投稿

6月, 2015の投稿を表示しています

_trip 臺北書院で台湾茶など('15年5月台湾旅)

イメージ
5月17號(日)

遅めの朝ごはんを食べたあと、
龍山寺へ参拝し、萬華・西門エリアをぶらぶら。
龍都で八寶冰を食べたり、
すっごい久々に阿宗麵線を食べたり、
今日も相変わらずこまごまとよく食べている。

さすがに歩き疲れたところで
休憩をしようと中山堂にやってきた。
本当は4階の蔡明亮咖啡走廊が目当てだったが
どう探しても見つからず調べてみたところ
賃借契約の都合で? 昨年末でクローズしたらしかった。

じゃあ2階の堡壘咖啡でもいいかしらと思ったけれど
途中にたまたま通りすがったのが臺北書院。
この旅ではまだ台湾茶を
まったり楽しむみたいなことをしてないねと、
急遽コーヒーブレイクから変更することになった。



3階の広い共用部分(廊下)に席が配されている。

最低消費が一人250元なので
3人なら750元になれば良い。
茶葉を選べばお湯は付いてくる。
きよん・Lについては旅も終盤で
あまり贅沢する余裕もなくなっていたので
(わしに関しては常に余裕はないので)
750元にちょうど収まるようにしようと画策。
どうしても東方美人は飲みたかったので

白毫烏龍(東方美人) 400元
文山包種(新茶) 250元
棗の茶菓子 110元

で760元、我ながらすばらしいジャストぶり。
(やーね、こんなところでけちけちしちゃって。
でも仕方ないもん!! 言うてられないもん!!)



茶藝館ではあれど自分で好きに淹れてねスタイルゆえ
一応…一応は茶藝経験のある(と言ってしまっていいのか)
わしがまずは亭主となってお茶を振る舞うことに。
わしの老師である麗しの黄先生の手元を思い出しながら
(ああこんな時にワークショップで菓子ばっかり食べて
 所作をまるで覚えていない己を恨むわ)
記憶の限りそれっぽくお茶を淹れていく。



握力ない、指短い、なにより経験がないため
茶壺でうまくお茶を注げないわし。
Lに至っては初台湾での台湾茶なのに
こんなわしの淹れるお茶で申し訳ないわね。
でもそんな状況もあーでもないこーでもないと
楽しめる友達と一緒というのは気楽で楽しいものよ。



きよんもレッツ工夫茶。
お茶を淹れつつ、淹れてもらいつつ、
茶菓子をつまみつつ、ぼーっとする、
ここまでダーッと過ごしてきたからいいよね。

このあとLも左手で右乳首を押さえながら
右手で茶を注ぐという謎の“マイスタイル”で
工夫茶を淹れてくれ…

_diary 『読めないのに楽しい! 台湾ビジュアルブックフェア』

イメージ
仕事場からほど近いので
ランチにお茶にとよく行っているcalo Bookshop&Cafe
『読めないのに楽しい! 台湾ビジュアルブックフェア』
開催中ですよーということで。(今週土曜日まで!!)

東京で開催されていたのは知っていたけれど
さすがに行けないなあと思っていたら
まさかのcaloへの巡回、嬉しかったな。

どんなセレクトかな、
あれとかあれとか来るんかしらと思ったけど
わりとマニアックな本も多くて例えば『台湾妖怪』とか。





この『台灣花布』の本、楽しかった。
いわゆる花柄の布ばかりかと思いきや、
後ろにいくとウサギちゃんやワンちゃんの、
我々世代にはなつかしい、子どもの頃の枕や
布団や浴衣の柄みたいなのも出てくる。
現地の市集に出ている古着店を覗くと
日本人から見ても「ああこれ、大好きな70s」
みたいな服が並んでいたりして
同じような流行(?)だったのかな。



写真右上の、建築の本も面白かった。

本のセレクトをしているのは聞文堂LLCさん。
雑誌は今回敢えて持ってきていないとのこと。
そっか、わりとその部分も期待していたからちと残念。
でもOffshore by 山本佳奈子さんやVOICEさんセレクトの
アート系雑誌『Waterfall』『NOT TODAY』は揃っていた。







微妙に形は違うとはいえ、同じ漢字圏なので
中国語が分からなくてもなんとなく意味が分かるのが
台湾の本や雑誌のいいところ。
眺めているだけでももちろん楽しいのだけど。

アーロン・ニエの制作物とかもいろいろ出てるかと思ったけれど
それも敢えて外している? 模様。

それにしても、台湾、キテるんだなあ。
旅先に台湾を選ぶ人は確実に増えているけど
台湾の音楽聴いてる人、台湾の映画を観に行ってる人、
台湾の作家の本を読んでいる人、
そういうカルチャージャンルまで
まるっと追ってる人はまだまだ少数派。
せめて台湾映画を観る人口はもっと増えて欲しい、
大阪でもどんどん公開されてほしいから。

今はまだまだなんでも東京一極集中で
関西とか、地方にまで遠征してくれるのは稀だから
こうやって大阪にも回ってきてくれるのは嬉しいことだ。
蘇打綠とか盧廣仲とかも大阪に来てほしいものだよマジで。

_trip 秦小姐豆漿('15年5月台湾旅)

イメージ
5月17號(日)

台湾に来た時点で疲労困憊寝不足状態だったのに
ここまで2日間朝から晩まで張り切って動きすぎて
そろそろここらでしっかり休息が必要、と
今日は少し遅めの出発にした。

みぬえ・あまぬさんの2人は本日帰国で別行動ゆえ
今日はきよん・Lと3人で街ぶら。
2人らを向かいに行きがてら、
彼女らが宿泊しているホステルをのぞきにいった。
台北駅の北側にオープンして間もないきれいな宿。
個人的にも気になっていたところだったで
わしが2人に勧めたものの、
わし自身は結局いつものところに泊まったのだけれど。
(シングルルームが高く、ドミトリーも
 わしの定宿のシングルと50元しか違わないゆえ。)
でもネットで見ていた通り、すごく居心地の良い宿。
ゲストハウスというよりもはや小さなホテルてな雰囲気。
ゲストハウスは共用部分が過ごしやすいことが重要だが
ここはオオバコで宿泊客(ほぼ韓国人な感じ)が多い分
共用リビング(というか家みたいな座敷みたいな感じ)が
とても広くて明るくて、ここでのんびりするのも悪くない。
わりとしっかりめの朝食も付いているしね。

で、実際ちょっとのんびりしすぎて
より出発が遅くなってしまったのだけれど。

朝食を食べに向かったのは秦小姐豆漿。
台北アリーナのほど近くにある。
最寄りの駅まではMRT、そこから散歩がてら歩く。
店の周りには伝統市場もあって
朝には少し遅い時間ではあったけれど活気があった。



ここで我らが食べたもの。



鹹豆漿。
もっぱら「甜」派なわしだけれど
この鹹豆漿はだし感が強く過ぎず
具材もあっさりと食べられて
これなら朝からでも食べられると思った。
(もちろん甜豆漿も注文したけど。)



涼麵。
絶賛、涼麵にドはまり中のLが
「涼麵」の文字を見つけて即座に注文した一皿。
ここのは結構辛めで、辛いの苦手なわしが
ギリギリおいしく食べられる程度。
(きよんやLにとっては大した辛さではない。)
そのギリギリ感がくせになるというか、
麺も、やわ麺好みのわしが好きな堅さ。



蔬菜蛋餅。
本当は葱花大餅が名物なんだけれども
超人気のメニューゆえにとっくに売り切れ、
おばちゃんが「これにしときよし」と勧めてくれた
蔬菜蛋餅で手を打つことに。
タレが、いつもの醬油膏や甜辣醬じゃなくて
ちょっとミートソースみたいな感じ、
味は見た目よりやさしくて自家製な…

_trip 阿涉生日派對と、偶然の遭遇と('15年5月台湾旅)

イメージ
5月16號(六)

5月16日は私が密やかに(うそ)応援している
アイドル、横 尾 渉さんのお誕生日。
地球全土を舞台に本人不在の誕生日会が開かれる、
もちろんわしも祝わずにはいられない。

ここ3年連続、5月16日は台湾にいる。
てか、その前もその前もたぶん台湾なのだけれど
横 尾さんを好きになってまだ3年ほどで
彼の誕生日がたまたま毎回
恒例の台湾旅の時期に当たってしまっているのだ。

1年目は台湾在住のファン友達とケーキまで
日本から持ち込んでパーティーをし、
2年目(去年)はたまたま仕事で来ていたパイセンを巻き込んで
火鍋屋で強行誕生日を祝いを決行した。
そして今年も、去年と同じメンバーが来台中、
今年も誕生日が当たっていることを伝えていたので
あまぬさんとみぬえちゃんが一緒に祝ってくれるという。
本当は台湾在住のファン友達のマエカつんも一緒にと
思っていたのだけれど、最終バスまで時間がないとのことで
夕食だけ一緒に食べてお別れせねばならなかった。
同行の友人に、夕食までは横尾さんの誕生日話をせぬよう
言われていたから、その話題を避けていたゆえ
横 尾さんの話をみじんもできないままに…悲しすぎる。
先にタイムリミットのこと聞いておけば良かったね、ごめんね。

ただ、朝からここまであちこち動きまくり食べまくり
夕食も終えたばかりというところで胃ももはや限界、
それでも陸光小館の隣の隣ぐらいにある豆花の有名店、
荘頭豆花担には行きたいということで
そこで密やかに、密やかに、お祝いをすることにした。

混み合う店内の隅っこのテーブルを確保して
3人で黒豆花と白豆花を注文、
そこに日本から持ち込んでいた横 尾さんをそっと添えて
ハッピーバースデーの歌なんぞも小声で歌ってみる。

「生日快樂〜!!」



なんか、トレーという泉からずぶずぶと出てきたみたい。
去年はいっぱい“横 尾さん”を持ってきていたけれど
みぬえに「恥ずかしいからそれはやめなさい」と
釘を刺されていたので1体だけ。
今日で29歳。おめでとう。おめでとう。
この世に存在してくれてありがとう。
快く一緒にお祝いしてくれたみぬえとあまぬさんにもありがとう。


さすがに今日は疲れたねと中山に戻ってマッサージへ。
足つぼマッサージの良さがあまり実感できないわしも
今回は30分だけ施術してもらうことにした。
ソファに備えられ…

_trip 台北五人行 念願の陸光小館の巻('15年5月台湾旅)

イメージ
5月16號(六)

ほぼ四六時中食べてばかりなのに
夕飯時になるとそれはそれでちゃんと
お腹が空くのはなんでだろうなんでだろう。

わしがずっとずっとずっとずっと
気になっていた(けど一人だからどうしても行けなかった)
台湾料理店に行かせてもらうことになった。

店の名前は陸光小館。
第二次世界大戦後、中国本土から移ってきた
外省人が多く暮らしていた眷村(けんそん)。
ここはそんな眷村料理が食べられる食堂だ。
台湾にはあちこちに眷村があって
好, 丘がある四四南村も眷村の一つ。
そこに暮らしていた外省人たちも別の場所に移って
今は古い長屋のような建物だけが残っていて
そのレトロな趣を生かしてカフェや雑貨店になったり、
台中の彩虹眷村みたいに観光スポットになったり。
この店ももれなく、古き良きたたずまい。
料理のレベルまでは知らんけど
どうしても中に入ってみたかったのだった。

ここで台北在住の友人マエカつんと現地で合流。

店はあいにく満席、
席が空くまで外で待たせてもらうことにした。
したらばわりと強めの雨が降ってきててんやわんや。
店先の屋根の中に皆でおしくら饅頭状態にかたまって
イスを並べて待った。うん、結構な時間待った。
(わいわいしてたらあっという間ではあったけれど。)

6人座れる席が空かなければいけないので
40分は余裕で待ったように思う。
大きなテーブルがやっと一つ空き、店内へと誘われた。
テーブルにぽんと置かれたメニューはこれ。



うわーーーー、ハードル高けーーーー!!!!
オール中国語(当たり前)で写真なし、
しかも見たことのない料理ばかり、
漢字からでも想像しづらいメニューが並ぶ。
値段も分からんし。
しかし心配せずとも良いぞ皆の衆。
我らにはマエカつんという強い味方がいるのだ。
こんなとき、地元人がいると頼りになる。

だいたいどんな料理かを聞きながら
マエカつんも分からないものは店員さんに聞きながら
気が向くままにどんどんオーダー。
なにせ今日はこちとら6人いるんだ、
1人で食べられるかなどうかなとびくびくしながら
毎度注文しているいつものわしとは違うのだよ。









………旨い…。
どれも旨い。
一品として外れがない。
炒め物旨い、スープ旨い、水餃子旨い。
臭豆腐も食べたけれどもちろん旨い。



なかでもわしが個人的に一番旨かったのはこれ。
白髪ネギと燻製だか乾…

_trip 台北五人行 日星鋳字行の巻('15年5月台湾旅)

イメージ
5月16號(六)

今日は朝から5人ベースで動いているけれども
実は宿も日程も異なる3チームが合成したものであり
解体すれば、きよん・Lチーム、わし、
そしてみぬえ・あまぬチームに分かれる。
もともとはきよんとLとで台湾に行こうと始まった計画に
みぬえとあまぬさんが「もちろん一緒に行くよね」と
乗っかってきたということもあり、
大先輩の2人相手に性格劣悪なわしは
「わがまま言わないなら付いてきてもいい」
「わがまま言うたらいつだって巻いてやる」
「いつだって台北のどこかに捨てる」
と何様やねん的に酷いことを吐きまくっていた。
(いや実際はデキる二人だから巻かれたところで
例え異国であろうと絶対路頭に迷わないと思う。)

そんな彼女たちが唯一どうしても行きたいと主張したのが
ここ、日星鋳字行。日本でもそうであるように台湾でも
ここ数年、活版印刷の良さが見直されているが
日星鋳字行は活版印刷に使う活字が買える活字屋さん。
日本では刷れるところはあっても活字が買えるのは知らない。
ゆえにわしもずっと気になっていた場所ではあった。

もちろん活版印刷用の活字、鉛でできているので
ゴム判子みたいにスタンプ台で押すだけでは
きれいに印字できない。
手で押す圧ぐらいでは活版独特のへこみも出せない。
(カナヅチを使えばいけそうね。)
それでも工房に並ぶ馬棚から好きな書体や文字を選び、
自分だけの活字セットが作れるとあって
店には“文青(ウェンチン=いわゆる文系男子/女子)”と
思しき男女(否、女子率かなり高め)が
ひしめき合っていた。日本人の姿もちらほら。





偶然前日すでにここを訪れていたきよんとLは
近くのカフェでコーヒータイムを楽しむと一時離脱。
わしも活字を買うつもりはなかったので
行かないと言うていたのだけれども
通訳要員として付き合う運びとなった。
…って…なんてハードル高いこと頼ってくるねん。
わしの中国語レベルしらんやろ。全然話されへんねんで。

ある規則性をもって並んでいるとは言え、
素人がここからほしい活字を見つけ出すのは至難の業。
時間があればその過程を楽しむも良しだけれども
少なくとも今日はそこまで時間がない。

どんな文字をどんなサイズでほしいか 紙に書いて渡せばその通りに組んでくれるとのこと。 特殊な用語が多すぎてわしの通訳なんぞほぼ機能せず ポンコツでしかなく、…

_trip 台北五人行 鶏肉飯の巻('15年5月台湾旅)

イメージ
5月16號(六)

正午を大幅に回った頃、
大量摂取の朝食もさすがにエネルギー切れ。
同行の友人きよんが「台湾で一番好きな食べ物」と
愛して止まない鶏肉飯、その名店に行くことに。
メンバー5人中、いい大人4人が
タクシーの後部座席に無理矢理押し込まれ
ナビ担当のわしはは助手席で一人快適でございます。
(ほんとはNG行為。タクシーの運転手さんの
ご厚意に全力で甘えた結果。)

やってきたのは梁記嘉義雞肉飯。

雞肉飯はKANOでおなじみ嘉義の名物ご飯。
今回は旅の後半で嘉義に行く予定ではあるけれど
なんしか「ここは絶対」って言うもんだから
気になるじゃないのさ、ね。

ランチタイムというにはだいぶん遅い時間だのに
店内はほぼ満席、少なくとも5人が座れる席はなく
少し待ってから店前の大テーブルを確保した。
ここでも自然と動き出すのは「編集」チーム。





雞肉飯は1人1杯ずつ注文するとしておかずも必要。
店入り口には肉や魚や野菜か乾物の総菜が並び
そこから食べたいものを指さしして選ぶ。
みぬえと二人なにも考えずに感覚でどんどん指さし。



頼みすぎたかなと思ったけれど
わりとジャストなボリューム配分。
ご飯に鶏肉飯はゆでたささみをさいてのせて
その上に香味油などのタレをかけたもの。
甘辛く煮た脂身たっぷりの豚そぼろの魯肉販と比べて
味わいあっさり、しかもここのは鶏自体はしっかり味がするのに
タレにしつこさが皆無ゆえにどんどんイケてしまう魔法飯。
わしが家で自作した鶏肉飯よりも何百倍もおいしいではないか。
なにが、なにが違うんだばっきゃろめ。

おかずは空心菜のニンニク炒め、
ブロッコリーのニンニク炒め(共に安定感抜群)、
カジキマグロフライ甘ダレがけ
(温かかったら柔らかくてもっとおいしいかも)、
タチウオ? 唐揚げ(大量の小骨に悶絶)、
シナチクの和え物(めちゃくちゃ旨い)、
それと外で客をさばいていた老闆? がおすすめしてくれた
苦瓜排骨湯(ニガウリと豚バラ肉のスープ)。



鶏をあしらったお碗のかわいいんだよねこれが。



噂にききし、まじで旨い鶏肉飯。
メンバー中3人がおかわり、納得の味。

雞肉飯 40元 ×(5+3杯)
総菜 各30元 ×4種類
苦瓜排骨湯 50元

味に鈍感なわしがまた来たいって思えた店。
それが店にとっていい表現か悪い表現かわからんけど。

つづく

(1つ前の記事はこち…

_trip 台北五人行 迪化街の巻('15年5月台湾旅)

イメージ
5月16號(六)

わし、きよん、みぬえそしてあまぬさんの4人で
しこたま朝食を食べたら次なる目的地、迪化街へ。
MRTで迪化街に一番近い(つっても地味に遠い)
大橋頭駅まで行き、そこでLも合流。

この日も30度を超える猛暑、
駅から歩いて5分ほどの迪化街の
北の入口に到着したころには全員、
暑くて頭ももうろうとしていた。
喉もからから、ギブアス冷たい飲み物!!

迪化街をだらだら南下する乾ききったわしらの目に
ついに飛び込んできた、夏樹甜品の看板。
そうだそうだ、氷食べよう氷。

5人で2種類注文して仲良くシェア。



見た目はほぼ一緒だけれども一応違うメニュー。
一つは杏仁豆腐花85元、
もう一つは杏仁雪花冰80元。
杏仁豆腐花は杏仁豆腐の上に杏仁味の氷、
好きな具材を2種類トッピングできる。
杏仁雪花冰は杏仁味の氷に
好きな具材を3種類トッピングできる。
ちょうど人数分5種類トッピングができるから
1人1種類ずつ好きな具材を選んだ。
ただ、みぬえが選んだ具材が杏仁ゼリーだったため
杏仁雪花冰に杏仁ゼリーをトッピングすることで
杏仁豆腐入りの杏仁豆腐花とほぼ変わらぬ内容に。
2種類頼んだ意味ないDE!!!!!

口に入れたら一瞬で溶けるふわふわ杏仁氷に
存分に癒やされた。

その後も迪化街をぶらぶら南下しながら…



定番の網網バッグを買ったり。



抜群の出汁が出るという干しエビを買ったり。

No Beer, No LifeなL&あまぬさんは
昼日向から冷え冷えの缶ビールを買って
水も1本おまけしもらったと言いながら
嬉しそうに飲んでいたり。
平和だ。とっても平和だ。いいなあこういう感じ。

保安捌肆Boan 84。





昔、外科醫院だった古い建物が今はカフェに。
暑いとすぐにカフェやら喫茶店やらにピットインしたくなる。
だけども円安で飲み物が逐一高くてたまらん。
こちらは比較的お値打ち価格設定で、それでも
茉莉加鮮奶(ミルク入りジャスミンティー)140元=約560円。
量はたっぷりすぎるほどたっぷりなのだけれどもね。
なお、アイスコーヒー好きなきよんとLによると
ここのアイスコーヒーはおいしいとのこと。

迪化街で一番行きたかったところ。





青木由香さんが運営するギャラリー、你好我好。
ここでいつも一緒に仕事をさせていただいている
イラストレーターyamyamちゃんの展覧会が
開催され…

_trip 台北五人行 朝食の巻('15年5月台湾旅)

イメージ
5月16號(六)

昨日に引き続き今日も快晴。
毎日毎日雨続きだった去年が本当につらかったから
多少暑くなろうとも天気の良さがなにより有難い。

今日はわしの台湾旅、過去最多人数で巡る一日。
なにせ今まで一人で気ままにやってきたから
だれかと一緒、しかもこんな大勢でというのが新鮮だ。

みぬえ・あまぬチーム、
きよん・Lチーム
そしてわしはそれぞれ違う宿だったけれども
(それぞれに経済的、状況的ベストなところを選んだ)
共に動くことも考えて場所だけは近いところにしていた。

まず、わしがみぬえらが泊まっているホテルに行って
2人をピックアップ。MRTカードをなくしたというあまぬさんと
7-11でMRTカード(バナオ、なるややダサめのキャラクターの
プリント付き、なぜかノーマルのやつが全くなかった)を購入。
わしとみぬえもその場でカードをチャージして
3人できよんらが待つゲストハウスへバスで向かった。

ゲストハウスに着くとLはまだ就寝中とのことで
朝食にはLを置いていくことにした。



良さげな壁の前でイケてる女子旅(古!!)風に。
さあ、食うで食うでー。

1軒目、鼎元豆漿。



店に着いたのは9時前とそんなに早い時間ではなかったが
(営業が4時〜11時半ゆえに店としては遅めの時間)
店の外まで行列が伸びていて人気ぶりがうかがえる。
列に並びながら店前の壁面にあるメニューを見ながら
なにを食べるかを熟考。





2チームに分かれて、1チームは席キープ、
1チームは注文と会計。だれがなにを言うまでもなく
不思議と「ライター/カメラマン」と「編集」に分裂。
だいたい雑誌取材では、カメラマン・ライター・編集者が
1チームで動き(編集者不在の場合も多々あるが)、
その場合、食事などのときは編集が注文と会計をし、
スタッフさんは待機、というのがお決まりのパターン。
今回みたいな仕事じゃない場合でも「いつもの役割」に
自然と分かれていて、習慣ってすごいねえと言い合った。

みんなの希望を集約してわしが注文、みぬえが会計、
どーんと運ばれてきた、我らの麗しの台湾的朝食!



大人数、万歳万歳万々歳!!!

小籠湯包90元 …小籠包
蛋餅25元 …卵を巻いた台湾クレープ
燒餅加蛋25元 …卵を挟んだパイっぽい焼きパン
鹹豆漿25元(×2杯) …豆乳スープ 甜豆漿(冰)20元(×2杯) …甘い豆乳

しめて230…