それは体質ゆえです。体質ゆえですので、
「うちのはコーヒー苦手でも飲めるはず」と
強要しないでー!

つづく!

(台湾旅一つ前の記事はこちら

_trip 台湾飯好きってほどじゃない私が好きな食べ物('11年6月台湾旅)

イメージ
台湾観光の魅力はグルメだということは
もちろん存じ上げておりますけれども
少なくとも私が台湾へ行く理由の中に
飯はそんなに多くは占めていなくて
どちらかというと、そんなにハマってない。
(ああ、ごめん!でも確実に慣れてはいってる!)
でもその中でも好きな食べ物もちゃんとありまして それが米苔目(ミータイムー)ですよという話です。


こちら、迪化街にある老舗の米苔目店。
京都とかだと100年以上やってないと
老舗と書いてはいけませんと言われますが
台湾においては50年以上やっていれば
十分老舗という位置づけになるらしいよ。



店先のでっかい鍋で作られておりますのが
米苔目(左の鍋ですよ)。
ちなみに米苔目は米でできた麺。
ところてんを押し出す器具みたいなのに
原料を入れてお湯の中に入れて麺にします。
それをさらに豚のスープに入れて
軽く煮込んで出来上がり、という代物。



一本の麺がめーーーーーっちゃ長いので
お椀にささっとすくいながら
お玉で麺を程良くカット。
この鍋自体のしずる感が半端じゃないのですよ。
揚げネギとニラもたっぷりと入れてくれます。



できたー。米苔目、NT$20なり!
日本円にして50円ちょい。安い、そして旨い。
豚のスープはすごくあっさりで
麺はコシがあんまりなくて米麺らしくちゅるちゅる。
感覚としてはうどんみたいな感じ、駅うどん的な。
大好きな味で一瞬で食べきってしまうのです。


スープは豚肉を塊でゆでてつくるので
ゆで豚のあらゆる部位も食べられます。
嘴邊肉(ほほ肉)が個人的には好み。
台湾と言えばの定番しょう油ダレか
ピンク色のピリ辛ダレ(潰した米と唐辛子らしい)で。


ちなみに本日、ごはん取材が驚異の13軒!
(日本ではあり得ません…。)
ここで余計なもの食べたらあとあと死ぬと
分かっていながら色々食べてしまいました。
で、結果、大変なことになります、4時間後。

つづく!

(台湾旅一つ前の記事はこちら

_trip 通化街夜市へ('11年6月台湾旅)

イメージ
(※ブログに書く順番が前後しております)

一日目の最後に通化街夜市に行きました。
東區の繁華街からそれなりに近くて
それなりに賑わっているところ、ということで。



最初に訪れたのは夜市の入口にある紅花大香腸。
なんでここに行ったんだったっけな?
ある老闆に通化街夜市行くけどどこおいしい?て
尋ねたらここを教えてくれたから、だったような。



香腸の名のとおり、焼きソーセージの店。
通りの真ん中にある、屋根のない移動式の屋台で
長いコック帽+白衣のシェフ風のおっちゃんが
せっせとソーセージを焼いておるのです。
ノーマルにソーセージだけ食べるも良し、
具材を挟んで食べるも良し。
具材は上の写真の通り、
辛い系から辛くない系(甘い系も!!!!)まで多種多様。
巧克力(チョコレート)とかどうなってんねん!?
味の想像がつかない…。
わしは安パイ、ネギを選びました。確かに旨し。NT$40。
(てかもはや飯系4軒目で色々麻痺し始めてましたが。)

続いて訪れたのは石家割包。



割包とは中華風のハンバーガーという感じなんかな。
このお店自体はここ以外にもいくつかあるよね?



選んだ綜合割包(全部入れ)はNT$45。
パンみたいなもっちり包子に
赤身と脂身2種類の豚肉と
ピーナッツバウダー、ザーサイ、そしてパクチー。
パンに濃厚な具材がバランス良くて旨い。
パクチーがたっぷりだったらもっと旨いだろうな。

あといくつかお店に行ったけど
写真に残ってるのはここだけ。
もう初日から胃が爆発しそうな状態で
この日の少しスケジュール押し気味で終了。

ああやばい!急いでホテルに帰らねば!



むふふふふ。
これを観たかったのですよ。
大好きな溫昇豪がゲストのトーク番組。
ちょうどこの日に出るというのを知ったので
観られたらいいなあと思っておりました。
ゆえに、台北着いてホテルにチェックインして
部屋でまっさきにチェックしたのが東風衛視が
写るかどうかということでした。
ホテルは西華飯店(めちゃ良いホテル)だったのですが
こういうホテルの場合、チャンネル数が少ない!
映ってくれて良かった〜!

ホテルに帰って来たら
すでにちょっと始まってたのですけれども
風呂も入らずテレビにかじりついて
にやにやしながら観ておりました。
それだけでなんだか疲れが吹き飛ぶ勢いでございます。
ミーハー女は単純構造。

つづく!