投稿

6月, 2016の投稿を表示しています

_trip 龍山寺、摸乳巷、そして、鹿港→桃園機場の移動メモ('15年5月台湾旅)

イメージ
5月20日(三)

ブックカフェでのんびりしている間に雨が上がり
諦めていた鹿港見物、
もうちょっとだけしてみることにした。



鹿港龍山寺。
一級古跡に認定されている立派なお寺。
伽藍の中にある五門殿という六角系の建物の天井は
極彩色で彩られていて、
その中央からは正面向きの龍がこちらを睨みつけている。





これはお得意のセルフタイマーではなく、
たまたまいた旅人男子に撮ってもらったもの。
境内には私と彼しかいなくて、
私を発見した彼が明らかに、もう明らかに、
自分を撮って欲しそうにちらちらちら見をしてきたゆえ
声をかけましたともさ。「撮ろか?」つてな。
中国語は通じたけど、微妙に不自由そうだったから
台湾人ではなさそう。でも東アジア顔だった。

まったく関係ないけど、私、
だれかに写真を頼まれたら
全力でいい写真を撮ってあげたいと思うタイプ。
写真の腕はまったくないが、自分的最善を尽くそうと努める。
ということで、求められた引きの写真以外にも
彼なめの天井絵を撮ってあげようと
濡れた地べたに寝転がろうとしたら彼が大慌てで止めに入ってきた。
「いやいやいいねん、私が撮りたいねん!!」ともはや押し付け。
しかしこういったがんばり行動には実はドス黒い裏があり、
「私もこんなにがんばっていい写真撮ろうとしたんだから
お前もこれぐらいやってくれよ」という意味を込めている。

人生常に、ギブアンドテイク、DAYONE!

とはいえ、今回はマジで地面びっしょびしょだったしね、
彼もはなから同じようにやる気なんてゼロ。
てか、頑張って撮ったところで後ろが暗くてあんまり写らんつー話。

男子よさらば、良き旅を。





そして最後の最後。
鹿港の路地でも屈指の狭さを誇る摸乳巷。
乳に触れるほど狭いってことね。
「模」っていう漢字にまさぐる的ニュアンスを
感じてしまうの私だけ?
ギリギリ壁に触れるか触れないか的な
ドキドキ感をおぼえるの私だけ?

ちなみに「摸(mō)」は中国語では
普通に「触る」という意味ゆえ何の問題もない。
(なでるという意味もあるけど。)







うちの田舎にもこういう細い道あったけどね、
名前もないような。
でも探検心を大いにくすぐってくる細さではある。



鹿ちゃん「ばいばーい」。

はい、鹿港散策はおしまい。

改めて帰途に着く頃、再び雨が振り出し、
その降りようたるや、この旅MAXに達してい…

_trip 鹿港/杉立街の古書カフェ('15年5月台湾旅)

イメージ
5月20日(三)

民宿のいいところは
具体的に行きたいところがなくても
興味のあるものやジャンルを伝えれば
おすすめの場所をいろいろと教えてくれること。
完売チケットや人気レストランの席を確保するようなことでもなければ
高級ホテルのコンシェルジュ並みに役に立つ情報を教えてくれる。

今回泊まった宿の女の子に
「美術館とか博物館とかそういう感じ」
「雰囲気のいい場所、例えばカフェとか文青系のどこか」
みたいな希望を伝える私に教えてくれたのが
さっき行った鹿港民俗文物館と、
もう一つがそのあとに行ったブックカフェだった。

もらった地図を頼りに大雨が降り続ける路地を進むと
明らかにすてきであろう雰囲気が漏れている店を発見。



入り口にいた店主のおじさんに挨拶して
「お茶飲めますか?」と尋ねたら
「上へどうぞ」とのこと。
1階は古書店、2階が(1階の奥も)カフェ。
とにかく落ち着いて手だけでも乾かさないと
大事な本も触れないしね。









ミントグリーン(私の中のザッツ台湾色)が基調。
濡れて冷えまくった体を温めるべくあたたかい台湾茶をずずと。
どう過ごしていたか一切記憶がないのだけれど
結構長い時間ぼんやりしていたような気がする。

ある程度体も乾いたところで階下に。
すると店主のおじさん(おっちゃんではなくおじさん、的雰囲気)が
話しかけてくれた。

日本統治時代の建物をリノエベーションした建物で
奥には防空壕のあともあるんだよ。
昔あっちに鹿港の駅があってそのそばに空軍の基地があったから
空爆もすごく多かったんだよ。
おじさんは一度は町を出て仕事をしていたけど
今はまた戻ってきた、みたいなことを言うてた、ような。

笑顔がやわらかな、とてもやさしい雰囲気の人で
鹿港の昔話を聞いているのがとても楽しかった。

あまりにも興味深く聞いていたからか、
ほかにお客さんもいなかったこともあって
おじさんは店の奥を案内してくれた。







補修の塩梅がめちゃくちゃほど良いと感じた。
ほど良く直して、ほど良くそのまま。



ここはキッチン兼、ゲストとの語らいのスペース。
中みたいな外みたいな感じがとても良い。
防空壕も見せてくれた。



ここ、なんやったっけな。





私が一番好きだと思った壁面の一角。
アンティークの食器と現代の食器が絶妙に同居。
どこを見ても、めちゃくちゃセンスを感じさせる。
小汚い私に言われても説…

_diary ガイジンでさえ感じる、大張偉、最近また人気上がってきてるんじゃないの、の件

大張偉がカバーした《让我坠入爱的漩涡》という曲がある。
6、7年ぐらい前に発表されたアルバム
『霹靂狂歌』に収録されているものなのだけど
大張偉のMVにしては珍しく
わりと大人っぽい感じで女性との絡みがある。
女性の耳に語りかけるように歌う、みたいな。
最後にはキスシーンもあったんだったっけな、確か。
私の好きなノーテンキ系のMVじゃないから
久しく見てないから忘れてしまってるのだけれど。

そのMVをむかーしむかしYoutubeに上げていて
そんなことさえも忘れてしまってたぐらいだのに
ここ何カ月かぐらいで突然コメントがつき始めた。

その多くが

その相手の女、誰よ!! 的ヒステリックなもの(大多数)、
耐えられない…泣きそう… 的な打ちひしがれたようなもの、
私がキスする!! 的な積極性あふれるもの、
端的に言ってしまえば
大張偉に恋する乙女たちによる嫉妬の塊(こちら)だった。

いや、わしに言われても知らんがな。

でもこれって、これを見たことなかった若いファンが
新しくつき始めてる証ってわけで。
最近、急にファンが増えるようななにか事件でも
あったんかしらとなんとなーく思っていた。

したらば最近。
ツイッターでなんとなく「大張偉」で検索かけたら
中国人とおぼしき方が
「なんかどのバラエティ番組にも大張偉が出ている気がする」
とつぶやいていた。

私も、一応ファンではあるけれども、
我が家のテレビに中国の番組が映るわけでもないし
大張偉のオフィシャルページ(そもそもそんなもんない)で
出演番組のお知らせがつぶさに発信されているわけでもないから
ほとんどチェックできていないのだけれども
そんな私でさえもなんかしらん、
やたらとテレビ(ネット系含む)に出ている印象がある。

やっぱ、そうなんや。めっちゃ出てるんや。

ガイジンの私にはよく分からないけど
彼は単によく喋るだけでなく、
たぶんその内容が結構面白いのだと思われる。
単に面白いというか、ウィットが効いてる、しゃれが効いてる、
言葉もわからんくせに、そんな気だけはとてもしている。
言葉数が多く、誰かに対するツッコミや
誰かからのツッコミに対する返しも俊敏で
たぶん本とかもたくさん読んでいて
頭の回転がものすごく速い印象はもともとあったけれど
そういう面がどんどんと磨かれ、認められ、
バラエティ番組でも重宝されているん…

_trip 鹿港/民俗文物館に人いなすぎて自拍の段('15年5月台湾旅)

イメージ
5月20日(三)

後ろ半身生乾きの状態で向かったのは
宿の子がお勧めしてくれた鹿港民俗文物館だった。
ここは、清朝〜日本統治時代に成功した台湾五大家族である
基隆顔(イエン)家、板橋林(リン)家、霧峰林(リン)家、
鹿港辜(グー)家、高雄陳(チェン)家のうちの
鹿港辜家の邸宅だった場所が、現在博物館になっている。
ちなみに一青窈さんはお父さんが基隆顔家の人だったよね。

さておき。
民國8年(1919年、でもパンフレットの英訳文には1920年とある)に
建てられたという洋樓(文物館A館)は、
石造りのバロック建築の外観もさることながら内観も良い。







展示室は撮影禁止なので
撮影しているのはもっぱら共用部なのだけど
展示物も中国や台湾の文化に少しでも興味がある人なら
釘付けになるものがたくさん。
例えば、天蓋付きの木製ベッドなどの立派な調度、
昔の服装や装飾品、そしてなにせ元邸宅だから
昔の寝室とか当時のまま(多分)残されている空間。

台湾は中国からたくさん渡ってきているから
時代を遡るほど中国(おそらく福建省とか台湾の対岸地域)の
文化がわりとそのまま残されている部分も多くて
私にとっては大好きな大張偉が作り出す世界に
アレンジされてよく登場する
「古き良き中国の文化」の一端みたいなものも垣間見れて
どの展示物も本当に興味深かった。

鹿港の文化風習、お祭りなどの資料もたくさんあった。
これらの展示物のほとんどは主に辜家のほか、
鹿港の人々からの寄贈品なのだそう。
まさに鹿港の民俗風習を示す文物の集合体。

細かく区切られた部屋に
ジャンルごとに見やすく展示されていて見応え十分。
雨だし、特に行くところ決めてなかったし、
ぐらいのゆるいテンションで訪れたけど
来られて本当によかった。宿の女の子に感謝よ。





ただでさえど平日の昼間、
さらにこの大雨、私以外の誰もいない状態、
ということで。
このすてきロケーションに自分をはめ込むべく自撮り敢行。
私が使う自撮りアイテムは、あの棒ではなく、
昭和の自撮り=セルフタイマー。フル活用。





これら、すべて、ひとり。
そう思うといろんなネガティブな感情が
湧き上がることを禁じえませんよね、そうよね。
本人は(独り言多めで)機嫌良くやってますのでお気になさらず。



遠すぎて間に合わずに足がシュッてなったよ、の図。
セルフタイマーの良いところ…

_diary 一起跳舞吧 BiuBiuBiu!!

イメージ
先日リリースされた大張偉の新曲《BiuBiuBiu》の
舞蹈教学视频(ダンスレッスン動画)がアップされた。
教えてくれているのは
いつも大張偉のバックダンサーを務めている小羽くん。
さあさみんなで踊ろう、BiuBiuBIu!!



銃をくるくるくるっと回して
スチャッとホルスターに収める振りがとても好き。

いつもMVを見ながらダンス(振り)を
なんとなーーーーく覚えているのですけれど
今回めちゃくちゃ難しくてすでにお手上げ。

_tv 『跟着贝尔去冒险』大張偉ダイジェスト

イメージ
YouTubeから消え去っていた『跟着贝尔去冒险』の主題歌、
《永不放弃》のMVを探し回っていたところ
偶然、台湾版ディスカバリーチャンネルのYoutubeサイト
『跟着贝尔去冒险』の出演者ごとの
ダイジェスト動画が上げられているのを発見、
これがなかなかいい感じなので貼り付けておきます。

『跟着贝尔去冒险』については以前の記事(コチラ)で書いた通り、
その筋では超有名な「食物連鎖の頂点に立つ男」ことベアと、
8人の芸能人が一緒にサバイバルの旅に出る、というリアリティショー。

本編はエグすぎて絶対に見たくないけど
こうしてダイジェストだけ見ているだけでほろっとくる。



「史上最愛叫的男人 大張偉」
ーー史上最も叫ぶのが好きな男 大張偉

「他曾經想退出」
ーー彼は以前は辞めたがっていた

「但他永遠堅持到最後一刻」
ーーしかし彼はずっと最後の一時までやり抜いた

やりたくないものはやりたくない! とか
弱音吐きまくりながらも頑張っている大張偉の姿に対してはもちろん
ほかの出演者たちのコメントにもいちいち泣ける。

「大張偉は嘘偽りのない人、さらにとても可愛らしい人。
私は彼に(チームを)離れて欲しくなかった。
なぜなら事実彼がいてくれたら
チーム全体にたくさんの喜びを運んできてくれていたから」。

(↑わりと適当翻訳、たぶんこんなような内容だと思う。)

番組では男女1組ずつがベアによって
一緒に試練を乗り越えるバディを組まされていたのだけど
大張偉の相手だったチャン・チュンニンとか、
たぶん足をひっぱりまくられたでったと思うのだよね。

だけど彼女は笑顔で、

「彼が私のバディであったことをとても光栄に思う。
道を進むとき、始まった頃は行きたがらなかったのに
だんだんと望んで進んでみらんとする
彼の姿を見ていたから。
それから私を信じてくれたことにも感謝している。
彼自身、友達が簡単に作れないタイプだと
言っていたことがあったから
この、私に対する信頼はとても重要だった」

とかさーーー。
いくつもの試練を共に乗り越えてきたからこその信頼感。
年齢は大張偉の方が上のはずだけど
まるで駄々っ子の弟のように時に励まし時に慰めしながら
やさしく力強く大張偉を引っ張り続けていたのは
動画の端々から感じれて、
もともとチャン・チュンニンはとても好きな女優だったけど
さらに好感度を上げてく…

_trip 鹿港/路地歩き中に携帯水没の段('15年5月台湾旅)

イメージ
5月20日(三)

鹿港(ルーガン)の朝。
目が覚めると外は雨だった。
室内までばちばちと雨音が響いてくるほどの大雨。
昨日までの5日間、ずっと晴れに晴れ続けて
耐えに耐え忍んでくれていた水分が一気に降ってきたような。
今日ならいい、今日だけなら雨でも全然いいよ。

今日は昼過ぎまでは鹿港の路地をぶらぶらする予定。
特になにをするという予定もなくただぶらぶらする。

鹿港は路地の町。
細い細い、
ある場所ではカニ歩きレベルの細い路地が入り組む。
なにをしなくたって、歩いているだけできっと楽しい。
鹿港は町がコンパクトなので歩き回っても知れている。

とりいそぎ朝食を食べようと宿の近くにある市場へ。





ここに宿の女の子がおすすめしてくれた朝食店○蔡がある。





鹿港名物、麵線糊(ミェンシェンフー)、25元。
麵線じゃなくて麵線糊。
素麺のようなやわらかく細い麺に、
「糊」的? とろみのあるスープがよくからむ。
結構あっさり、というか薄い。朝だしこれぐらいでもいいけど。
ほかのお客さんを観察するだに
テーブルの上にある調味料で適宜好みの味にしている模様。



胃が落ち着いたところで町をぐるんしましょかね。
もうおもしろいほどの土砂降りの中、進めや進め。









そのどれもがなんだか風情がよろしくて
特に雨で濡れた緑やレンガの壁がさらに趣を増す。

鹿港は台湾を代表する古い町。
台湾を代表する古い町としてよく言われる
「一府、二鹿、三艋舺」、
府は府城(台南)、艋舺は龍山寺あたりのエリア、 そして鹿とはここ、鹿港のこと。 路地の交わるところには大小の廟があり、 その密度は台北のコンビニレベル。



ここは大きなお寺、鹿港天后宮。



ガイドのおっちゃんの帽子のつばについてるエビ、
これ、おっちゃんが頭を動かすのとともに
ヒゲがビヨビヨ動くのが気になって、気になって。
連れられているおばちゃんたちのこのエビに対するいじりは
集合寺に一通り終わっているのかエビのビヨビヨなんてないかのように
普通に会話している様がさらにシュール。

気を取り直して路地路地。

ここからしばし、門コレクションにお付き合いを。













はー、すてき。
そこを歩いている己ひっくるめて
すてきだわーなんて鼻歌なんぞも歌いながら
ややスキップ気味で探検をしていたら
つるつるのレンガ畳に差し掛かったところで
そこにあった小さな水たまりで履いていたビ…