投稿

2月, 2015の投稿を表示しています

_trip Tai chi FREE CLASS('15年1月上海旅)

イメージ
1月17号(六)

宿のチェックイン時に、カウンターの近くの看板に
「FREE」「太极」の文字をめざとく発見したわし、
しかも開催日は翌日の午前中。カウンターのスタッフに
「これは私も参加できる?」と聞いたらいけるとの返事。
太极とはすなわち太極拳のこと。
もうずっとずっとずーーーーっと興味はあれども
チャレンジする機会がなくここまで来ていたゆえ、
これは絶好のチャンス。ちょうどこの時間は
特別な予定がなかったのでみぬえにお願いして
一緒に参加することにした。



朝食から戻って宿の敷地内をぐるぐる探したけど
太極拳をやっているらしき人々の姿がない。
チェックインカウンターで場所を聞いたら
カフェでやってるよとのことだったので行ったら
「ここですよ」と引きずり込まれたのは
なぜか語学レッスンだった。



すでに始まっていた語学レッスン、
なぜ太極拳じゃないのか理由はわからないけど
とりあえず流されるがままに途中参加することになった。
太極拳を受けるにはまず数字の読み方ぐらい
中国語で分かるようになりましょうと、そういうことなんかな。

しかし、わしの中国語力は初歩レベルとは言え、
数字ぐらいは言えまっせということで
先生サイドに回って偉そうにヒントを出す係に。
みぬえには、まさにちょうど、この旅の出発時から
数字ぐらいは言えるようにと繰り返し教えていたところだったので
「これはめちゃいい復習になるやん」と
先に参加していたオーストラリア人パメラちゃんと一緒にお勉強。



1〜10までの読み方を覚えたら
次は10の位、100の位、1000の位と覚えて
「いくらですか?」「50元です」みたいな
簡単なやりとりまで。これぐらいなら余裕のよっちゃん。



「这是什么?」「香蕉」
…はいいんやけどこれと太極拳とどういう関係が?
いいやいいや、きっと太極拳と語学レッスンが
セットになってるってことなんよね。
パメラとみぬえが代わりばんこに互いに
「これいくら?」「○○元です」を繰り返す。
さすがみぬえは英語ぺらぺらのバイリンガルゆえ
耳がいいのか語学センスがあるのか
たどたどしいながらも会話が成り立っていた。
日本にいるときも分かる分からない関係なく
中国語で話しかけたりしてたので
「有没有(ある?ない?)」「要不要(いる?いらない?)」
ぐらいは聞き取れるようになっていたし。

30分ぐらい…

_trip 幸せすぎる佳家汤包の朝食('15年1月上海旅)

イメージ
1月17号(六)

朝食はここって決めていた。
限りなく見た目小籠包な「湯包」の名店。
小籠包と湯包ってどう違うか分からん。
あるいは名前が違うだけかもしらん。さあ。





入り口入るとレジがあり、メニュー看板を見ながら
ここで注文をして現金にこにこ先払い。
頼んだのはスタンダードな鮮肉小龙(豚挽肉13元)と
ゆで卵の黄身入りの蛋黄鲜肉小龙(20元)。
あと生姜丝(千切りショウガ1元)も忘れずに。
メニューはほかにエビ入り、カニ味噌入りなどもあり。



土曜の朝から大混雑の店内。
奇跡的にレジ近くの2名席が1つ空いてて
そこを確保することができた。
料理が出てくる間もどんどん人がやってきて
持ち帰りの人も含めててんやわんや。
タッパー持参で蒸したてを持ち帰る人、
蒸してない状態のを袋にたんまり詰めて帰る人、
いろいろありなんすね。





ガラス越しに厨房が覗ける。
てんこもりの肉がすさまじいスピードで
打ちたての皮の中に包まれていく。
中華圏の人がすごいのは
朝から皮から点心を作ることを厭わないことだ。
二つ返事で皮から餃子を包んでくれる嫁とか絶対良い。

わりとしっかり10〜15分ほど待ったろうか。



きたーーーーーー!!! 立ち上る湯気の向こうには
せいろの中の12個の湯包と、たれを入れる用の小皿。
なるほど、一緒に蒸すことであっつあつ、賢い。
せいろの底は竹編みとかじゃなくてもっとやわらかい
ワラみたいな素材を編んだやつ、初めて見た。

写真を一瞬で撮り終えて早く食わねば食わねば。
甘めの酢醤油に浸した千切りショウガちょいとのせてぱくり。

……………うま。なにこれめちゃうま。
薄い皮から肉汁がこれでもかとあふれ出す。
具もやわらかめで朝から食べても重たさなし。
なんじゃこりゃ、朝からなんたる贅沢。



12個なんてぺろりでございます。
2せいろあっても余裕でぺろりでございます。
まだまだ食べられそうな勢いだけど
ここから注文し直したらまたいつになるやら。
今回は黄身入りのと2種を食べ比べてその結果
ベーシックなのがやっぱ旨いという結論。
そう、台湾でも小籠包食べるときは何種類か頼むけど
ベーシックなのが一番旨いねってことになるのだ。

朝からどっぷり幸せな気分。
さすが名店、間違いなかった。

時間はもうすぐ9時半。
やばいやばい、早く宿に戻らなければ。
これからタイチーレッスンに参加…

_trip 上海新易途国际青年旅舍('15年1月上海旅)

イメージ
今回の旅では2つの宿に泊まっていて
最初の2泊はわしの経済レベルに合わせての
毎度おなじみ、ユースホステル。
今回は現地在住のずんさんがええとこ見つけたと
教えてくれていた宿で、人民公園のほど近くにある。
ホテルじゃないと絶対嫌だとごねていたみぬえだったが
ネットで画像を見るだに内装がきれいそうだったゆえ
「まあこれなら」と納得してくれた。

人民公園駅の一番北西の出口から出て
マリオットホテルの南側の道を少し西へ。
ああここだと大きな門を抜けようとしたら
「こらこらそこちゃうで」と通りすがりのおっちゃんに怒られた。
「宿でしょう?それならあっち」と指さしたのは路地のさらに奥の方。
我らの目指す宿はそこからちょっとだけ隠れたところにあったのだった。



こちらが正しい入り口。
どうやらさっきわしらが入ろうとしたのは
幼稚園だったもよう。ちなみに裏手には小学校があり
翌朝、運動場に集まって体操する子どもらの
にぎやかな(ややうるさいレベルの)声が聞こえていた。



入り口入るとすぐにレセプションがあり
手続きを終えたところでこの石獅子の廊下を通過。



廊下を抜けると中庭に出る。
左手は宿泊者が利用できるカフェバー、
向こう側にある建物が我らの宿泊棟。





われらの部屋は宿泊棟1階の奥の奥。
このスクエア模様の壁がめちゃかっこいいよね。
昔からあるものなのか、あとから据えたものなのか。
こういう無機質な感じが中国は本当に似合う。
良い意味です良い意味。クール。



ベッド乱れてるのは実は出発直前に撮ったから。
入室したときはもちろんきちんと整えられている。
ユースホステルと言ってもその辺はホテルと変わらない。
この部屋はシャワー、トイレ付き。タオルも備え付け。
温水の温度、水量共に申し分なし。






中華圏では旧正月までクリスマス飾りが続くのでこの有様。
中華圏名物、どファンシーな飾り物。
ゲスハのカフェでまったり朝を過ごすの大好き。

夜がちと寒かったのだけれど
私は湯たんぽを持ってきていたので問題なし
(もう過去幾度となく中国の夜に泣かされてきたのでね!)
棚の中に使っていない(シーツも掛かっていない)
掛け布団を発見してそれをかぶっていたので
みぬえも凍えることなく夜を過ごせた。

ここでみぬえの新発見、
みぬえは金持ちのくせに掛け布団が軽いのがだめらしく
掛け布団二枚重ねによりかなり安定…

_trip 阿山飯店('15年1月上海旅)

イメージ
1月16号(五)

上海在住の友人、ずんさんが夕食から合流。
布市場から地下鉄に乗って郊外にある上海動物園前駅へ。
やってまいりました、阿山飯店。店前で久々の再会。



ここは数年前に発行された雑誌『旅』の上海特集に
でかでかと掲載されていたローカルの上海料理店。
地元客で賑わうから予約は必須よ的な明記があったので
ずんさんにお願いしてたのだけど店は意外と空いていた。



店内の有様は最高に地元感に溢れていた。
全体的にいろんなものが飴色になっていて
10人以上掛けの大きなテーブルが並ぶ。
窓際のテーブルを陣取ってちょこんと3人並んだら
皿になにやら黒いほこりがくっついていて
せっせと紙ナフキンで拭っていたら
「ああ、ここはエアコンの下だからほこりが付くんだ。
こっちに座りなさい」とテーブルの反対側に案内された。



個別のメニューはなく、
老板と思しきおっちゃんが座っているところに行って
そこにあるメニュー表から選んで伝える方式。
『旅』誌によるとおすすめは豚の角煮とのことで
それを注文して、あとはおっちゃんおすすめの
筍と野菜の炒め物と梅の甘煮も追加で。



おっちゃんの鉛筆めっちゃ短い。



どうしたらこんな色にと思うほどピンク色の豚の角煮、
味付けは意外とあっさりめ、
こってりの脂身と淡泊な身の部分のギャップがすごい。
ワイルドな仕立てで豚の皮膚感がくっきりはっきり。
(あまり細部を観察しないように努めた。)
白ご飯がほしくなるので米飯も注文していたのだけど
毎度のことながら、本当に中国では毎度のことながら、
白ご飯が絶望的においしくない…。
角煮のせてかっこみたいのに冷たいし硬いし…。
奥のテーブルでは早くもスタッフさんたちの
まかない夕食タイムが始まっていて
そのテーブルの真ん中にのっかっていた
お粥が湯気を上げているのを見て
俄然そのお粥くれないかと言いたくなるほどに
我らの前に置かれた白ご飯は冷たかった。
ままそれも、想定の範囲内、ではあるけれど。

梅の甘煮は梅酒もしくは梅シロップに漬かっている梅
みたいな味と食感で、酸味と甘みのバランスが絶妙。
ほかのおかずの合間にちょこちょこ食べると
味が変わって良い感じ。



白ご飯はおいしくなかったけど
それ以外はそんなに問題なかったし
なにより趣が抜群に良かったから良しでしょう。


おっちゃんの自慢は谷村新司と泷泽(滝沢)秀明が…

_trip 定做了ワンピース前編('15年1月上海旅)

イメージ
1月16号(五)



入国手続きにえらく手間取り(係員少なすぎ!)
急いで宿に向かってチェックインをして
荷物を置くだけ置いて急いで向かったのは布市場。
前回の旅でも行った南外滩轻纺面料市场だ。
入り口にたどり着いた頃にはすでに18時近く、
1階の店はまだ開いていて賑わっていたけれど
エスカレーターで目指した3階は多くが閉店もしくは
閉店準備の真っ最中。これはやばい。
どきどきしながら目的の389号に向かったらば
OMG、その店だけ開いてたーーーー!!!

389号=杨永刚さんの店。
ここに来た目的はただ一つ、オーダーメイド。
前回コートを誂えた(詳細こちら)のだけれど
これが未だもってお気に入り。
かなりの頻度で着ているけれど糸のほつれなどもないし
中華組紐のボタンもしっかりしている。
だから今回も、浮気することなく信用できる店へ一直線。

今回誂えたいのはワンピース。
长袍なのだけど敢えてワンピースと言おう。
ここぞという日のためのドレス的な位置づけとしての誂えだ。

作りたい形、色、布の質感もすでに決めている。
上海グランドに出てくる男性が着ているような、
もしくは台湾の行天宮にいる人たちが着ているような、
マキシ丈のチャイナ服。色は全体的に青で袖口だけピンク。
(これは某女性誌でおしゃな中国ガールが
 おしゃに着ていた长袍ドレスの色遣いをまんまパクった。あは。)

この店とて閉店間際に違いないので 単刀直入に定做(オーダーメイド)したい旨を告げた。
老板に英語は話せるかと尋ねたところ「いける」との返事、
みぬえの英語力を使って使いたい布の質感を伝える。
綿っぽいんだけどしわになりづらいしゃらっとした質感が良い、 でも高価な布は無理、みたいな内容、私のつたない中国語だと 伝わるまでに暇がかかってしかたがないからね。 しゃらっとという言い方がもはや分からん。
この作戦は功を奏して老板がすぐに布見本を提示してくれた。 ポリエステルが入った生地、色のバリエもたくさんある。 裏地は要るかしらと聞いたら、この服なら要らないとのこと。
そこまで進んだところでわしの出番。 時間と値段の交渉。 まず中2日、月曜日の夕方までに出来るか。 老板がほかのスタッフと相談してそれは可能とのこと。 次は一番の難関、値段。円安だし絶対に安くは作れないけど この技術は日本にないし、作れたとしてもお…

_trip 春秋航空のこと('15年1月上海旅)

イメージ
1月16号(五)

今回の使用エアは春秋航空。
中国LCCで上海と国内外各都市を主に結んでいる。
当初は日本には茨城や高松、佐賀などしか就航先がなく
そこまで行く時間を考えるとなと二の足を踏んでいたところ
このたびめでたく関西便が就航、ウェブサイトを見たところ
かなりお求めやすいお値段で迷いなくここに決めた。
ちなみに今回は片道10,000円弱。
そのうち790円(セール価格)が航空券代、
2,000円ぐらいが空港利用税、残り全部燃油費。
百万が一墜ちてもなんも言えねーの世界。(言うけど。)
だって往復20,000円以下ってさ。どうなってるの。

2時間前に関空に到着すると特に遅れは出ていない模様。
搭乗手続きもやや混んではいるもののLCCにしたら許容範囲。
(でも手荷物の具合で鬼混みになる可能性も大ゆえ
早めに行くことにこしたことはない。)
春秋航空にデメリットがあるとすれば
その手荷物の無料引き受け重量で、1人15kg。
個数は何個になっても良いけど、
機内持ち込みも預けも小さなポシェットも全部まとめて15kg。
行きはまあ良いとして帰りはかなり考えて買い物などしないと
あっという間に超えてしまうレベル。
超過すれば1kg単位で料金が発生するのだけれど
これが結構高いのだ。

搭乗口は意外とターミナル連結タイプだった。
一番端っこの搭乗口まで行ってさらにそこからバスで
飛行場にぽつんと駐まってる飛行機にタラップで乗り込み、を
覚悟していたわしとしては(良い意味で)拍子抜け。

座席の狭さもLCCゆえに想定内。
リクライニングができないので前席の人がぐいぐい下がって
狭くなる心配もない。リクライニング使わない派的にはナイス。

乗客はほぼほぼ中国人といった雰囲気。
機内に乗り込んだ瞬間に中国という感じがしてテンションが上がる。

機内食はもちろんないけれど上海までは(たぶん)
台湾行くより早くて行きが3時間、帰りは2時間、
あっという間で着くので問題なし。
行きは出国後にスタバで飲み物をタンブラーに詰めていたので
それとサンドイッチで朝食完了、あとは到着まで眠るのみ。

上海に到着する30分ぐらい前だったか、
なにか音楽が聞こえるなと思ったら体操。
中国語でなにを言っているか分からないけれど
CAさんが通路に立って見本を見せてくれるので
それに合わせて乗客もマネをする。首を…

_trip パイセンと上海行ってきました('15年1月上海旅)

イメージ
1月16号(五)

上海に行く、かれこれ2年3カ月ぶりに。
現地で働いている友人・ずんさんが今年帰国する予定とのことで
彼女が滞在しているうちに、共通の先輩・みぬえを連れて。

みぬえは英国育ちの帰国子女、ゆえに英語は堪能。
先日もアイスランドくんだりまで旅に出たりしていたが
「英語が通じない国には行きたくない」と言う。
それがどういう風の吹き回しか、わしの上海行きに乗ってきた。
「これ行かなかったらたぶん一生行かないと思うから」。
しかし中国になんて行きたくないとほざいてたことを思えば前進。
「ただし、一人行動は絶対無理」と言うので
みぬえの経済レベルには合わせられないこと、
基本的にわしの行きたいところに行くということを了解してもらい
しかし一方ではなるべくみぬえが中国を嫌いにならないように
極力、「すてきな側面」を見せつつ、ほど良いバランスで
ローカル色も加えつつ、わしにしては珍しくしっかり予定を組み、
寒さ極めた1月中旬、機上の人へと相成った。

みぬえとわし、ときどきずんさんの上海珍道中、始まり始まり。



ちなみに使用航空会社は春秋航空。
その簡単レポは次回に。

つづく

_diary 最近收到的カルチャー的東西

イメージ
最近ゲットできて嬉しかったあれこれ。

台湾の友人がプレゼントと送ってくれた『BIG ISSUE』…
の2015年のカレンダー。やー、こんなんあるんや。
見た目は『BIG ISSUE』と同じ判型の冊子、
パッケージを開けると表紙と裏表紙、
それと4つ折りの12枚のポスターカレンダーに
ぺりぺりと外すことができる。
12カ月分、12名のアーティスト(おもに写真家かな)の
作品がデザインされている。これが結構かっこ良し。
これで200元だったらかなりお値打ちかと。
もう2月も半分過ぎたし、売られてないかもだけど。





続いて、最先端の尖ったアジアカルチャーを発信する
Offshoreの主宰・山本佳奈子さんによるZINE、
『20141023 20141204』。
 2014年10月23日〜12月4日の約1ヶ月半、
北京、バンコク、チェンマイ、シンガポール、クアラルンプール、
上海、香港をめぐった旅行日記を抜粋、編集。 
webのOffshoreには書いていないことや、絶対書かないことを書いています。
現地で見た音楽ライブのレポートはもちろん、
アジア各地の人々との会話の内容、どうでもいい山本の体調不良の話まで。 
Offshoreより)

オシャなZINEが山ほどある昨今において潔いモノクロ、ほぼ文字。
100部限定ゆえいそいそと購入だけして
まだほとんど読めてないのですけれど、アジアの音楽を中心とした
カルチャーシーンを広く俯瞰、じゃなくて、かなり先っちょ局部的?
だけれど広くないから逆に面白いというか、新鮮というか。
冒頭の北京だけ読んで、もっと詳しく詳しく〜! と思ったというのが
まず率直な感想。しかしちょこまか解説も含めて読み応えあり。



その山本さんにもらった、マカオの建物MAP。
マカオのグラフィックデザイナーによるものらしく、
当地のかっこいい建築が図説&中国語/英語併記で解説。
一昨年マカオに訪れているのでその記憶をたどりながら
地図を追うのが楽しい。これ、有料かと思いきや無料配布、
って、山本さん大盤振る舞い過ぎません?







_movie 『KANO1931 海の向こうの甲子園』

イメージ
前売りは買っていたものの仕事が立て込みすぎて行けず
ぎりぎりセーフで滑り込んだ、間に合った!!
(※実際は15分遅れてしまったゆえ冒頭は見逃してしまっている。)

KANO=カノとは日本統治下にあった台湾の南部の町、
嘉義にあった「嘉義農林学校」の愛称。
一勝もしたことがなかった嘉農野球部は
日本人、漢族、原住民族の多民族混成チーム。
名門松山商業野球部を率いた監督・松山兵太郎が
チームの監督に着任してから厳しい練習を経て
翌年には見事全島(台湾地区)優勝を果たし、
甲子園への出場を果たした。

(※以下ネタバレ多分に含みます)



3時間、長いようでわりとしっかり観ることができた。
野球好きの監督が撮ったんだろうなと思わせる作品。

砂が舞い上がる中の、あるいは豪雨の中の 野球の練習&試合シーンは迫力があってすごいんだけれども
それ以外のシーン、人間模様を描くシーンというか
そういうのとのバランスがちょっと良くなかったような。

たとえば練習試合が悪天候で中止になって
そのまま3年生の2人が引退となってしまうシーン。
2人が後ろ髪を引かれるように寂しそうにみんなの元を去るのも
意外なほどにあっさり。もっとなんかあったんじゃないか、とか。
(のちにあの2人が共に“日本人”だったことを知ってびっくり。
 大江君役を演ってた子は台湾人だから仕方ないとはいえ、
 日本語が明らかに片言!!! 愛すべきキャラクターで大好きだけど
 そこもうちょっとガンバってほしかった。)
ゆえに優勝パレードに加えてもらええてた時は嬉しかった。

観ていて、ものすごいいろんなシーンが
カットされているんだろうなと感じる場面もしばしば。

嘉農と甲子園で対戦した札幌商業のエース錠者君が
おそらく数年後、軍人となって台湾に赴き、
嘉農の練習グラウンドを訪れたとき。
なんの前振りもなく、当然のように
錠者君が「いらっしゃいませー」と叫んだかと思うと
そのあと再び時間をさかのぼって甲子園のシーンになり
嘉農のメンバーがあらゆるプレイの際に
「いらっしゃいませー」と叫んでいるとか。
えっと…、いらっしゃいませーって言えとか教えるとか
そんなくだり、この前にあったっけ?
もしかして、わしが見逃した冒頭15分になにかが!!!?
(「幕後直擊」動画をいくつか見ていたら錠者君の分があって
 そこで流れている映像が全…