_trip 墾丁/電動バイク半島先っちょツーリング 恆春→鵝鑾鼻('16年4月台湾旅)

2016年4月21日(四)

墾丁でのメインイベントと考えていた
バイクでの墾丁半島の先っちょをぐるりと回る旅。

とりいそぎの問題は、
今の持ち金でバイクは借りられるのかということ。
昨日恒春に到着してからぐるっと見回した感じ
レンタルバイク店はたくさんあったが
宿にショップカードが置いてあった
「上好」という店に行ってみることにした。
場所はバスターミナルの目と鼻の先だった。

とりあえずここ(恒春)から半島の西側を南下して
最南端まで行ってぐるっとまわってそのまま東岸を北上、
東岸にある佳樂水というところから西に折れて
恒春に戻ってくるというルート。
そもそも1日で行ける距離なのかと尋ねたら全然いけるとのこと。

よし、ではバイク。
長めの距離だし、出せるスピードのことや充電のことを考えて
ガソリン駆動のバイクを借りるつもりにしていて
日本で免許の翻訳資料もゲットしていたが
状況を聞いたお姉さん曰く、電動バイクで十分とのこと。
充電は「この距離なら大丈夫」、
スピードについても「うちのは新しいから40〜50kmは出るよ」と。
恒春に戻った後、今度は夕日を見に行きたいと伝えると
「それなら白砂湾がいいよ。一旦恒春に戻ってくるなら
その時に店でバッテリーを交換してあげる」と。
それであればもはや静かな電動バイクの方がいいや。

で、気になるお値段は、1日(9時〜20時)600元。…いける!!

そこから店から少しだけ離れたところにある
(だけど宿からはすぐそば)バイクが保管されている工場へ。
そこで電動バイクの乗り方と
バッテリーの交換方法(めちゃ簡単)を教わり、
賃貸契約書に署名をして、レンタル完了。

普通のバイク(原付だけど)はずっと乗ってたけど
電動バイクの軽さ、静かさに感動。
加速も結構しっかりできるから超快適。



右側通行!!!!!!!! やで!!!! 私よ!!!!!

これだけとにかく頭の中にたたきこみ
一旦宿に戻って荷物を準備して
10時過ぎ、ツーリングへ出発!

あてにしていたWifiが依然としてポンコツのため
バイク屋でもらった大雑把な地図だけが頼りだけれど
台湾最南端へは基本的に1本道なので迷うことはない。
ただ、途中にある「見たいスポット」を
見逃さないように注意深く看板を確認し続けなければいけない。

道も広くて交通量も少ないので
台湾の道に不慣れな私でも全然問題ない。
なにが危ないって台湾の車よりも
同じくバイクを借りて走っているニケツのガイジンたち。
ニケツで自撮り棒で自撮りしながら走っていたり
バイクに慣れてなくてふらふらしたり
景色を見ようとするあまり加速と徐行を繰り返したり
こっちまで巻き込まれそうでヒヤヒヤする。
こういうのはとっとと抜かして距離を取るに限るな。

10時40分。
第1スポット、船帆石(チュアンファンシー)に到着。



ここにはその名の通り、
帆を立てた船のような形の岩があるのだけれど
私が一番見たいのはそれではなく
ドラマ《我在墾丁*天氣晴(墾丁は今日も晴れ!)》で
エディ・ポン演じる主人公、漢文(ハンウェン)の家。
(として使われていた民宿。)



この民宿が目印。

通りにバイクを停めて、
海辺へと続く細い坂道を下る。
そうそうこの坂道も、イーサン・ルァンとか
チャン・チュンニンとかも歩いてたよね!


この右手にあるのが漢文の家。





浜辺に出て振り返ると、
そうそうここ、ハンウェンがおじいちゃんと
語り合っていたテラス。
ドラマが日本で放送されていた時から6年余り、
台湾で放送されていた時からなら8〜9年経つから
ドラマのシーンと見比べたらたぶん
なんかいろいろ変わっているのかもしれないけれど。



あのドラマを見た時からずっと来たかった墾丁に
やっと来られた嬉しさを噛み締めた。

11時、
第2スポット、鵝鑾鼻(がらんび/オールァンビィ)到着。
ここは2016年に公開された
『ローカル路線バス乗り継ぎの旅 THE MOVIE』で
ゴール地点として設定されていた鵝鑾鼻灯台がある場所。



鵝鑾鼻公園はバイク駐車料10元、入園料40元。
中はとにかくだだっ広い芝生の広場。
その向こうに灯台、また違うの向こうに海、があるようだった。
日を遮るものがほぼない公園は1分歩くだけで暑さで死にそう。
さらに、映画(『ローカル路線バス〜』)の印象から
私の中で鵝鑾鼻が台湾島の最南端だと勝手に思い込んでいて
公園中を「最南端」を求めて死にかけながら探し回った結果
1時間半後にやっと「ここじゃない」ことを知った時には瀕死状態。
やっと見つけた木陰で30分ほどクールダウンを要された。
ああ、タイムロス!!!

だけど、さまよいながら見た
灯台、古洞、親吻石(Kissing Rock)、
滄海亭(Sea Paravillen)はどれも本当にすてきで
見に行く価値はあったと! 負け惜しみではなく! 思う。














気を取り直して、本物の最南端、行こ。

つづく

(1つ前の記事はこちら

コメント

  1. 久しぶりに拝見したらばワォ!ケンティン!
    元町の毛糸屋さんです。
    あのドラマめっちゃ好きで久々に見たくなりました~。
    いつかは行きたいな~。
    続き楽しみにしてますねー。

    返信削除
    返信
    1. ああ、まんさま!!!!! お久しぶりです。
      そして新しい記事見つけてくれてありがとうございます。
      や、ほんまに、あのドラマで見ていた風景がまだ残っていて
      じーーーーんとしてしまいました。行ってみて!!! ぜひもんで!!!!

      削除
    2. こんばんは!やっぱりですか。いつかは行ってみたいなぁ。
      7月にトランジットの10時間のみですが久しぶりの台湾へ!!
      さすがにケンティンは無理ですが、、灼熱台北楽しみたいですー。

      削除
    3. 灼熱の台北、どうでしたか?台北は2、3年ほどご無沙汰です。墾丁、行く前にドラマ見返してから行ってみてください!!

      削除

コメントを投稿

このブログの人気の投稿

_trip 定做了ワンピース前編('15年1月上海旅)

_trip 香港→マカオターボジェットの戦い('13年11月マカオ香港旅)

_trip 『真夜中の五分前』ロケ地へ('15年1月上海旅)