投稿

3月, 2013の投稿を表示しています

_diary 大張偉の気遣いに泣く

イメージ
忘れもしません、2009年11月14日。
花儿楽隊の最初で最後のコンサートが行われた日です。
私も北京までそれを観に行っておりまして(レポはコチラ
その時に日本からお土産として
メンバー3人分の手ぬぐいを携えて行っており
当日はどこにも預けることができなかったので
代わりにファン友達に託したら
なぜかあるトーク番組の収録中に渡してくれたみたいで…
ってな記事をアップしたのが2009年11月25日(コチラ)。

この番組がいつ放送されたのか
まったく分からずだったのだけれど
久しぶりにQQ(中国のチャットアプリ)を立ち上げたら
件のファン友達もちょうどオンラインになっておりまして
久しぶりにチャットなどしましたところ
「見せたいビデオファイルがあるんだよ」と
送ってくれたのがこちらの動画。



こ、こ、これは…!!!
私がずっと探していたあのトーク番組!
友達が渡してくれているシーンはカットされている
(そもそも放送されてない?)けれど
すでに大張偉の首には私が贈った
手ぬぐいが巻かれているではないですか!!

動画では解散時の心境などを語っていて
途中からおもむろにMCの男子が
「始まった時にはそんなにたくさん
てぬぐい巻いてなかったよね?どうしたの?」
と振ってくれた。
そしたら大張偉が
「これは日本のファンが贈ってくれた3枚のハターだよ」と。
ハターって?と調べるとチベット族やモンゴル族が
祝賀や敬意のしるしに人に送る帯状の布のことらしい。
ま、これはいわゆる大張偉のボケなんですけれど。
「すごくうれしい。
(―このあとニュアンスでしか意味分からず―)
でも僕はちゃんと巻くよ。
彼女(わし)にちょっと見せてあげるために
日本のファンもこの番組を見ているかもしれないから」
みたいな。

自分が贈ったプレゼントを使ってくれているのを
見られるだけでもとってもうれしいのに
遠くにいるその子が見てるかもしれないからと
わざわざ分かりやすくテレビを通して見せてくれる、
それだけでもう感激すぎて涙が止まらなくなりました。
「日本のファン」のときにカメラ目線までくれて
本当に本当に本当に本当に本当に感動して
そりゃ泣くって。うわーんと声を出して泣いたわ。
(ちょっと近ごろ精神的に不安定なこともあり^^)

「日本のファン」っていう珍しい存在ゆえ
ここまでしてくれたっていう…

_trip 機上で映画『與時尚同居』('12年5月台湾旅)

イメージ
1週間の台湾旅。
まずはまだ台湾にも到着していない、
飛行機の上で見た映画の感想をメモ替わりに。

個人的にチャイナエアラインが大好きでして
エバーよりもチャイナ派でございます。
色々理由はありますけれど
機内エンタメのラインアップが素晴らしすぎるのです。
映画がね、いつも観たいやつが数本あるのです。
台北までたった3時間ほどの空の旅なので
観られたとしても1本強。何を観るか毎回悩ましい。

この日のラインアップは…
『那些年,我們一起追的女孩』(言わずもがなの話題作)
『電哪tuo』(藍正龍主演)
 『戀愛恐慌症』(林依晨&陳柏霖主演)
『星空』
『夏日樂悠悠』(彭于晏主演)
『與時尚同居』(ヴィック&徐若瑄主演)
とありまして、選んだのは『與時尚同居』でした。
『那些年,我們一起追的女孩』は
日本語字幕でちゃんと観たかったもので。

ある有名ファッション雑誌の副編集長だったヴィックが
突然解任されて、アシスタントのビビアン、
そして仲間とともに新たなファッション雑誌を立ち上げる物語。
初見だし、言語は中国語だし、字幕も中文と英語だし
細かい部分まで分かっているわけじゃないけれど
ストーリー自体はもはや今なにも観ていない人でも
なんとなく想像がついている、その通りな感じでした。
ヴィックって日本兵の軍医役以降、なんか雰囲気変わったよね。
眉の形? 髪型? 分からないけれど王子感はなくなった。
ビビアンはわしより年上でありながら未だ衰えぬ透明感、
純粋感、なんなのか。演じていたのが
スカート履くぐらいなら死んだ方がましってな女の子
基本的な格好は全身ジャージ(レトロなタイプ)。
このジャージがすっごくかわいい。わしの大好物系。
胸には漢字が2文字、背中には肩あたりに「BEIJING」。
可愛すぎる、欲しすぎる。

これいつ上映された作品だったんやろう。
物語の舞台は北京。だから中国映画?
日本でも上映されてはいないはず。

予告編貼り付けておきます。



つづく