投稿

10月, 2016の投稿を表示しています

_diary 大張偉巡回演唱会『人间精品起来嗨』開催決定(号泣)!!! についての記録(※11/16更新)

イメージ
あるある、やるやる、そう言われながらも
なかなかオープンにならなかった大張偉のコンサート、
ついに、ついに、ついに!!!! 発表に!!!! なったよー!!!!!!
我去上学啦
8月の誕生日ライブでコンサートが開催される旨の宣言があり、
それから公式の発表がないまま9月が過ぎ去ろうした矢先の
9月末頃、追っかけのファンによる本人からの伝聞をソースに
「11/19に北京で開催決定」との情報が広まり、
なのに本人もしくは所属事務所からの正式な情報発信のないまま10月、
「たぶん、ほぼ、間違いないと思う」というファン友達の言葉を信じて
正式発表を待たずに飛行機のチケット及び宿の予約を完了。

10月15日頃、18日に行われるコンサート開催記者会見に
参加できるファンが募集されていて、
10月18日、本当に(そりゃそうやろ)
「巡回演唱会新闻发布会」催行された。

ああ、良かった!!
本当に、本当に、開催されるのですね。
とりあえず心からほっとした。
2009年のコンサートから7年、
この日をずっと待っていたよ。ありがとう!!!!

「巡回」とはツアーという意味であり、
北京だけではないと噂では聞いてけれど
本当に全国巡回だった。すごい。嬉しい。
2016年10月現在で、

11月19日 北京
12月25日 武漢
2月18日 広州
3月11日 上海

までは決まっていて、この先も随時発表されていき、
全部で10公演ぐらいは開催される模様。
12月と2月は怒涛の繁忙期ゆえに無理だけれども
3月は…3月はどうだろうか…。
その先の日程次第ではまだ立て込んでいる3月に無理しなくても、
という気もするし。

とりあえずなにはともあれ、11月!!
会場は工人体育館。7年前のコンサートと同じ場所。
またあの、贅沢なアリーナ遣い(空間に対して席数がめちゃ少ない)を
するんだろうか。
キャパの小さい箱だったらチケットが取れない可能性も、と
恐れていたから、大きいところでちょっと安心した。
前方は無理でも、どこかには滑り込めるであろう。


(画像:微博@大张伟工作室)

肝心のコンサートチケットは
翌日に発売されることが知らされた。これまた唐突な。

とりあえず、大麦网というチケット販売サイト上の
特設ページ(こちら)で発売されることはなんとなく分かった。
しかし何時から販売開始かはそのサイト上での発表を待…

_tv ギャップ萌え的『蒙面唱将猜猜猜』

イメージ
9月から江蘇衛視でスタートした
『蒙面唱将猜猜猜(meng mian chang jiang cai cai cai)』。
歌手や歌うまタレントがそれぞれ顔をマスクで覆って登場、
「猜评团」と呼ばれる人々が、歌い手の声や歌い方の癖、仕草などで
その正体を見破るという番組、みたい。

我らが大張偉はその「猜评团」の一人として名を連ねており
とは言え、本人が歌うわけじゃないしなーということで
一度も見たことなくスルーしていたわけなのだけれど
ついに大張偉が歌い手として登場したと聞きつけ
早速映像を探し出した次第。
やー、YouTubeにオフィシャルチャンネルがあったから
あっという間に見つかったわ。ビバ、オフィシャル。

自らを「降龙十八掌」と称し、
大量のゴム手袋をまとったマスクをつけて登場。

1曲目は「小明(シャオミン)」なる仮面の人と一緒に
デュエットで《忘不了》を歌ってくれた。



《忘不了》は花儿乐队の持ち歌だと思っていたのだけれど
実は童安格のカバーだったって、私、最近知りましてん。
なので、この時に歌ってくれたのはその原曲の方。
意識的に歌い方を変えている(原曲に寄せてるんかな?)けど
ファンが聴けば、その歌声から一瞬で大張偉と分かる。
というか、顔は「十八掌」で隠れているけれど
首から下の雰囲気が完全に、だもの。隠す気あらへんやろ。
間奏の時には指を前に突き出すポーズをして
早速そこで猜评团の一人に
「あの動作は完全に」ってバレてもうてるし。

でも改めて気付かされる、
この人、やっぱりやればできる人なのだと。
いつもができてないわけでは決してなくて
こういう曲もちゃんと、ちゃんと、歌える、そういうことを。
そうそう、そうなのよー。知ってけど知ってたけどー。



2曲目は一人で《天天想你》を。

私はバラードよりもテンションが高い曲のが好きだけれども
大張偉はスローテンポの曲を歌う時の歌声もとても好き。
変な癖がなくて、声も若いというか少年っぽいというか、
伸びやかで純粋な感じがする。

そんでさそんでさ、間奏の時にさ、マスクを外した時にさ、
すっごいすっごいいい笑顔を見せてくれてさ、
なんかわからんけど、おばはん、泣けてきたわけですよ。
普通に、音楽が、歌うことが、とっても大好きな、
男の子なんだなあとね。
30過ぎたおっさんになにをいうとんねん、だけれど。
真面目…