投稿

4月, 2014の投稿を表示しています

_trip 香港の活版印刷アトリエ「字活(Zi Wut)」('13年11月マカオ香港旅)

イメージ
11月17日(日)

ランチのあと、明さんと別れ、
もう一人の友人、Sakuraが合流。
3人で向かったのは字活という活版印刷のアトリエ。

香港旅に出る前にいろいろな情報を物色していて
偶然見つけたのが字活。
どういうところなのかは全く分からないけれど
香港の活版印刷事情を少し覗いてみたくて
FBのページから見に行きたい旨のメッセージを送って
この日の夕方にアポイントメントを取っていた。
VivianもSakuraも一緒に行きたいと言ってくれた。

事前に送ってもらっていた手描きの地図をたよりに
MTR鑽石山駅から徒歩で向かう。
目の前に表れたのは工業団地のようなところ。
指定されたビルを探し出し、
無骨なエレベーターに乗り込んで上階へ。
どきどきしながら扉を開けたら
待っていてくれたのは一人の華奢な女性だった。



写真左が、字活のメンバーの一人、死貓。
メンバーというのは、このアトリエは
彼女以外に何人かの有志で運営しているそうだから。
みんなそれぞれに別の仕事を持っていて
必要に応じてここに来て活動しているらしい。
香港も、日本などと同じように、
活版印刷の工場はどんどん減っているらしい、
というかほとんどないらしい。
それでも活版印刷の良さを見出し、新たな価値を
与えようとしている人たちはどこの国にもいるのだ。
彼女らも日本などの活版工房に出向いたとのこと。



壁一面にに立てかけられた大きな馬棚に
びっちりと詰まった、繁体字の活字。
字体はなんというのかな。
漢字は、特に繁体字は、本当に美しい。





香港で活字を作れるところはごく僅か。
台北にある日星鋳字行や、日本の工房でも
作ってもらっているとのこと。
国によってもちろん字体も違うらしい。
印字したものの右側が台北の日星鋳字行のもの、
左側が香港の達興鋳字公司のもの。



ドイツ・ハイデルベルグ社の自動活版機(単色機)。
わし、もともと印刷会社に務めていたので
ハイデルベルグが印刷機のトップブランドであること
ぐらいは知っている。



ちなみにここにある活版印刷機や活字などは
もともと、今は廃業してしまった、
中国との国境(国境じゃないか、うまい言い方が
分からないけどなんしか境目)
近くにある町の印刷工場から譲り受けたもの。

日本語と違って中国語は漢字以外の表記がないから
無尽蔵の漢字の活字を集めて保持するというのは
並…

_trip JUMBO!!!!!!!!('13年11月マカオ香港旅)

イメージ
11月18日(日)

友人のVivianと一緒にランチをすることになっていた。
「JUMBOに行く」とは聞いていてそれどこかしらと
調べたら香港仔(アバディーン)にある水上レストラン。
香港のガイドブックにも頻繁に登場しているあの、だった。

前日、Kylieたちともその話をしていて
だれもが名前は知ってるけど行ったことはない、
そういう店らしかった。たとえば道頓堀のくいだおれ的な?

中国料理、特に飲茶は大勢で行かないと種類が頼めないから
こういう誘いはとても嬉しくありがたい。
一人では絶対に行かない、行けないであろう場所だから。

銅鑼灣のSOGO前でVIvianと彼氏の明さんと待ち合わせ
そこからバスに乗って香港仔を目指す。
香港島の、銅鑼灣とは反対側にあるから
30分ぐらいはかかるかと思ったら実際は15分ほど。
バスを降りたらJUMBO(珍寶王國)直通の渡し船に乗り換え。



なんか、この昭和な(香港に昭和もくそもないが)
良い意味での、成金っぽい感じというか、に胸躍る。
ボートに乗り込んだらJUMBOに向けて出航。
超高層ビルが立ち並ぶ沿岸を横目に船はぐんぐん進む。










ものの5分ほどで到着。
海上には2軒が横並び、奧側にあるのがJUMBO。
いいねいいね、このけばけばしい感じ。
まさに香港を絵に描いたような、派手なルックス。



店にいるのはほぼほぼ観光客。
位置づけ的には人気の「高級レストラン」になるので
同じ値段を出すならもう少し別の、おいしいところで
と地元の人はなるんだろう。そりゃそうだ。
わしもまさか、ここに自分が来ると思ってなかった。
「香港らしい、思い出になるところ」と
Vivianが外国人のわしを気遣って連れてきてくれた。
実際、Vivianも明さんも初めて来たとのことだった。



1階から2階に向かう階段の踊り場。



やりたなる、こういうこと、やりたなる。
この雰囲気にギャップありすぎるカジュアル女。



わしらが案内されたのは3F。
1Fも2Fもレストランになっているのだけれど
階層ごとに値段が違うのかどうかとか分からない。
到着したらウェイティングリストに名前を書いて、
自分たちの順番が来るのを待つ。この日で20分ほど。
窓際の席ならもっと待たなければいけなさそう。





完全に受け身状態だったので
注文システムがいまいちよく分かっていない。
リストの中からいくつ…

_diary 香港ガールが見たcalo

イメージ
職場の近くにありよく行くブックカフェがある。
本を探しに行くというよりも専ら店主の石川さんが作る
旨すぎるカレーが目当てな、Calo Bookshop & Cafe。

1月に香港からイラストレーターのKylieが来日した際に
こちらに連れて行った。本あり、座るとこあり、飯あり、
そんでもって彼女が大好きなZINEも豊富にあり、で。
私が仕事を終わらせるまでの2時間ほどここに放置してる間に
なんだかんだあって石川さんと仲良しになり、
いたくお気に入りの場所となったようだった。

後日、香港のウィークリーマガジン『Boysize』の
Kylieの連載「Kylie Chan's Weekly Diary」に なんとCaloが見開きまるまるで紹介された。 足繁く通うわしが完全にスルーしているようなもの、 日本人が見れば当たり前のようなものに いちいちスポットライトが当てられていた。
席ごとに配されていた寒さ避けのブランケット、 荷物を床に置かないためのカゴ、 氷が入ったお冷や、 石川さんがなぜか持ってたテレサ・テンのCD、 壁面の食器棚に飾られているかわいいサルの置物 (彼女にとっては実は「恐怖」だったらしい)、 などなど。
特に最初の3点はとっても日本らしくて、 清潔さや細やかな気遣いを感じさせる、んだって。
香港の雑誌に、caloが、 こんなにフィーチャーされてること、 香港人の視点で熱く語られてること、 おなじみの店もまた違って見えてきて面白い。
雑誌はお店に置いてあるので興味がある人は 店主に声を掛ければ見せてもらえると思います。
Calo Bookshop & Cafe →HP

_trip 蘋果賓館(苹果宾馆/Apple Hostel)('13年11月マカオ香港旅)

イメージ
今回香港で泊まった宿。

ご存じ、重慶大廈(チョンキンマンション)内に
無数にある格安宿のなかの一つ。
重慶大廈、一度泊まってみたかったから念願叶った。

出発前から時間的に一軒一軒見て回る余裕がないことは
すでに分かっていたのであらかじめ日本で予約をしていた。
ある程度は清潔、部屋にシャワー&トイレがある、
女子一人でも大丈夫そう(わしの旅レベルまだそない高くないし)、
一泊3000円まで、あとは窓があればいいな、
そんな条件で探しまくって見つけたのが蘋果賓館。



重慶大廈、間口は広くないけど奥に広いよね。



A座、B座と建物がおそらく分かれていて
それごとにエレベーターホールも分かれている。
入口に近い方からA、B、Cと並んでいる様子。

写真を撮ったこのときはびっくりするぐらい
人がいないけど、チェックインした23時ぐらいは
このスペースにものすごい人でごった返していた。
エレベーターホールごとに警備員のおっちゃんがいて
人をさばいてくれるのでそこはまだ安心。
エレベーターは座ごとに2機ずつあるけれど
1機は奇数階、もう1機は偶数階にしか止まらない。
前回泊まった宿が入ってた雑居ビルも同じだった。

パネルにはフロアごとに入居している宿一覧。
B座偶数階だけでもこの数。



エレベーターで10Fに着くとすぐ宿の入口。
このフロアには反対側にもう一つ(か二つ?)宿があった。

1Fから上がるのにエレベーターを使うのに待つのはいいけど
10Fから降りるのにエレベーターに乗るのに待ってる場合は
エレベーターがやっと来ても上階から乗ってきた人たちで
すでに満員になっていて乗れないこともしばしば。
だから、上行きでも自分のフロアでエレベーターが止まって
まだ乗れるスペースがあるならそこでもう乗り込んで
最上階まで行って折り返して降りてくるというのが得策。






部屋はこんな感じ。
ベッドが結構高くて下に空間があるので
そこでスーツケースを広げたりできるので
案外狭さは気にならない。
壁の向こう側にトイレ兼シャワールーム。

ネットで予約して1泊300元。
直接交渉ならもう少し安いのかも。



コインランドリーはないけど
ビルの1FにQuick Quickという洗濯屋があって
午前中に渡しておけば、夜には出来上がっている。
下着とかはもっぱら部屋で洗濯派だけれども
狭いし、空気も循環してないから乾…

_trip 初対面('13年11月マカオ香港旅)

イメージ
11月16日(六)

船酔い寸止めで香港・上環に着岸。
それから急いでMTRに乗り換えて中環駅へ。
そこでこれから会う予定になっている子の
友達という女の子がわざわざ迎えに来てくれて
一緒にOdd One Outというギャラリーに向かった。

予定より1時間半近くも遅れてしまったのに
わざわざ待っていてくれた彼女が、
私がずっと会ってみたかったイラストレーターの
カイリー・チャン(Kylie Chan)。
彼女が英国留学中に作っていたZINEを 仕事の関係で一度目にしたことがあって 手描きのイラストと手書きの文章の迫力が 気になりすぎてそれ以来彼女のブログを 地味〜〜〜〜〜〜にチェックし続けていた。 今回、久々に香港に来るにあたり、 ダメ元でアクセスしてみたら 今日こうやって時間をもらえることになったのだった。 (その辺のことは以前ブログにも書いたね。→コチラ
知らないんだけど知ってる、不思議な感覚。





ここは彼女の仕事先のひとつ。 ギャラリーショップみたいなところなのかな、 絵画やシルクスクリーンの作品が展示されている中、 作家ものの食器や雑貨も置いてある。 そのなかに、カイリーが作ったZINEもあったので購入。 久しぶりにその実物に出合えた感じがしてうれしかった。
彼女の友達のアイシーとポリーも一緒に
晩ごはんを食べに行こうと誘ってくれた。


右からKylie、Poly、Icy。
かわいい3人組、めっちゃ仲良し。

タクシーに乗って向かったのは灣仔エリアにある、
3人が大好きだという満江紅 小甜甜なる四川料理店。
四川料理店だというのに、わしが辛いの苦手とか
ほざくものだから、主に辛さ控えめの料理を選んでくれた。














辛さ控えめと言っても多少はピリ辛。
だけどどれもおいしくて、むしむしと食べてしまう。
特に、薄切りのバラ肉に辛いタレがかかったやつとか
めちゃ旨い。キュウリ、ジャガイモはおそらく
わし仕様の全く辛くないやつだけどこれはもちろん旨い。

それにしても香港3回目だけど
どんどんと北京語が通じるようになってるなあ。
F4のコンサートで初めて来たときは
私の北京語もまだまだド下手だったこともあるけど
ちょっとした単語も通じなかった。
3年前に来たときは驚くほど通じるようになってて
今回に至ってはほぼストレスなく(わしのヘンテコ
北京語を聞かされる方はストレスと思うけ…