投稿

5月, 2016の投稿を表示しています

_trip 嘉義/名物鶏肉飯、からの鹿港のはずがヤラかす、の段('15年5月台湾旅)

イメージ
5月19日(二)

近藤教練の家で楽しみすぎて
ただでさえない時間がほぼなくなった。
とりあえず名物の鶏肉飯(ジーロゥファン)だけは
食べねばなるまいと自転車を走らせて
一つの店にピットイン。
いや、本当はここじゃない、
別のお店に行くはずが間違えた、
せっかく友達がオススメの店を教えてくれていたのに。
でも地図に落としていたから、なにかに載っていただか
おすすめしてくれたかだか、には違いない。





お昼に鉄道弁当は食べていたものの
お腹がぺこぺこゆえ、がっちり定食的に
一汁一菜、そして鶏肉飯。

友達曰く、鶏肉飯の鶏はただの鶏じゃだめ、
火鶏を使ってこそ本物の鶏肉飯、とのこと。
おいしい。正直私の下では
通常の鶏肉と火鶏の肉との違いがわからないけど。
魯肉飯は脂っこいから量が食べられないけど
雞肉飯はその点(油はもちろん使ってるが)
あっさりとした味付けで、がつがつ食べ進められる。
はあ満腹満足。


映画『KANO』でもおなじみ、嘉農野球部の麒麟児こと
吳明捷(ウー・ミンジエ)投手の像がそびえるロータリー。
しみじみと眺めて、写真もいろいろ撮りたかったのに、
なにせ交通量が多すぎて自転車でぐるんするだけでも難。
バイクにブーブー鳴らされまくりながらの1枚ですよ。

嘉義で行きたい場所は正直まだまだたくさんあるけど タイムアップ。次は泊まりでゆっくり来るとしよう。
レンタル自転車を返して、 パスポートも無事戻ってきた。 コインロッカーに預けた荷物をゲットして 今日の宿泊地である鹿港へ急ごう。




17時36分発の電車で彰化駅まで移動する。
自強號(特急)で約1時間、5駅の道のり。



爆睡しているうちに彰化駅に着いた。





台鐵の駅ってだいたいこの感じよね。
ここからはバスに乗り換える。
バス停は駅前にあることだけはわかっていつつも
具体的な場所がいまいちよく分からない。
薄暗くなってからの移動は
私のビタミンA不足による鳥目が発動するので苦手だのに。



おお! ここか! ここっぽいな!
彰化客運、そうそうこの会社のバスだ。
駅を背にロータリーの向こう、斜め左手というようなイメージ。



ホステルから届いたメールに
「市場前」バス停で降りてね、という指示があった。
鹿港方面行きの路線を探すと、あったあった、
「市場前」の文字。5系統バスに乗ればいいのね。



片道50元なり。時間は30〜40分ぐ…

_trip 嘉義/KANO故事館('15年5月台湾旅)

イメージ
5月19日(二)

阿里山からバスで嘉義に戻ってきたのは
14時ぐらいだったか。

早起きだったので車中では爆睡で次に目を覚ますと
車窓の風景はすっかり街なか然としており
ぼーっと眺めていたらいきなり例の銅像が出てきて驚いた。
そう、『KANO』を観ているなら誰もが知っている
麒麟児・呉明捷の銅像だ。
そしてあっという間に過ぎ去ったあのロータリー、
それが『KANO』に出てきていた噴水のある広場だったんだな。

ロータリーを過ぎれば終点の嘉義駅はもうすぐ。



今日中に宿泊地の鹿港まで移動することを考えれば
嘉義で滞在できるのは17時ぐらいまで。
もう3時間ぐらいしかないよ。

大きなリュックサックは邪魔なので駅のコインロッカーに預け
嘉義駅で自転車が借りられる情報を掴んでいたのでそれを探した。

台北のU-bikeみたいなものかなと思って探したけど
それらしい駐輪場は見つからずにうろうろ。
人に尋ねて教えられた場所に行っても
確かに自転車は置かれているけど
申し込みができそうな場所がない。
さっきも聞いた同じ人にもう一度尋ねると
あそこで申し込めるから、と指差してくれ、
それは柵の向こう(いわゆるホーム内)の
駅員室と思われる建物のドアだった。
なにせ柵の向こう側なので行けない。
柵から身を乗り出して懸命に腕を伸ばして
「你好~」と言いながらドアをガンガンと叩き続けたら
駅員さんが怪訝な顔で出てきてくれた。
「自転車を借りたい」を言うと
柵の扉を開けてくれて中に通してくれた。
申請書に名前や電話番号などを書くと
「じゃあパスポートを預かります」とな。
え!!!!? まじ!!!? これ一時的に取られる感じ?
よく見ると駅員さんのデスクの引き出しには
ほかに借りていると思われる台湾人の身分証が
がさっと入れられている。

いやだ…ケセラセラな私でもさすがにいやだ…
この保管環境はやばいいつ盗られてもおかしくない。

駅員さんに
「これね、めっちゃ重要なもの、なくなると帰れない。
大丈夫? 本当に大丈夫?
絶対になくさないで。絶対に。めっちゃ重要!!!」
と強く強く伝えたら
私のパスポートだけ別のところの
鍵が閉まる引き出しに入れてくれた。
「ほら、大丈夫、開かないから大丈夫」
と駅員さんも鍵をかけた引き出しを
がちゃがちゃ引っ張って開かないことを示してくれた。

まだ心配だけど…まあ…

_trip 阿里山/奮起湖('15年5月台湾旅)

イメージ
5月19日(二)

ホテルの別館で朝食を済ませて
少しだけ仮眠してからチェックアウト。

下山するバスに乗り込む前に郵便局へ。
阿里山郵便局はまるで廟のような立派な建物だった。



ここはF4(厳密にはF3)が出演した
台湾観光PRドラマ《這裡發現愛(君につづく道)》で
ヴィックが立ち寄っていたところ。
iPhoneに入れていた該当シーンのキャプ画と見比べると
だいぶん趣が変わっていた。
そりゃそうよね、もう何年も前だものね。

絵葉書の発送も完了したことだし 次なる目的地、奮起湖へ。


バスのりばは阿里山のターミナル(巨大駐車場)にある。
ここにレストランや土産物店などが集まっている。
この感じ、日本でもありそげな風景ね。



バスはセブンイレブン前から発車する。
10時30分発、奮起湖行きのこのマイクロバスに乗車。



乗車券はセブンイレブンで買えた。

奮起湖まではひたすら下ること約45分、
11時15分に到着。

奮起湖と言えば阿里山と麓の嘉義の間、
中腹にある小さな町。
そんでもってご存知《這裡發現愛》のロケ地だよね!

ここで音楽再生スタート、気分を盛り上げる。



ドラマの主題歌であるF4《在這裡等你》。
MVも載せておこう。



お昼になり、さらに標高も少し下がったので
気持ち良い涼しさ。
ここは嘉義発の阿里山森林鐡道本線の終着点。
以前は嘉義から阿里山まで行けたけれど土砂崩れなどにより
嘉義〜阿里山間は長らく運休したままになっている。



開放されている車庫。





現在もその姿が見られる赤いボディの列車のほか
かつて走っていたSLも保存されている。
そうそう、これよこれ。
これによりかかってヴィックがお弁当食べていたよね!
今ここでお弁当を食べていいか定かではないけれど
雰囲気的に、飲食しづらい感じ。

車庫からつづく線路づたいに駅舎方面へ。





お腹も空いてきたし鐵路便當(鉄路弁当)を買う。
SL前でお弁当を食べていたドラマのシーンが印象的で
ここに来たら絶対に食べたいとずっと思っていた。
どうせならヴィックたちも買っていたこの食堂で!
駅舎に一番近いからバス停からも離れすぎず良し。
イートインもできるようだけれども
時間もないし私はテイクアウトすることにする。
いずれの場合でもこの山小屋風の窓口で買うっぽい。

お弁当にはすべて鉄道に関する名前がついていて
香炸排骨は「光復特快」、
桂花茶…

_trip 阿里山/ご来光('15年5月台湾旅)

イメージ
5月19日(二)

祝山駅のホームから大きな階段を上がると広場があり
そのすぐ先はもう崖で、そここそが觀日台だった。
ホームから日の出スポットの近さよ。

どこが東向きかなんて考える必要もなく
觀日台が開いている方向=日の出の方向。
すでにたくさんのお客さんで柵付近は埋まっていて
なんとか隙間を見つけて私も最前線に入り込むことができた。

天気晴れ、雲も少ない。
さあこれから幻想的な日の出を…
という雰囲気では実はまったくなく
拡声器を持ったおっちゃんがずっと大声で
なにかを叫んでいる、否、解説しているのかもしれないが
がなりすぎて音が割れてて全く聞き取れず、
外国人の私にはただただ風情をつぶす騒音でしかない。
んだけれども、こういうのもまた台湾っぽくていいか、とも思う。



赤いニット帽の人が件の拡声器おっちゃん。

全力で騒音を聞こえないふりして
太陽が上がるであろう方向を一点集中。
さあどこから出てくる。どこから上がる。















きたーーーー。

一本すっくと立ったこの木のポジションが
良いんだか、悪いんだか。

いやでも、太陽がしずしずと、しかし力強く
上がっていく様は感動以外のなにものでもない。
かつて富士登山でご来光を拝もうとするも
悪天候のため見られなかった悔しさが
ここで少し晴れた思いがした。
さすがに太陽が顔を出し始めたら
拡声器の声もおさまって、静かに眺めていた。

ちなみに太陽を直で見るわけですので
裸眼で見るのは危険。
サングラスなどをお忘れなきよう。



このおっちゃんがかけていた
觀日用メガネがかなりいけてる。
どこで手に入るんだろうか気になる。

一通り感動をし終えたところで腹が減った。
飯だ、飯だ、朝飯だ。
広場にはいくつかの屋台がスタンバイしている。
空きっ腹の私にとってはどれも超絶おいしそう。





そのうちの一軒で、熱豆漿と蛋餅を買った。
袋の「おいしい」、その通り。



朝食を食べながらご来光を眺める。
泣けるほど超ぜいたくなひと時。
誰とも分かち合えないけれども。
あんなに寒かったのに
どんどん空気が温められていくのを感じる。
偉大だ、太陽。



帰りの列車は6時10分。
階段をくだって列車に乗った。
帰りは歩いて降りる人も多いのか
行きよりも空いていた。



つづく

(1つ前の記事はこちら

_trip 阿里山/祝山線('15年5月台湾旅)

イメージ
5月19日(二)

ガッツで目覚めた午前3時15分。
もちろん外はまだ真っ暗、そんでもって…寒い。
持ってきていた薄手のウインドブレーカーと
デニムシャツだけだと寒さに不安があったので
バスタオルをストール代わりにして
さらに、持ってきていたスタバのタンブラーに
部屋にあったティーバッグと熱湯を入れいざ出陣。
なにがなんでも祝山線の切符を手に入れてみせようぞ。

午前3時半、駅の明かりはついているものの
人は誰もいない。誰も並んでいない。
1階の切符売り場の前にとりあえず並んで…みる。
並んでいなさすぎて自分が並ぶ位置が不安になる。



気温18度。マジで?
もっともっと寒く感じる。



切符売り場のところ、
よく見たら本日販売される当日切符の枚数が
表示されているではないか。
昨日の前売り切符販売数414、
本日の当日切符販売数286、てことは
定員は700枚なのか。思っていたより多い。

今日の販売数が286、なんだなんだ、全然余裕。
だって私、現在先頭だもの、絶対買えるわ良かった。
それならもっとゆっくり起きれば良かった…などとは思わぬ。
絶対に乗りたいのであれば必要努力はして然るべきだ。

午前3時45分を過ぎた頃には少しずつ人が集まってきて
列もどんどんと長くなっていく。
私の後ろに人が連なっていく、
大丈夫、大丈夫よね、ここに並ぶってことで。
熱いお茶をすすりながら、ただただ時を過ごす。

午前4時、ついに販売開始。



買えた。往復150元。

あとからわかったことだけれども
歩いてでも登れなくないみたいなので
帰りは日の出後の朝の澄んだ空気を感じながら
のんびり降りてくる、てのもいいかもね。





切符を買い終えたら2階にあるホームへ。
一番最初に切符を買ったくせに
嬉しがって駅舎内をうろうろしているうちに
ホームはすでに人だかりができていた。
しまった。座れるだろうか。座りたいんだ。私は。



きいきい大きな音を立てながら入線。
阿里山森林鐡道、乗車であります! 座りたい!



わりと簡単に座れた。
てか立っている人の方がごくわずか。
完売じゃないのだろうね。
特にシーズンど真ん中じゃないし、ど平日だしね。



こいつがずっと私を見てくる。
列車に乗っている間ファニーな感じでずっと見てくる。

午前4時半、発車。
列車のスピードは超低速。
ところどころ登山路と並走するように進むのだが
歩…