投稿

5月, 2015の投稿を表示しています

_trip 金佑龍×STAYCOOL at 台北月見ル君想フ('15年5月台湾旅)

イメージ
5月15號(五)

午後便で遅れて来台したパイセンチームと
夕食から合流し、少し時間に遅れながら向かったのは
Kim Wooyong(金佑龍)くんの初台北ライブ。

台湾のバンドSTAY COOLが対バンで
STAY COOLは名前は知っているけれど
音源は聴いたことがなかったので
これは良いチャンスだと思った。



月見ル君想フという東京・青山にあるライブハウスの
新たな拠点が台北にオープンしたのが去年。
こうやって、日本のアーティストが台湾で紹介される、
逆に台湾のアーティストが日本で紹介される、
そんな場所ができたというのはとても意義深いよね。
で、我らがKim Wooyong氏も念願の(いやわしが
ずっと勝手に台北でライブ叶えばいいなと思ってた)
台北でのライブ、これは行かねばでしょう。
台湾の人にもWooyongくんのグッドミュージックを
聴いてもらえる大大大大大チャンス。

1Fはカフェレストラン、
でライブハウスは階段を降りた地下にあった。
「会場はこっちですよ」的な指示がないから
怖々トビラを開けたらライブハウスだったという感じ。

すでにSTAY COOLの演奏が始まっていて
とりあえず空いた席にそそくさと座った。
普段の音楽がどんな感じか分からないけど
勝手に想像していたよりもおとなしい印象。
ここは住宅街の真ん真ん中にあるから
音の制約とかものすごくあるみたいなので
その辺加味された内容なのかもしれない。

MCの中国語はほぼ分からないけど
音楽を楽しめばそれで良い空間なので気にならない。
音楽が心地良くなってくると、前夜の超睡眠不足が祟って
寝たくない自分の意思とは反して
目が勝手に閉じて意識が何度も飛びそうになる。
それに必死に抗うように、座りながら可能な限りで体を揺らし
音楽に身を預けながら睡魔と闘った。
(アーティストの方々本当にすみません!! でも…寝てないから!!)

こちら、Kim Wooyongくん。





正直、わし、音楽については本当に疎くて
あんまりいらんこと書けない。
たいして音楽分かってないのに語れないし
わしがしょうもない書いて、
変なイメージが付いたら嫌だし
わしのせいでKim Wooyongくんが
しょうもなく伝わるのは本意ではないので
雰囲気画像だけ載せておきます。
アイドルのこととかは好き勝手書けるのにね。

でも超陳腐な私的感…

_trip 長白小館で待ちぼうけ('15年5月台湾旅)

イメージ
5月15號(五)

あっという間に日も暮れてきて夕食の時間。
今夜は19時半から
友人であるKim Wooyong(金佑龍)くんの
台北での初ライブ(おめでとう〜!!!)があり、
それに行く予定にしていたけれども
その前に本日の午後便でやってくる別班の友人らと
合流して夕食を一緒に食べる段取りになっていた。

夕食は別班メンバー・あまのさんの強い希望により
酸菜白肉鍋で超有名な長白小館で。
周りから何年も「旨い」と聞き続けていたものの
なんしか一人旅では到底行けない火鍋店、
今回わしも念願ついに叶うといったところ。

あまのさんと一緒にやってくる
わしのパイセンみぬえが、以前友達が行こうとしたが
満席で入れなかったと言い出し、週末だしその危険が
さらに高いであろうと日本にいるうちに予約だけしていた。
が、言うても電話越し、言うてもわしのへっぽこ中国語、
それでもなんとなーく予約できたっぽいけど確証が全くなく
どきどきしながら予約を入れていた18時きっかりに店に着いた。

みぬえ・あまのさんとはここで待ち合わせだが
彼女らの姿はまだなかった。
とりあえずまず予約できているか確認せねばと
彼女らの到着を待たずに店にイン、
名前を告げるとちゃんと予約ができていた。
予約帳には、INOUE+日本朋友2と。
うむうむ、合ってる、合ってるよ。
わしの中国語レベルにしてはグッジョブ、やるやんわし!!

店のおばちゃんにあとの2人は遅れることを伝えると
大丈夫とのこと。先にキープされていた4人席で待つことに。
しかし10分経っても現れないし、遅れる旨の電話もない。
数時間前に空港に着いたという連絡がきてたのが
わしが思っていたより遅い時間だったから
たぶん18時到着は無理だろうなとは思ってたけど
それにしてもどれだけ遅れるのだろう。
もしかして日本にいる気分でLINEで連絡とかしてきてる?
でもわしがWifi持ってないのは知っているはず。
しかしその後も全然音沙汰なし、
周りの席はどんどんお客で埋まってきてて
入口近くにすかんと空いた4人席で一人待つにも居づらい。
おばちゃんは相変わらず笑顔で「いいよ」と言ってくれて
それだけが救いではあった…けど、いつ来るのか。
周りにfreeのwifiが飛んでそうなところはないかと
荷物を置いたまま店を出て
せめて7-11があればと歩き回ってみたけれ…

_trip 自転車でぐるぐる特有種商行('15年5月台湾旅)

イメージ
5月15號(五)

カフェで気が済むまで過ごしたあとは
MRTで忠孝東路方面へ。
台湾には年一回ペースで来ているけれど
来る度に新しい路線が開通していて
目に見えて便利になってきている。
バス路線もめちゃくちゃ充実しているから良いけど
旅行者にはMRTが断然使いやすいものね。

で、もう一つ、わしがちょいちょい使っている
便利な交通手段と言えばレンタサイクル。
今日行きたい場所が駅から少しずつ離れていることと
いちいちMRTを乗り継ぐのが面倒臭いということもあり
今回もUbikeをレンタルすることにした。
レンタサイクルと言えば
よそもの(旅行者)が主に使うというイメージがあるけれども
Ubikeは地元台北人にもめちゃくちゃ愛用されている。
台湾の携帯電話番号があれば
手持ちの悠遊卡(MRTの交通カード、ICOCA的な)で
登録、使用料金の引き落としができて超便利なのだけれども
そうでない場合は、クレジットカードを登録すれば使える。
けど、悠遊卡を使うよりもちょっと割高になるのがポイント。
さらになにが怖いって、事前に登録しておけば良かったんだけども
それをし忘れたがために、街なかのそこそこ大きい画面パネルで
登録をしなければいけなかったこと。
カード番号とか有効期限とかをその場で打ち込むわけで
誰かに見られたりしてないかな、盗撮とかされてないかなと
画面を隠しながら不審極まりない感じで登録をしたわけで。
(そうまでしてチャリンコ使いたかったのかという感じ?
そうよ、めっちゃ使いたかってん!)

実際の登録方法や使い方はこちらに詳しいのでご参照をば。



こんな感じでチャリンコが並んでいる。
一度登録すればカードをかざすだけで使用できる。
クレジットカードの場合は登録して1週間だったか3日間だったか
その間は再登録なしで使える。っぽい。(確証なし。)

最近は神戸とかでもこのシステムが拡充しててええこっちゃ。
神戸のコベリンは電動自転車(坂多いしね)だけれども
こちらはNot 電動。
しかも今回ちょっとサドルががたついてるやつにあたって
ケツ筋で押さえながら乗ってたから次の日筋肉痛になっていた。



なにせ利用者が多いので
一度留めて離れてる間に周りに同じUbikeが留められると
自分のがどれかわからなくなる。番号を控えておかないとね。

ただ正直、台北の道って自転車で走る仕様に…

_trip 旅のはじまりは昼飯ハシゴから('15年5月台湾旅)

イメージ
5月15號(五)

やってまいりました、もう十何度目かの台湾。
この1カ月余り、GWも返上して
仕事と実家の野良仕事に打ち込んだぶん、
今日から6日間おもっくそ楽しんでやるんだからね!!!

Peachの朝便のタイムスケジュールが遅くなり
地下鉄の始発でもチェックインに間に合うようになった分、
現地到着時間も遅くなって
台北の定宿に到着したのは13時前だった。

共用スペースでのんびり荷物を整理しながら
すでに前日入りしていたきよんとLに
台北到着をLINEで知らせたところ
もう昼過ぎだというのに飯も食わずに
暑さにやられてへべれけになっている様子だった。
彼女らとは明日からの合流の予定だったけれど
4時ぐらいまでなら時間があるとのことゆえに
それなら一緒に昼飯をと誘い出した。

3人でバスに乗って向かったのは民生社區。
今日のランチはここで涼麺を食べると決めていた。



富錦街、いつものことながら風情がよろしおまんなあ。
さーらばいばいさーらばい♪を思い出す緑のトンネル、
閑静な住宅街には近頃おしゃなショップが増えている。
それはさておき、我らが真っ先に目指したのは小さな食堂。

こちら、戴家涼麵。





時間はすでに14時を回ってランチタイムも落ち着いた頃。
それでもお客さんは內用、外帶と途切れずにやって来る。 多くの目当ては店名にもある涼麵(リァンミェン)。

メニューには肉醬と麻醬の2種類があり
3人いるので肉醬1つ、麻醬2つをオーダーしたけれど
残念ながら肉醬はすでに売り切れとなっていた。
ほほう、そんなに人気なんですかいな。
のちに立ち寄った近所のセレクトショップのオーナーさん曰く
とっても人気の店ゆえに早く行かないとすぐ売り切れるとのこと。
肉醬は特に人気なのであろう。肉味噌的なものと勝手に想像。


麻醬3つにチェンジして注文、あっという間に運ばれてきた。


ビジュアルだけですでに旨そう。
麻醬、つまりはゴマだれ。
ゴマだれにまずいやつなんかない。
麺はやや硬めの細麺、上には濃厚なゴマだれ、
麺の下にはしょう油ベースの別のタレがたまってて
和えながら食べる…うううううまい。
お子ちゃま味覚のわし的には
麺はもうちょっとソフトでもいいぐらいだけれど
誰が気に入ってたって同行した二人の友人。
感動的に旨かったらしく、
Lに至ってはその後至る所で涼麵を食べようとしていたほど。

こ…

_trip 珍しく、一人じゃない台湾旅('15年5月台湾旅)

イメージ
5月15號(五)

毎年初夏の恒例となっている台湾旅。
今回の旅でいつもと大きく違うこと、
それは旅の連れがいるということ。
全日程6日間のうち、最初の3日間は友人たちと、
残り3日間はいつものように一人でという流れだ。

連れがいるといっても泊まる宿は別々で
飛行機も別々、日程もなんとなく別々。
1日目は昼は東京在住の友人きよんとL、
夜は会社のパイセンみぬえとお仕事仲間のあまのさん、
2日目からはきよん・L・みぬえ・あまのさんの5人体勢、
3日目は再びきよんとLとの布陣という
日々移り変わるメンバー構成。

なんしかいつも一人なわしでっさかい、
食うもんも常に「一人飯」に限定される。
故に!!! 今回せっかく連れがいるんだもの、
今まで行きたくても行けなかった
あそことかあそことか行っちゃうんだもんね。
いつもは飯は二の次になってしまうけれども
今回は主に飯モードで行っちゃうんだもんね。

前日まで仕事が立て込みに立て込みまくり
会社を出たのが午前1時過ぎという有様、
旅の準備がほとんどできていなかったので
荷物のパッキングを終えたのが午前3時、
それまでも繁忙期で寝不足続きだったために
体が震えるほどに眠くて仕方ない。
ピーチの朝便に乗るには午前5時には出ないととなると
1時間半だけでも寝られる、と
同日少し遅い便で出発するみぬえにモーニングコールを頼み
わずかながらの睡眠を得て力を取り戻したわし、
恋い焦がれる彼の地へと旅だったわけであります。

とと、大げさに書き立てつつ
単なる準備不足なだけなのだけれども
1〜3日目台北、4日目阿里山、
5日目阿里山→嘉義→鹿港、6日目鹿港という日程、
これよりスタート。



つづく