投稿

10月, 2014の投稿を表示しています

_trip 日帰り花蓮 その1 台湾好行がなくなっていた('14年5月台湾旅)

イメージ
5月18號(日)

今日は日帰りで台湾東部の町・花蓮に行く。
知ってる、知っていますとも、
日帰りなんかで行くような場所ではないことは。
せめて前夜入りして現地で泊まって
早朝から動き出すぐらいのことはしなければならぬと。
花蓮屈指の景勝地・太魯閣だけでも見どころいっぱいだ。
ただ、今回は諸事情によりギリギリまで予定が決まらず
それでもなぜか花蓮に行くということだけは譲れず
最終的な日程を決めたのが遅くなったがために
さらには日曜日、全席指定の特急列車は軒並み満席で
微妙な時間の出発となってしまった。
現地に着いたらもう昼前。
やー、そんな強行スケジュールでお金かけてまで
なにしにいくんだかね。いやそれでもいい。
今回はまず行くことに意味がある、そういうことだ。
(数年前に台南日帰りをしたときも同じようなことを
自分に言い聞かせていたような。歴史は繰り返すものだ。)

特急が出るのは9時20分。そない早朝でもないくせに
宿でだらだらしすぎて台北駅に到着したのは9時。
あらかじめネットで予約はしてるし
あと20分あるし余裕、と調子こいていたらば
予約番号から切符に引き換えるための窓口が激混み。



おとなしく並んでいたがどんどこ時間がなくなって
9時15分、ついに団体窓口の兄さんに泣きついた。
「なんでもっと早く来ないの!!」と怒られつつ処理してもらい
窓口から出てきた兄さんと一緒に全速力で改札へ、
さらにはそこからホームまで案内してくれて
間一髪、乗り逃しは免れることができた。
ありがとう兄さん、次はもう少し余裕をもって行動するよ。






台湾名物、茶色い駅弁。
この見た目、そしてこの独特の味付け、
当初は苦手で食欲湧かないなとか思っていたのに
いつしか全然平気になっていた。慣れってスゴイ。

台北から花蓮までは特急・自強號で約2時間。







11時30分、ダイヤ通り花蓮駅到着。
さあ問題はここからだ。
目的地、太魯閣(タロコ)までどうやって行くか。



インフォメーションセンターで
太魯閣を予習。(って事前にしてこいよ、だわね。)
太魯閣はなかなか広く、そこにいくつか景勝地があり、
その一つ一つが離れているために、バスで行く場合は
バスを乗り継ぎながら巡る必要がある。
2月までは週末は「台湾好行」という定期バスが
太魯閣の入り口から一番奥の天祥まで
頻繁に往復していたのでそれを使えば

_trip 好好 good days('14年5月台湾旅)

イメージ
5月17號(六)

さあ晩ご飯をという段になり、
台中の行きたい場所リストの中にあった
好好 good daysという店に行きたいんだとごねた。
ここから遠いよと難色を示されたけれども
どうしてもここに行きたいとごねにごねた。
確かに遠かった、バイクで結構かかった。



新興住宅地(と言っても人がそんなに住んでなさそう)と
おぼしきエリアにある、雑貨&カフェ。
カフェというにはもう少し
ちゃんとした食事のメニューもあった。
到着したらカフェはすでに満席(人気なのだね)で
それでも20分ほど待てば空きそうとのことで
雑貨エリアを物色することに。



並ぶのは手仕事のアイテム、グロッサリー、
オーガニックコスメ、エアプランツ、本などいわゆる
「丁寧な暮らし系」、とひと言でくくってしまうと
雑すぎるのかもしれないけれど、でもそういう感じ。
台湾プロダクトがきちんとセレクトされているから
お金があったらほしかったなというものが結構あった。
日本でもこういう感じの雑貨店は増えているけれど
それは所変わった台湾でも同じなのだろう。
店のあり方も日本っぽい。日本っぽいというか、
もしかしたらグローバルスタンダードなのかもしれんが
おされな設え。しかし結構高そうでどきどきする。
(台湾はおされなカフェとかびっくりするほど
高いときがあって貧乏旅行者はビビる。)











家常用心燉牛肉360NT$。
台湾飯と思うとちょっと(かなり?)高いけど、
日本で食べる夜定食、と思えばそんなもの。
主菜の牛肉の炊いたんがわし好みの味、
トマトベースで白飯何倍でもイケる系。
おいしうございました。

食べ終えてちょっとのんびりしてたら
なかなかの時間になっていた。
ここから駅に戻ってレンタルバイク返して
台北戻ってと思うとこれもう新幹線じゃないと。

台中をバイクで連れ回してくれた友人
凹ちゃんとは台中駅でさよなら、
台北在住のマオちゃんと急いで台北駅まで戻り
最終バスにギリギリ間に合いましたとさ。

つづく

(1つ前の記事はこちら

_trip 綠光計劃 Green Ray('14年5月台湾旅)

イメージ
5月17號(六)

台中に行くならといくつか行きたい場所を
ピックアップしていた、ここはその一つ。
古い建物をリノベーションした複合施設、綠光計劃
2階建てのいくつかの建物が長屋のように繋がっている。

雑貨店、カフェなどなど。
雑貨店は全体的に少しファンシー系が多かった印象。

友人・凹ちゃんの友達が営む革バッグのアトリエショップ、
ROOTSTOCKに立ち寄ったら最後、凹ちゃんと友達(男子)が
エンドレスでいちゃついて(恋人関係かとマジで疑うほどに)
全然店から出ようとしない。わしとマオちゃんは店の隅で待機。
ちょっと!! ものすごいタイムロスしてるよー!!(まあいいけど!!)

したらば凹ちゃんの友達が同じ綠光計劃の中にある
焼き菓子がおいしいというカフェに連れて行ってくれた。
Urara閣樓上的鹹點店の老闆がご馳走してくれたレモンケーキ。
暑さでヤラれかけてたわしにはかなり有難い、ほど良い酸味。



もともとなんの建物だったのかわからんけど
(いや、聞いた気がするけどもう記憶がない)
其処此処のディテールがとてもかわいい。











てなことをしているうちに
すっかり薄暗くなってるやないかい!!
ほかにもいろいろ行きたいところあったけど仕方ない。
次の機会にするとしよう。これもまた行きずりの旅だ。



はー、お腹空いた。

つづく

(1つ前の記事はこちら

_trip 台中で昼食を('14年5月台湾旅)

イメージ
5月17號(六)

ところ変わってここは台中。
友人のマオちゃんと、共通の友人凹ちゃんをたずねて
バスで1時間ほど、台中にやってきた。

台中にはまだ地下鉄がないため(鋭意工事中)
移動はバスかタクシー、もしくはバイク!!
わしはもちろん乗れぬ(日本の免許もない)ゆえ
わしは凹ちゃんの自前のバイクにニケツ、
マオちゃんはバイクをレンタルした。

まずは昼ご飯。
凹ちゃんが連れて来てくれたのが朋友家。
レトロ風のカフェ食堂という感じかな。







台湾のレトロテイストと日本のそれとは
近い感覚があるから懐かしい感じも共有できる。
ここはちょっと日本っぽさも意識してる気もするし。

ランチは炒麵セットか飯團(おにぎり)セットから。
わしは豬肉炒麵160NT$、友人2人は飯團160NT$〜、
本日のドリンク(炒麺はドリンクorスープ)付き。





つか、若い2人よ、おにぎり2つで量足りる?
おばちゃん、この炒麺だけだったらたぶん
3時間後にはグゥグゥになると思われるよ。

台中に到着して、凹ちゃんとの合流やら
バイクのレンタルやらまごまごしてるうちに
あっという間に1時回っていたのに居心地良くて
さらにだらだらしてしまったじゃないの。

つづく

(1つ前の記事はこちら

_trip 迪化街で朝食を('14年5月台湾旅)

イメージ
5月17號(六)

仕事で来ている先輩チームが
今日は8時から仕事だということで
それでも迪化街なら1時間は遊べる、と
半ば強引に早起きさせてみんなで迪化街へ。
さあ朝ご飯、朝ご飯。

早朝で人影まばらな霞海城隍廟でお参りを全力で!! 済ませ
民楽旗魚米粉湯と台南𩵚魨魚焿で麺の朝食。
右が台南𩵚魨魚焿の𩵚魨魚焿麵(揚げサワラのあんかけ麺)、
左が旗魚米粉湯(カジキ入り汁ビーフン)、あとは厚揚げ。
わしは𩵚魨魚焿麵の甘酸っぱいスープが好きで
ここに来るたびに食べたくなる味なのだけど
朝ご飯なら超あっさりの米粉湯もいいかも。



小碗ゆえにまだ食べられるともう一件、
こちらも大好きな永樂米苔目、行ってみよ!





米苔目(ミータイムゥ)。汁でいただく。
やわらかい大阪うどんが好物のわし、これももち好み。
あと嘴邊肉(豚のホホ肉)も鉄板。



やーー!


えとさんが撮ってくれた風情のある写真も載っけとこ。

ど早朝でも楽しめる場所があるっていいよね。
しかも日本人の友達といるというのが
常々ぼっち旅のわしには新鮮。楽しい。
ありがとうありがとうありがとう。

かごバッグ見たり、からすみ見たりしてるうち、
あっという間にタイムオーバー。

このあと3名様は仕事へ、わしは台中へ。

つづく

(1つ前の記事はこちら

_trip 突発的に髪を切った('14年5月台湾旅)

イメージ
5月15號(四)

突発的に、は嘘。
切ろうと思ってた、台北で。
髪の毛が鬱陶しくてずっと切りたくて仕方なかったのに
出発まで仕事が忙しくて切りに行けずどうせならと。

ヘアサロンの下調べはゼロだったが
中山エリアにオサレヘアサロンが密集しているのは既知。
おばちゃんがやってるような町場の美容院でも良かったけど
これから旅が続く中で記念写真も撮るであろうのに
おもしろヘアになるのにやや躊躇いがあり、
とりあえず中山に行けばどうとでもなるという算段。
平日だし、退勤時間にはまだ早いし、大雨だし、
飛び込みで行ってもたぶん大丈夫、でしょうと踏んだ。

中山駅に着くと土砂降り。
サロンを吟味している余地もない雨量だった。
駅の出口を出て一番最初に目に入った店に飛び込んだ。

先客は男子1名、スタッフも全員男子で2名、
おそらくオーナースタイリストとアシスタントくん。

いきなりずぶぬれのおばはんが入ってきて
困惑しているのが伝わってくる。けれども怯むことなく

「予約してません、だけどいま髪の毛を切りたい」

と伝えた(つもり)ら、とりあえず座って待っててと。
やった! どうやら切ってもらえるっぽい。
この伸びに伸びたロングヘア(わし基準)ともおさらば。

先客が去り、いよいよわしの番。案内された椅子に座る。
いつも日本で伝えている注文をそのまま中国語にできる
語学力は持ち合わせていないので、近いイメージの画像
(恐れ多くもかわいいアンバー・クォたんの写真見せた!!)
とあとは細切れの中国語とジェスチャー。
スタイリスト氏もヘアカタログ(日本の雑誌)を持ってきて
イメージに近いものを指さしてみたりとかも。

先にシャンプー、それからカット。
シャンプーしながら、アシスタントくんが話かけてくれる。
彼女がもうすぐ日本に旅行に行くんだよって。
ふうんやっぱ東京か、東京のことなんも知らんねんごめんな。
と思ったら行き先は関西だった。一気に好感度UP(サイテー)!

さていよいよカット。
スタイリスト氏は施術に集中。わしも鏡越しに見守る。
切られすぎてもまた伸ばしゃ良いだけなので緊張はない。

仕事はとっても丁寧に思えた。そして30分後ひとまず完成。
わしがどうしても譲れない、襟足の刈り上げがなかった。
ので、必死で、バリカンで刈るジェスチャーを繰り返したら
なんとか伝わった。もっと刈って。もっと…

_trip 迪化街があついんですね('14年5月台湾旅)

イメージ
5月15號(四)

今回の宿は前半と後半とで違うところになった。
前半は行天宮近くの、初めて泊まるゲストハウス。
早めのチェックインを済ませて昼食、それから
MRTで一本で行ける迪化街方面へ。

台北屈指の老街、迪化街といえども
いまや訪れるたびに新しいスポットが増えている
台北でもかなりアツい場所なんだろうと思う。

大橋頭駅から迪化街を南へ。
立ち並ぶ古い建物はあちこちで内装工事が行われていて
もしかしたら新たな店や施設になるのかもしれない。

ああ歩いてるだけで楽しいところだなあここは。







提灯店。
なんでここ覗かんかったのだろうかと激しく後悔した。







人気のスイーツ店、夏樹甜品がここにできてた。
お腹はいっぱいだったけどじめじめ暑くて
無意識ピットイン。







杏仁豆腐冰85NT$。
杏仁豆腐味の氷の下に、わしチョイスのトッピングの
屏東紅豆と芋圓&地瓜、その下に杏仁豆腐。
小豆は旨いが、芋圓&地瓜は少々硬い。
だいたいいつも見た目のもちもち感に騙される。
そろそろ覚えろよわし。一般的に芋圓は思てるより硬いと。
(九份の頼阿婆芋圓の芋圓は感動的にもちもちだのに。)









一本東の通りに新しい複合施設。
カフェバー、雑貨店もろもろが入居。









もちろん迪化街を歩いているので自動的に行き着く。
何度もお参りしているというのに、月下おじい、わしのこと完全無視。
だけどせっかく来たらやっぱりお参りする、健気な乙女の存在知って。






ボランティアガイドの男子が
どうしてもここで写真を撮ってあげるというので。
神様の前とか恐縮するからいらんって言うてるのに。

※ここには2日後、早朝にまた訪れることになった。

つづく