投稿

11月, 2012の投稿を表示しています

_trip 杭州〜武義バックパック旅 龍井茶を求めて('12年10月中国旅)

イメージ
朝食後、杭州駅へ武義に向かう列車の切符を買いに行って
それからバスで西湖見物にでも行こうかとバス停で並んでたら
近くにいたおばちゃんが話しかけてきてくれました。
日本から来た、これから西湖に行く、
そんなよもやま話をしていたら
おばちゃん曰く「西湖なんておもしろくないから
龍井村に行きなさい」とのこと。
龍井村は言わずと知れた龍井茶の産地。
西湖の周辺にも龍井茶が楽しめる茶館や茶葉店はあるけど
おばちゃんは「絶対に龍井村の農民茶を買わなきゃダメ!」。
高級な獅峰龍井茶も農家で直接買えばかなり安く買えるらしい。
獅峰龍井茶と言えば中国十大銘茶のひとつですよ。
「お父さんお母さんに買ってあげなさい」と。
行き方を聞いたら、バスで新新飯店というバス停まで行き、
そこから龍井行きのK27路バスに乗り換えて20分ほどとのこと。
どっちみち夜までの過ごし方を決めてなかったし
おばちゃんに言われるがままに龍井村を目指すことにしました。
バスを待つ間、
「絶対に茶葉は農家で買いなさい」
「お父さんお母さんに買っていてあげなさい」
と何度言われたことか。もうわかった、わかったから!

もう少し先まで行くおばちゃんとは
新新飯店のバス停のところでお別れして
言われたとおり、K27路のバスを待つことに。
さすればそこにいた別のおばちゃんがまた話しかけてくれた。
龍井に行くことを伝えたら、ここでK27路を待ちなさいとのこと。
西湖がすぐそこなので、待っている間ちょっと見にと思ったら
「西湖なんておもしろくないよ。きれいじゃない。
ここでバスを待ちなさい」と我らを制止して行かせてくれない。
なぜここらへんのおばちゃんは西湖をそんなに嫌うのか謎。
しかもこのおばちゃんもまた
「絶対に茶葉は農家で買いなさい」
「お父さんお母さんに買っていてあげなさい」
と繰り返すのです。
なんだなんだ、これはなにかの罠なのか?
こういうふうに言えって教育されているのか?



もうすっかり季節は秋ですね。
プラタナスの大きな落ち葉がとてもきれい。



左がくだんのおばちゃん。
「私は写真が好きじゃない」といって
顔を向けてくれませんでした。



終点の一つ前の龍井茶室バス停で下車。
おばちゃんも一緒に降りて、
こっちこっちとわれらを導いてくれます。
土曜日なので近隣の観光客の車がいっぱい。
道ばたにはすてきそうな茶館…

_trip 杭州〜武義バックパック旅 荷方国際青年旅舎('12年10月中国旅)

イメージ
杭州で宿泊した荷方国際青年旅舎のことも少々。

荷方国際青年旅舎を予約するにあたっては
宿泊料金を先払いする必要がありまして
クレジットカードを持たないわしは
いつもそういう場合どうにもできないのですけれど
今回は現在上海在住のずんこの、現地の同僚が
淘宝で予約&入金してくれたのでした。
淘宝というのは中国版Amazon+ヤフオク的
ショッピングモールサイトです。

标准间(ツインルーム) 1泊238元

北京でも上海でもだいたい200元ぐらいで
泊まれるところがいくつもあるので
ここは少し高め。観光地だからかしらね。
古い建物をリノベーションしたステキな内装。
室内にトイレ&シャワー室(バスタオル付き)があり
シャワーのお湯の出具合も良し(これめちゃ大事)。
ベッドの硬さも良い感じ。
ただし壁や床が薄いのか、音漏れが激しくて、
階下でギターをかき鳴らしてるのがめっちゃ響いてくる。
一緒に歌ってる声も聞こえてくる。
深夜になればさすがに止むので寝るのには支障なしかな。





旅先でもNo Mac, No Life...
病気ですね、これは。
この時は狂ったようにキスマイの動画を観てました。
友人がお化粧などの準備をしている間、
ノーメイクなわしは暇ですのでね。



共有スペースはこのような雰囲気。
ユースホステルにおいてビリヤード台はマストなのでしょうか。
ちなみに深夜にはこの隣りに簡易ベッドを置いて
スタッフが仮眠を取っておりますので驚かれませぬやう。



看板猫のシャム。猫大好きな友人ずんこですけれども
常に愛情が一方通行。かまってもかまっても猫サイドは無視。
たまに見ていて切なくなることがあります。



チェックアウト後に発見した中庭。
10月は気候がいいので外でお茶するのもいいね。



外観。ほーらほら、ステキでしょう。
ちょっと高いけどロケーションも含めて
ここは本当にオススメです。
人気のホステルっぽいので予約はお早めに。

つづく

(一つ前の日記はこちら

_trip 杭州〜武義バックパック旅 好きすぎた咖啡尚(SHINE)('12年10月中国旅)

イメージ
杭州では荷方国際青年旅舎というユースホステルに
宿泊していたのですけれども
そのお隣(というか中でくっついている)にある
咖啡尚(CAFE SHINE)がすっごく居心地が良くてですね。
外観も昔からあるような古い建物をリノベして
使っているような雰囲気で
ロケーションも河坊街からちょっと入っただけで
すっごく静かででもほど良く人通りがある感じも◎。
中もゆったりとテーブルとイスが配されております。
2Fの窓辺には大きなソファの席がありまして
2日間、われらの指定席状態なのでございました。
夕食後に初めて訪れて
小腹が空いたらから再び河坊街へ出て
1時間ほどぶらついたあと、また行った。
翌日朝食を食べにまた行って、夕方出発前にまた行って。
もう何回来るねんと店の人にも思われる勢いで。
しかも1回行ったら2時間は居座るという有り様。
でもそのくらい、本当に居心地が良かったのですよ。
なんでっていう理由が説明しづらいのですけれど
そういう雰囲気ってなんか、あるやん?



ソファが3シーターサイズで広々。
ゆえについつい足を延ばして座ってしまうのです。
(お行儀が悪くて本当にすみません。)

もっぱら飲んでいたのは丝袜奶茶(H.K.Milk Tea)25元。
丝袜はストッキングという意味らしいけど
味は普通にミルクティーです。 甘さもちょうど良い。
ミルクが絹のように細かい的な意味なんかな。
H.K.もなんの略か不明。少なくとも「香港」ではなさそう。
鴛鴦奶茶(コーヒーとミルクティーが混ざった香港の飲み物)も
別にメニューとしてあったしね。



テーブルが広いというのも大事なことです。
旅日記を書いたり、
そこに貼るレシートやらの紙類を広げたりしたいから。



これは1F部分。风筝(中国の凧)の絵がかわいいね。
つねにユースホステルの宿泊客と思われる外国人が
だれかしらおりました。ってわしらも外国人ですが。



朝の風景。
この路地は全体的に建物が古いので景色が抜群。
お向かいは漢方薬局。このあたりはこのような
漢方店が多く見つかりました。有名なんかしら。



奄列(Omelette オムレツ)22元、
吐司(toast トースト)6元。
同行のずんこは美式早餐(American Breakfast)32元。
朝から激しく贅沢してしまっております。外で小吃食っとけば安くあがるものを…

_trip 杭州〜武義バックパック旅 河坊街で屋台狂い('12年10月中国旅)

イメージ
宿にチェックイン後、お腹もぺこぺこだったので
夕食を食べに出掛けました。
宿から目と鼻の先にある河坊街はお土産店や小吃店、
いろんな屋台がずらりと並ぶ通りで
金曜日の夜とあって観光客で大賑わい。
何を食べようかと物色していたところ
特に人がひしめき合っていた小さな通りを発見。
細い路地の中央にテーブルが設置され、その両側に
ずらりといろんな小吃屋台が並んでおりました。
テーブルに座れなかった人たちが溢れて立ち食いしていて
串とか焼き飯的なものとか、あとは大量に串刺しされた蟹とか!
その様子に吸い寄せられるように我らもその路地へ。

とにかく大混雑すぎてのんびり写真を撮ってる余裕なく
とりあえず自分たちが買ったものを値段の記録がてら
適当に撮影していたのを貼り付けておきます。



土豆飯5元。
ジャガイモ入りのおこわ。
せいろからはずした状態で渡されます。



西湖肉燕5元。
ビジュアルが旨そうすぎるでしょう。具材たっぷりのワンタン的な。肝心の具はなにか不明。



串!
烤牛肉、烤鸡胗、共に3本10元。
ぐちゃっとまとめて渡されたので
「どっちが牛でどっちが鶏?」と尋ねたら
「赤いのが牛で白いのが鶏」とのこと。
しかしその差はほぼなかったような…。
食感もかなり淡泊な部位で牛も鶏も大差なし。
(残念なバカ舌で申し訳ないわねまったく。)
味はクミンが利いててめちゃ旨い。旨い。旨い。


やたらみんな食べてた串刺し蟹!
食べてる人の周辺、蟹の殻だらけ。
われらもこれを食べようとこの路地に潜入したのに
ここまでたどり着く段階ですでにお腹いっぱいに。
どんな味なのかが気になる…。



ここらでいっぱつ甘いもの投入。
干果水果羹5元。
シロップ多めの飲むフルーツポンチという感じ。



路地のテーブルで大人気だったこれ。
蟹!上海蟹ではないみたいだけれども
それに近しいもののようです。
(上海蟹は陽澄湖(&無錫太湖)で獲れるものだけを
上海蟹(中国語では大閘蟹)と呼ぶそうです。)
今が旬だそうですのできっとおいしいのだろうな。
でもなにせ腹一杯で…調子に乗って串食べ過ぎました。
(おいしすぎて直後にもう一回同じだけ食べてまして。)

美食にとんと疎いわしなので
台湾とかに行ってもご飯は完全に人任せ、
一人の時はろくなものを食べなかったりしますのに
今回ばかりはなんでか知らんが食べたいものだらけで

_trip 杭州〜武義バックパック旅 西湖へ…そして反日('12年10月中国旅)

イメージ
台湾旅日記(しかも去年の秋の)の途中ではございますが
一旦中断しまして先日出かけた中国旅の記録を挟みます。
旅に出かけるごとに毎回書いている旅日記が
ほぼ書けなかったということもあり
記憶のあるうちにブログで書き残しておきたいためです。
台湾旅はまた改めて再開するといたしまして
しばし中国旅日記でお付き合いください。
ってわし誰に言うてんのかしらこれ。



上海に上陸後、友人が仕事で忙しい最初の2日間は
ひとりぶらぶら美術館めぐりなど適当に過ごしておりまして
3日目の午後に合流、バックパックを背負って小旅に出かけました。
3年前の約束では九寨沟に行くことになっておりましたが
お互いに超貧乏、さらに互いに長期で休めない
(列車&バス乗り継ぎで行って観光するなら最低6日は必要)、
んでもって折からの大陸における反日の波により
今地方に行くのはわりと危険かもという判断。

ということで上海から2泊で行ける近場旅へ。

まず最初に目指すは杭州。
中国では「天有天堂、地有蘇杭(天に極楽あり、地に蘇州杭州あり)」
という言葉があるほど、蘇州杭州は極楽に比類する美しさとのこと。

上海から杭州は動力車(新幹線)を使えば約1時間半、
でもお金を節約したい我らは列車にて移動です。
所要時間は列車にもよるけれど約2時間半〜3時間。

ちなみに中国では列車のチケットを取るのがとても大変。
行き先や日程によってはチケットがあっという間に完売。
ゆえに時間が決まったらとっとと取っておくのが得策。
今回も仕事がいそがしい現地在住の友人に代わって
わしが到着したその日に上海南駅へと出向きました。
自助售票机(自動券売機)もありましたけれども
IDカード(中国人民の証)がないと買えないとのことで
改めて有人の窓口に行って、間違えないように日時や
行き先、席種を書いた紙とパスポートを出したところ
「もう一人分のパスポートは?」と。
ちょっとちょっとご存知でした? 切符2枚ほしくば
2人分のパスポートが必要なのですって!
いつから? いつからよ? そのシステム。
3年間は現地の友達に頼んで普通に買ってもらえたのに?
当時まだ会ったこともなかった香港の友人分まで一緒に買えたのに?
そんなわけで翌日友人のパスポートを預かって
再度買いに行く羽目になりましたゆえ、皆様はお気をつけて。


さておき、出発時間ギ…