投稿

1月, 2017の投稿を表示しています

_trip 恒春/看板のない朝ご麺店('16年4月台湾旅)

イメージ
2016年4月21日(四)

晴天。
宿の周辺の探索がてら朝食を食べに出かけた。
李媽がおすすめしてくれた、宿のごく近所にある店で
看板がないため名前がわからないけれど
老夫婦が営む麺の店だった。



いわゆる中華麺と、あとは米粉、意麵とあって
ほかのお客さんが食べているのを見る感じ、
意麵が人気なんかな。






私も意麵をスープ(湯)で注文。



意麵湯50元。

見た目が完全にラーメンなので
「朝からこれか…」とちょっとひるんだが
試しにだしを飲むと、濃すぎず、でもあっさり過ぎもせず、
朝食にいい塩梅だった。
(なにベースかとかそんなんはわからん。)
意麺は今まで食べたことのある、黄色っぽくて
表面がすこしざらざらした感じのとは全然違い、
ここのは日本の蕎麦のようにちょっと黒っぽくてつるつる、
喉越しの良い細麺。これはこれでとてもおいしい。
台湾で言うところの「大杯」ぐらいの量も朝にはほど良く
あっちゅう間に完食した。

翌日の朝食もここで同じものを食べたのだけれど
(食で冒険しない女、それがあたいだよ。
おいしかったからもう一回食べておきたかった。)
なんだかスープの味が前日とは違って感じられて
なんでかしら、味覚が変わったんかしらと考えてみたら
そうだそうだ、昨日はゆで卵の黄身を
スープに溶いて食べたんだったわ。

私、ゆで卵の黄身の食感があまり好きではなく、
小学校の給食時代には、
ゆで卵の黄身はその日の汁物のスープに溶かす、
という、やや行儀悪い作戦で食しながらここまで生きてきまして
(でもこうするとめちゃ旨いんですねん)
未だに、ラーメンなどにゆで卵が乗っかってると
黄身を溶かす癖がやめられない。

改めて黄身を溶かしてみると…そうそうこの味。
黄身なしだと、もしかしたら食べ飽きそうな感じがする
(でも朝ごはんならたぶんこれぐらいがいいんだと思う)けど、
黄身プラスでちょうど良い味わいになることを発見した。

店は恒春老街沿いにあり。
お昼過ぎに通りかかった時には閉まっていたから
朝食専門の麺店かと。

朝ごはんがおいしいと幸せだ。

つづく

(1つ前の記事はこちら

_trip 恒春/客引きのおっちゃんに晩御飯をごちそうになるの巻('16年4月台湾旅)

イメージ
4月20號(三)

タイトルに書いたまま、
そんな出来事がありました、という話。

宿の周辺をぐるりと散歩したあたりで
今晩の予定はどうしようかと考えてみた。
なんしかお金がないわけであまり豪勢なことは無理。
ならば初日のうちに、天気もいいし、
「南十字星を見る」という目的を達成しておこう。
どこで見られるかはよくわからなかったけれど
最南端あたりまで行けば見られるかと思い立ち、バス停に向かった。
ルイルイと蛭子さんによるドキュメンタリー映画
『ローカル路線バス乗り継ぎの旅 THE MOVIE』(名作!)を観た時
21時ぐらいまで最南端方面には行けるっぽかったし、
とりあえず帰りのバスも含めて
それくらいの時間までなら行って帰れるだろうと踏んだ。

バス停でいつ来るとも知れぬバスを待っていたら
いろんな人が声をかけてくる。
そのすべてが客引きの人々で、リゾート地らしく、
個人のツアータクシーに参加しないかというものだった。
バスに乗るぐらいならうちの車に乗りなさいってなもんかな。

延々と来ないバスをとりあえず待つ。
すると一度断った客引きのおっちゃんがまたやってきて
おっちゃんのツアータクシーに参加したら
こんないいことがあるよ、というようなPRが始まった。
暇つぶしに話を聞いていたのだけれど
「前向き」感を出すと断る時に申し訳ないので
一通りのPRを聞き終えたところで、
実は財布(厳密には旅行用の全財産入りの銀行カード)を忘れた、
だからお金がほとんどない、私はばかな旅行者なんだ
ということを白状した。
信じられない様子だったので
事の顛末を、私の使えうるすべてのボキャブラリーを使って
あらいざらい伝えた。
だ! か! ら! タクシーには乗れないんだよ、と。

おっちゃんは諦めて去って行った。

それにしてもやはりバスが全然来ない。
夜になると便と便の間隔が長くなるのかもしれない。
バスは来ないがおっちゃんが三度やってきた。

おっちゃん「まだ待ってるん?」
私「そうやねん。バスいつ来るんかな。てか、南十字星見られる?」
おっちゃん「墾丁大街まで行けば見られるで」
私「そんな賑やかな場所から見れるん」
おっちゃん「見れるで。それより、ごはんは食べたんか?」
私「まだ食べてない」
おっちゃん「そんならおっちゃんがごはんご馳走したろ」
私「えーーーー、大丈夫。ごはん食べるぐら…

_diary 雞年快樂! からの跨年演唱会まとめ

イメージ
あけましておめでとうございます。
本年も何卒よろしくお願いします。

松の内も過ぎ去ったというのに今更とは思いつつ
やはり新年の挨拶は大切。
私の正月はというと、実家のこたつに転がる
肉塊のごとく怠惰を極めておりました。
正月帰省の私になにも期待しないでほしい。

休みを利用して、
溜まりに溜まった未チェックの動画を見て
ブログも書いて、と一応は思っていたのだけれども
インターネット回線がなく、携帯の電波さえも3Gで2本、
というど田舎の実家のネット環境ではデザリングも難しく
台湾各地及び大陸各局の跨年演唱会の
ライブ配信など言うまでもなく見られなかった。

なので跨年演唱会のチェックは大張偉の出演のみ。
昔は台北のカウントダウンとかは
スカパーの中国チャンネルで配信とかされてたのにな。
私が盧廣仲の存在を知ったのもそこで、だったから
今はなかなか新しい歌手や曲を知れる機会がなくなった。

2016年→2017年のカウントダウン、
ツイッターのTLなどをざっと見る限り
やっぱり浙江衛視が一番豪華って感じなんかしらん。

我らが大張偉の出演は2局。
事前収録の北京衛視(BTV)と
生放送の湖南衛視。
湖南衛視については12月31日夜の放送は
湖南衛視の番組配信サイト、芒果TVの会員のみが見られて
テレビ放送と会員以外のネット配信は1月1日夜だった。

まずは北京衛視から。



開始から1時間44分40秒で登場。

曲目は「范儿」+「咻一咻」と
「人间精品起来嗨」。
オートマティックハイチライ。
ライブには鉄板よね!

北京衛視は事前収録ということもあって
歌にもトークにも字幕が入るので追いやすい。
おまけに歌詞については英語訳まで。(なぜ?)
なので今まで独特すぎてよく意味がわからなかった
歌詞の意味が少ーーーーしだけわかった。
(それにしてもこの動画、北京衛視公式のわりに
画質がめちゃ悪い。字幕がよく見えないのよ。)

歌い終わった後に少しトークがあって
北京衛視なのでMCから「生粋の北京人だよねー」的なフリあり。
そこからのトークで2022年に北京で
冬季オリンピックが開かれることを認識した。
てか、知ってた気がするけど完全に忘れていた。
北京冬季五輪をどういう風にサポートしたい?と聞かれて
「家でソファに座ってテレビで見る」「心の中で応援する」
と言うていたけど
2008年の北京…